篠原倖太朗はハーフ?出身高校や中学はどこ?身長等のwikiプロフィール!

陸上のイメージ

今回は大学陸上長距離界期待の大物篠原倖太朗(しのはらこうたろう)さんをご紹介します。

篠原倖太朗さんは高校のときから全国大会で上位入賞を果たす実力の持ち主です。鳴り物入りで陸上の名門大学・駒澤大学へと進学されました。

ルーキーイヤーの2021年にはすでに出雲駅伝でメンバー入り。22年には全日本大学駅伝で区間2位の走りを披露するなど、成長ぶりを含めて期待がふくらんでいます。

そんな篠原さんに迫るべく、篠原倖太朗はハーフ?出身高校や中学はどこ?身長等のwikiプロフィール!と題して詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

篠原倖太朗はハーフ?

篠原倖太朗さんについて調べると、「ハーフ」と出てくることが多いです。

そのため、篠原さんはハーフなの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

調査した結果、篠原さんはハーフではなく純日本人のようです。

「ハーフ」はハーフマラソンのことを指しているようで、篠原さんは2022年2月(当時大学1年)の実業団ハーフマラソンで日本人学生歴代5位の1時間1分01秒を記録しました。

ハーフで検索されていることにも納得ですね。大学1年の頃からすでに頭角を現していた篠原さんは、ポテンシャルの高さがうかがえます。

篠原倖太朗の出身高校

篠原倖太朗さんは、千葉県にある県立富里高等学校出身です。

高校3年生のときに出場した全国大会では男子1500mで3位入賞を果たしていて、富里高校の公式ホームページにもその様子が取り上げられています。

全国のエントリー者のうち記録上位40番までが出場できる全国大会で、39番目で出場した篠原さん。

3位入賞という快走劇には、陸上界もさぞかし驚いたことでしょう。

ちなみにこちらはM高史さんのツイッターから、高校時代の篠原倖太朗さん。なんかカワイイ笑

篠原倖太朗の出身中学

篠原倖太朗さんは、千葉県の山武市立山武中学校出身です。

篠原さんが陸上を始めたのは中学からなのだそうですが、この頃は全国的に注目されるような選手ではありませんでした。

高校に入り、急成長されたことがわかります。

篠原倖太朗の身長や年齢等のwikiプロフィール

篠原倖太朗の身長

篠原倖太朗さんの身長は175cmです。スポーツ報知のプロフィール記事に記載があります。

長距離選手の中では身長が高い方ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

篠原倖太朗(@king_suika)がシェアした投稿

(篠原倖太朗さん@king_suikaより)

活躍している長距離選手のBMI指数は「18~19」に集中する傾向にあるようですが、体重56kgの篠原さんのBMIも18.29です。

写真でみても、締まった身体が特徴的ですね。

篠原倖太朗の年齢や誕生日(生年月日)

篠原倖太朗さんは2002年9月3日生まれ20歳(2022年12月現在)です。スポーツ報知のプロフィール記事に記載があります。

2022年12月現在、駒沢大学2年生となった篠原さんは、駅伝の選手としても注目されています。

ルーキーイヤーとなる2022年の出雲駅伝では、1年生にして1区に抜擢

篠崎さんは2023年の箱根駅伝で、走りたい区間に「1区」を掲げています。(※月陸オンライン)

2022年全日本大学駅伝では5区でしたが、23年の箱根駅伝では1区を走るのでは?と期待が集まっています。

篠原倖太朗の血液型

篠原倖太朗さんの血液型についての情報はありませんでした

篠原さんはコマスポの記事のインタビューで、大学入学理由や今後の目標について丁寧に細かく質問に答えていらっしゃいました。

大学での自分の立ち位置をしっかり把握しているところからも、真面目な性格と推測されます。

マメな一面から、A型なのでは?と勝手に想像しています。

篠原倖太朗の出身地

篠原倖太朗さんは千葉県山武市(さんむし)出身です。スポーツ報知のプロフィール記事に記載があります。

高校3年生のときに全国大会高校男子1500mで3位入賞を果たした際に、山武市長・教育長を表敬訪問されています。

山武市はとても自然豊かな場所なんだとか。こちらは山武市応援チャンネルの投稿です。

(山武市応援チャンネル『さんむ魅力探訪』@sammu_kokokaraより)

自然に囲まれてのびのびと育ってきた環境は、現在の篠原さんの陸上に対する原動力になっているのかもしれませんね。

篠原倖太朗のwikiプロフィール

  • 名前:篠原倖太朗(しのはらこうたろう)
  • 年齢:20歳(2022年12月現在)
  • 座右の銘:勇往邁進 挑戦を楽しむ
  • 所属:駒沢大学

篠原倖太朗の経歴

篠原倖太朗さんは千葉県山武市にお生まれになり、中学は山武市立山武中へ入学して陸上競技を始めます。

富里高校へ入学すると、高校3年生のときに全国大会高校男子1500mで3位入賞を果たし、全国から注目を浴びる選手となりました。

そして、駒沢大学へ進学後もその成長スピードは衰えず、1年生のときには日本インカレ5000mで2位に食い込み、出雲駅伝では1区8位に。さらには全日本実業団ハーフマラソンでは日本人学生歴代5位を記録し、その2週間後の日本選手権クロカンでは7位に入りました。

大学2回目の駅伝シーズンを迎え、どんな成長ぶりを披露してくれるのかが楽しみです。

今後の活躍に注目ですね。

篠原倖太朗の成績

篠原倖太朗さんのこれまでの成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2019年:千葉県選手権男子1500m 優勝
  • 2020年:全国大会高校男子1500m 3位
  • 2021年:日本インカレ5000m 2位
  • 2021年:出雲駅伝 1区8位
  • 2022年:全日本実業団ハーフマラソン 日本人学生歴代5位
  • 2022年:日本選手権クロカン 7位
  • 2022年:全日本大学駅伝 5区2位

まとめ

今回は篠原倖太朗はハーフ?出身高校や中学はどこ?身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • ハーフではなく日本人。実業団ハーフマラソンで日本人学生歴代5位の1時間1分01秒を記録
  • 高校は、富里高校出身
  • 中学は、山武市立山武中学校出身
  • 身長175cm、2002年9月3日生まれの20歳(2022年12月現在)、千葉県山武市(さんむし)出身
  • 高校3年生のときに全国大会高校男子1500mで3位入賞、大学では全日本実業団ハーフマラソンでは日本人学生歴代5位を記録するなど、今後の活躍にも期待が集まっている

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です