高校1年生から3年連続の全国高校駅伝で初めて1区で走り、「1区でも3区でもやるべきことは変わらない。1区として、チームに流れを作れて良かった。でも、5位に終わって悔しい」と松山和希さんは振り返っています。