妙義龍の結婚した嫁(妻)や子供!出身高校や中学はどこ?

押し相撲のイメージ

今回は大相撲境川部屋のベテラン力士、妙義龍(みょうぎりゅう)関をご紹介したいと思います。

妙義龍関はアマチュア時代、相撲名門の埼玉栄〜日本体育大学で足跡を残し角界入り。怪我などによる浮沈を経験しつつも、技が光る速攻相撲で幕内に定着すると、技能賞6回、三役経験もあるという実力派力士です。

では、妙義龍の結婚した嫁(妻)や子供!出身高校や中学はどこ?と題し、そんな妙義龍関の人物像に迫ります。

ぜひ最後までお付き合いください。

妙義龍の結婚した嫁(妻)

妙義龍関は2017年9月、かねてからお付き合いされていた香奈さん(旧姓山根)と同年6月にご結婚されていたことを公表されました。

香奈さんは埼玉県和光市出身。妙義龍関とは埼玉栄高等学校時代のクラスメートで、1年生のときは隣の席だったそうです。初対面から15年越しのゴールインということですから、なんだかほっこりしてしまいますね。

そして、翌2018年6月に結婚披露宴を行っています。

埼玉栄の相撲部は恋愛禁止、携帯も禁止という厳しいルールがあったため、高校時代は教室で会話を交わすだけだったというエピソードもありました。

無事に結ばれた現在となっては、それもいい思い出かもしれませんね。

本格的に交際が始まるのは2011年。その後香奈さんは、網膜剥離の手術や膝の怪我などに見舞われた妙義龍関を陰で支えてこられたのだとか。

師匠(元小結・両国)をはじめ男気あふれる力士が揃っていることで知られる境川部屋の妙義龍関ですから、香奈さんもそんな男気にぞっこんだったのかも?

妙義龍の子供

妙義龍関と香奈夫人の間には2017年に長男・泰吉さんが誕生しています。実は前項でご紹介した結婚報告は、長男の誕生報告も兼ねていました。

2023年1月現在では5歳くらいでしょうか。

お顔などは明かされていませんが、妙義龍関は子供はすごくお好きなようです。

ご家庭でもきっといいパパに違いありません。

妙義龍の出身高校

妙義龍関の出身高校は埼玉県の相撲名門校、埼玉栄高等学校です。相撲部は妙義龍関だけでなく、たくさんの名力士を輩出してきた学校ですね。

妙義龍関は2004年、埼玉栄高等学校のインターハイ優勝に貢献。個人戦でも準優勝という好成績を収めています。(※個人戦優勝は同じ埼玉栄の澤井豪太郎=豪栄道!)

現在の角界は埼玉栄OBだらけですから、土俵入りではこんなことも。写真右側は後輩の琴勝峰関です。

妙義龍関も後輩たちに負けないよう、ぜひ頑張っていただきたいですね。

妙義龍の出身中学

妙義龍関の出身中学は兵庫県の高砂市立荒井中学校です。神戸新聞の記事『高砂出身の妙義龍、幕内通算400勝』などから知ることができます。

また、妙義龍関はとにかくスポーツ万能だったそうで、広畑少年相撲教室で相撲の腕を磨く一方、陸上部にも所属していたのだとか。中学時代の写真がこちら。

当時から運動神経と体格の良さは際立っていたんですね。

妙義龍の身長や年齢等のwikiプロフィール

妙義龍の身長

妙義龍関の身長は189cmです。日本相撲協会の力士プロフィールに記載があります。

力士はみなさん大柄なのでそこまで目立ちませんが、並んでみるとやっぱり大きいです!

写真に写っている佐田の海関は182cm、妙義龍関は189cm、豪栄道(現武隈親方)は183cm、豊響(現山科親方)は183cmです。

妙義龍の年齢や誕生日(生年月日)

妙義龍関は1986年10月22日生まれで、年齢は36歳です。(2023年1月現在)

妙義龍関は2009年5月に新弟子検査に合格していますが、当時の合格者名簿を見ると、ダニエル・イバノフさん(碧山関)のお名前がありました。(※日刊スポーツ『新弟子検査に日体大宮本ら12人合格』)

妙義龍関と碧山関は同期入門で同い年。(※碧山関は6月19日生まれ)

ということで非常に仲良しで、ツイッターにはこんな光景が投稿されていました。

妙義龍の血液型

妙義龍関の血液型はA型だそうです。日刊式番付に記載があります。

参考までに、人となりが垣間見えるインタビュー映像がこちら。出番は1分2秒付近からです。

真面目で几帳面と言われがちなA型ですが、いったんツボにはまると笑いが止まらなくなっちゃうみたいです笑

妙義龍の出身地

妙義龍関の出身地は兵庫県高砂市です。

ちなみに妙義龍関は高砂市立伊保小学校〜荒井中学校を経て埼玉栄高等学校、日本体育大学へと進学されています。

妙義龍のwikiプロフィール

  • 名前:妙義龍泰成(みょうぎりゅうやすなり【本名:宮本泰成】)
  • 年齢:36歳(2023年1月現在)
  • 出身:兵庫県高砂市
  • 趣味:釣り
  • 所属:境川部屋

妙義龍の経歴

妙義龍関が相撲を始めるのは小学校1年生の頃。幼少期からとても運動神経に恵まれてスポーツ万能少年だったそうですが、相撲の世界だけは別だったのだとか。

そこで通いだしたのが姫路にある広畑少年相撲教室でした。

同い年の嶋田聖也さん(北はり磨:山響部屋)とともに、恩師・志摩誠二さんのもとで稽古を重ねていきました。

中学時代には全国大会も経験。さらにレベルアップを目指し、高校は埼玉栄高等学校、大学は日本体育大学へと進学。大学時代の2008年に国体で優勝されたことをきっかけに、2009年に角界入りされました。

入門されたのは埼玉栄時代に切磋琢磨した同級生、豪栄道(現武隈親方)がいる境川部屋。激しくライバル心を燃やしつつ、2009年5月場所でデビュー。翌10年に新十両〜新入幕を果たします。

怪我などによる浮沈を繰り返しつつも、2018年以降は幕内に定着。これまでの最高位は関脇。昭和生まれの力士は数えるほどになってしまいましたが、まだまだ速攻相撲は健在です。

いぶし銀の相撲でこれからも土俵を沸かせてくれそうですね。

妙義龍の成績

妙義龍関のこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。2023年1月場所現在、金星6つ、技能賞を6回獲得しています。

  • 2010年11月場所:6勝1敗 幕下優勝
  • 2011年7月場所:11勝4敗 新十両、十両優勝
  • 2011年9月場所:13勝2敗 十両優勝②
  • 2011年11月場所:10勝5敗 新入幕
  • 2012年1月場所:9勝6敗 技能賞
  • 2012年7月場所:8勝7敗 新小結、技能賞
  • 2012年9月場所:10勝5敗 新関脇、技能賞
  • 2022年9月場所:11勝4敗 技能賞

まとめ

今回は妙義龍の結婚した嫁(妻)や子供!出身高校や中学はどこ?と題してお送りしてまいりました。

  • 妙義龍関は2017年6月、高校時代のクラスメート香奈さんとご結婚されました。
  • 2017年に長男の泰吉さんが誕生しています。
  • 出身高校は埼玉栄高等学校。卒業後は日本体育大学へと進学されました。
  • 出身中学は兵庫県高砂市立荒井中学校。1986年10月22日生まれの36歳です。(2023年1月現在)

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です