錦木の結婚した嫁(奥さん)や子供!出身地や成績等のwikiプロフィール!

がっぷり四つのイメージ

今回は大相撲伊勢ノ海部屋のベテラン力士錦木(にしきぎ)関をご紹介したいと思います。

錦木関は2006年に初土俵を踏み、10年かかって新入幕を果たしますが、以後3回も十両陥落を経験している苦労人です。ですが、近年たびたび優勝争いに顔を出してスポットを浴びる機会が増えており、大ブレイクの予感も…

そんな、錦木関とはどんなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

では、錦木の結婚した嫁(奥さん)や子供!出身地や成績等のwikiプロフィール!と題し、錦木関について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

錦木の結婚相手の嫁(奥さん)

錦木関は2018年10月にご結婚を発表されました。気になる嫁(奥さん)は桃代さんというお名前で、当時の報道によると会社員でスー女、年齢は34歳とのことでした。錦木関が28歳の頃なので、姉さん女房なんですね。

錦木関、似顔絵はちょっとアレですが笑、デレデレ具合がなんとも微笑ましいです。挙式・披露宴は2020年に行っており、桃代夫人のお姿は写真でも確認ができます。

錦木関が桃代さんと出会ったのは2012年ごろ。部屋のパーティーや相撲観戦に訪れた桃代さんに、錦木関から声をかけたのがきっかけでした。その後交際に発展し、プロポーズはバレンタインデーの2月14日。

挙式後は「めちゃくちゃ緊張した。(夫人は)きれいでした」と笑顔で語ったそうです。(※日刊スポーツ

ちなみに、錦木関お一人で出席した結婚会見では、将来像について「尻に敷かれていると思います」と語ったとか笑

実際のところどうなのかは想像の域を出ませんが、錦木関の様子から察するに妙に納得…

錦木の子供

錦木関は挙式前の2019年11月に長女が誕生しており、お名前を楓香さんといわれます。

こちらはまだ7か月くらいの頃の様子です。いいお父さんみたいですね笑

2022年8月現在ではもう2歳。錦木関と桃代夫人、どちらに似てらっしゃるのかちょっと気になります。

桃代夫人は身長170cm近い健康美人。錦木関も身長は180cmオーバーですし、すくすくと身長が伸びていくのは間違いなさそうですよ。

錦木の出身地や身長等のwikiプロフィール

錦木の出身地

錦木関は岩手県盛岡市のご出身です。

盛岡市を代表するアスリートとしてこんなイベントにも呼ばれています。錦木関の右側の方は盛岡市長の谷藤裕明さんです。

錦木の生年月日と年齢

錦木関は1990年8月25日生まれで、年齢は32歳です。(2022年8月現在)

ケーキがちっちゃく見えます笑

絵柄がディズニーなのはやっぱり楓香ちゃん向けにってことでしょうかね。

ちなみに、大相撲では高安関、遠藤関が同い年でした。

錦木の身長

錦木関の身長は184cmです。

大柄な力士の中でもやっぱり頭半分くらい大きく感じますね。

錦木のしこ名の由来

錦木のしこ名は江戸時代の岩手県出身力士「錦木塚右衛門」(初代)がルーツでした。

錦木関はもともと本名の「熊谷」のしこ名で相撲を取っていましたが、2012年に「錦木」と改めました。現在の岩手県北上市出身で二所ノ関部屋の開祖でもある「錦木塚右衛門」の十両時代のしこ名を受け継いでいます。

錦木塚右衛門は当時の最高位、大関まで上がった力士。由緒ある立派なしこ名なんですね。

錦木の血液型

錦木関の血液型はA型だそうです。日刊スポーツのニッカン式番付などで確認ができます。

錦木関といえば地道にコツコツと稽古を重ねてきた努力の人。ネットにもこんな声があります。

なんだかA型っぽさが前面に表れている気がしませんか?(勝手なイメージです笑)

錦木のwikiプロフィール

  • 名前:錦木徹也(にしきぎてつや、本名:熊谷徹也)
  • 年齢:32歳(2022年8月現在)
  • 出身:岩手県盛岡市
  • 趣味:携帯ゲーム
  • 所属:伊勢ノ海部屋

錦木の経歴

日本相撲協会の公式プロフィールによると、錦木関が相撲を始めるのは13歳の頃。そして、盛岡市立米内(よない)中学校卒業後に伊勢ノ海部屋へと入門していますから、アマチュアの相撲キャリアはほぼゼロだったようです。

一方、小学生時代は少年野球に熱中。当時、現メジャーリーガーの菊池雄星さんと対戦したことがあるというびっくりエピソードがあります。

また、中学時代は卓球部に所属。エースとして活躍されたとの情報もありました。

ということで、幼少期から運動能力には長けていたんですね。先代の伊勢ノ海親方(元関脇・藤ノ川)との縁もあり、中卒で角界入りされます。

ただ出世のスピードはゆっくりで、新十両は24歳の時、新入幕はその翌年。新入幕時には同期入門の松鳳山(※引退)や栃ノ心関がすでに三役まで上がっていたことを考えると、いかにもじっくり時間をかけて相撲を身につけてきた様子がわかります。

その後も3度の十両陥落を経験しつつ、2022年3月場所での再入幕以降は連続勝ち越し。ベテランの味を遺憾なく発揮しています。

パワーの源はやはり家族の存在と大好きなお酒でしょうか。

地道な努力で磨かれた押し相撲とベテランならではの土俵さばきはまだまだ健在。これからもどんどん幕内上位で土俵を沸かせていただきたいと思います。

錦木の成績

錦木関のこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。2022年8月現在、三賞の受賞経験はありませんが、2018年1月場所で金星を挙げています。

  • 2012年11月場所:7勝0敗(※幕下優勝)
  • 2015年5月場所:9勝6敗(※新十両)
  • 2016年5月場所:7勝8敗(※新入幕)
  • 2017年5月場所:10勝5敗(※十両優勝)
  • 2018年5月場所:10勝5敗
  • 2018年9月場所:10勝5敗
  • 2022年7月場所:8勝5敗2休(※13日目は不戦敗)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

huwahuwa(@osumo333)がシェアした投稿

まとめ

今回は錦木の結婚した嫁(奥さん)や子供!出身地や成績等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 錦木関は2018年10月に7つ上の桃代さんとのご結婚を発表。2020年に挙式・披露宴が行われました。
  • 2019年11月に長女・楓香さんがお生まれになりました。
  • 岩手県盛岡市出身。1990年8月25日生まれの32歳です。(2022年8月現在)
  • 盛岡市立米内中学校卒業後に入門。新入幕まで10年かかった苦労人です。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。