嶋津雄大の出身中学や高校はどこ?休学の理由は目の病気?

ランニングシューズのイメージ

スポンサーリンク


創価大学の駅伝チームの一人として活躍されている嶋津雄大(しまづゆうだい)さんをご存じですか?

2021年の箱根駅伝では創価大学が往路優勝、総合2位と大健闘。4区を走った嶋津雄大さんはその躍進を支えたエースです。

そんな嶋津雄大さんですが、実は失明の可能性もある目の病気を患っているという情報もあり、気になりますね。

今回の記事では嶋津雄大の出身中学や高校はどこ?休学の理由は目の病気?と題し、嶋津雄大さんの気になる話題に迫りたいと思います。

ぜひ、最後までお付き合いください。

嶋津雄大の出身中学

嶋津雄大さんの出身中学は東京都の町田市立堺中学校です。

嶋津雄大さんは中学時代に本格的に陸上競技を始められており、2014年の町田市ジュニア育成陸上競技大会のリザルトにお名前を発見。

嶋津雄大(3) 堺中 4:31.92
(※男子1500m)

総合2位という結果を残していました。当時から長距離が得意だったんですね。

インタビューでは網膜色素変性症という目の病気のために球技などはできず、陸上しか選択肢がなかったと言われていました。

嶋津雄大の出身高校

嶋津雄大さんの出身高校は東京都立若葉総合高等学校です。

創価大学駅伝部の公式プロフィールに記載があります。

2016年には東京都高校駅伝で1区を走り、区間1位だったそうです。

ちなみに若葉総合高等学校は東京都稲城市にある公立高校。2005年に南野高等学校と稲城高等学校を併合する形で創立されました。

南野高等学校時代には女子サッカーの澤穂希さんが卒業されるなど、女子サッカー部が有名なようです。

嶋津雄大の休学理由は目の病気?

嶋津雄大さんは2020年春より創価大学を一時休学されていましたが、その理由については明らかにされていません

嶋津雄大さんは網膜色素変性症という遺伝性、進行性の目の病気を患っています。国内で4万人の患者がいると言われている難病で、失明に至るケースもあるのだそう。

嶋津雄大さんの場合も、暗いところで目が見えにくいといった症状があるそうです。

ですから嶋津雄大さんの休学は病気の治療のためでは?と噂されました。

その後、同年の9月に復学。駅伝部にも復帰し元気な走りを披露していますが、休学の理由や休学中の様子などは語られていません。

精神的な理由では?」「作家になるための準備?」などさまざまな憶測が流れているものの、真相はわかっていません。

いずれにせよ、嶋津雄大さんの力強い走りが同じ病気を持つ方に勇気を与えていることは間違いなく、今後も駅伝で感動を伝えてほしいですね。

嶋津雄大の出身や年齢等wikiプロフィール

嶋津雄大の出身

嶋津雄大さんは東京都町田市のご出身です。

こちらは2021年1月、地域密着型の情報番組『それゆけ!月光団本部』でのオンラインインタビューの動画です。

小学6年生のときに出た地域のマラソン大会が陸上を始めるきっかけだったのだそう。走ったあと、ご両親がすごく褒めてくれたと語っていました。

ちなみに、出身小学校は町田市立小山ヶ丘小学校だそうです。

嶋津雄大の年齢や誕生日

嶋津雄大さんは2000年3月28日生まれで、年齢は21歳です。

スポーツ報知公式サイトの箱根駅伝選手名鑑に記載があります。

創価大学駅伝部の公式ツイッターからこちら。みなさんもちろん同年代のチームメイトですが、同時にライバルでもあります。

嶋津雄大の身長

嶋津雄大さんの身長は170cmです。

こちらの情報も箱根駅伝選手名鑑に記載がありました。

ちなみに、創価大学のチームメイトには飛び抜けて背が高い選手はいないようで、170cm前後の方が揃っているようです。

スポンサーリンク


嶋津雄大のwikiプロフィール

  • 名前:嶋津雄大(しまづゆうだい)
  • 年齢:21歳(2021年10月現在)
  • 出身:東京都町田市
  • 血液型:O型
  • 趣味:アニメ鑑賞
  • 座右の銘:気分さえ上がれば大抵のことはうまくいくもの
  • 所属:創価大学(駅伝部)

2020年の箱根駅伝で創価大学駅伝部が初のシード権獲得、翌21年には初の総合2位という大躍進の立役者、嶋津雄大さん。

Number Webの特集記事によると、実は転機となったのは高校3年生の時に出場した青梅マラソン(10km優勝)だったのだそう。

絶対に1位を取りたいと思っていたので、ラスト500mで必死にスパートしたんですよ。で、ゴールして振り返ったら、誰もついてきてなかった

2位になる悔しさ、そして1位になる喜びが、嶋津雄大さんの前進する力となっているようですね。

嶋津雄大のラノベ

嶋津雄大さんは「アイランズ」というペンネームでライトノベルを執筆されているという情報がありました!

ご自身の陸上経験を踏まえたヒーローもののストーリーなのだとか。

実際に読むことができないのは非常に残念ですが、2020年には電撃小説大賞に応募し落選…

もし仮に大賞に選ばれていれば、電撃文庫から出版されていた?

2020年1月の日刊スポーツの記事によると

春に電撃小説大賞に応募します。大賞なら作家デビューできるんですよ。物語の主人公はどんなに苦しくても必ず勝つじゃないですか!

と語ったそうです。小説家デビューする気マンマンですよね笑

嶋津雄大さんの作品が何らかの形で公表される日を待ちたいと思います。

嶋津雄大の帽子

嶋津雄大さんは帽子をかぶってレースに臨むケースが多いのですが、やはり帽子も目の病気と関係がありました。

前出の日刊スポーツの記事に「(網膜色素変性症で)暗いところでは目が見えにくくなる。強い紫外線も視力を妨げるため、レースではキャップは手放せない」との記述がありました。

早く走るためには必要なアイテムなんですね。

また、駅伝では次のランナーにタスキを渡したあと、振り返って帽子を脱ぎコースに一礼する姿も話題となりました。

熱い走りだけでなく、こうした姿勢がファンに感動を与えています。

嶋津雄大の靴(シューズ)

嶋津雄大さんといえばこちらの靴(シューズ)ですね。メーカーはミズノ!

ナイキのシューズ使用者が大勢を占めるなか、嶋津雄大さんはミズノのシューズを愛用されていました。

ミズノのシューズ「WAVE DUEL NEO」については、こちらでインタビューを受けています。

流行しているいわゆる「厚底」では身長が変わる→フォームから変えないといけないため、時間がかかるなと思っていたそうですが…

初めてこの靴を履いた時に「あ、もうこれだな」だということを思って

と印象を語っていました。まさに、嶋津雄大さんの足にベストフィットなんですね。

まとめ

今回は嶋津雄大の出身中学や高校はどこ?休学の理由は目?と題してお送りしてまいりました。

  • 嶋津雄大さんの出身中学は町田市立堺中学校、高校は都立若葉総合高等学校です。
  • 創価大学3年の春に一時休学されましたが、理由については明らかではありません。
  • 先天性の網膜色素変性症という目の病気と向き合いつつ、競技生活を行っています。
  • 小説家を夢見て陸上経験を絡めたライトノベルを書き溜めているそうです。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です