小坂将商監督の結婚した嫁(妻)や子供(娘)!年齢や身長等のwikiプロフィール!

甲子園球場のイメージ

スポンサーリンク


春夏の甲子園では毎回強豪チームとして旋風を巻き起こす奈良県の智辯学園高等学校。その原動力となる人物が小坂将商(こさかまさあき)監督です。

2006年に智辯学園高等学校硬式野球部の監督に正式就任。以降、常連校の名に恥じないチームを率いて毎大会上位に勝ち上がるため、その采配と指導力は全国でも知られる存在となっています。

そんな小坂将商監督とはどのようなプロフィールの持ち主なのでしょうか?

今回の記事では小坂将商監督の結婚した嫁(妻)や子供(娘)!年齢や身長等のwikiプロフィール!と題して、小坂将商監督についてご紹介してまいりたいと思います。

では、最後までお付き合いください。

小坂将商監督の結婚した嫁(妻)

小坂将商監督は2005年に恵美さんとご結婚されています。

嫁(妻)の恵美さんは2018年に毎日新聞の取材を受けられ、連載記事『90回センバツ智弁学園 支える人たち』で掲載されていました。

記事によると取材当時は39歳、智辯学園の職員をされているとのことでした。

結婚以前は野球のルールを知らなかったといいますから、小坂将商監督の人柄に惚れ込んだのだと想像できますね。

野球部前監督の上村恭生さん(故人)のところに訪ねてくる小坂将商監督(松下電器所属時代?)といつの間にか親しくなり、結婚に至ったのだとか。

ちなみに恵美さんは“監督夫人”として、選手たちと一緒に焼き肉を食べるなど家族同様のお付き合いをされているそうです。

2016年春の優勝投手、村上頌樹投手(現阪神タイガース)とも一緒にお食事をされたりしたのでしょうか?

小坂将商監督の子供(娘)

小坂将商監督にはお子さんがお2人いらっしゃいます。

前出の毎日新聞の記事を参考にすると…

  • 長女:小学4年生
  • 長男:小学1年生

(※記事掲載は2018年)

だそう。2021年8月では、長女は中学1年生ということになるでしょうか。

お名前や野球をされているかどうかなどの詳しい情報は見つかりませんが、身の周りの環境が環境ですからね。

何らかの形で野球と関わりがあることをやられているかもしれません。

小坂将商監督の年齢や身長等のwikiプロフィール

小坂将商監督の年齢

小坂将商監督は1977年7月23日生まれで、年齢は44歳です。

ちなみに、親交ある馬淵史郎さん(明徳義塾高等学校硬式野球部監督)は1955年生まれの65歳だそう。

年齢はだいぶ離れているようですが、心は野球でつながっているんですね。

小坂将商監督の身長

小坂将商監督の身長は173cmだそうです。

野球選手としては決して恵まれた体格ではありませんよね。

ですが、坂下翔馬選手(近畿大学、身長は164cm)が身長について思い悩んだ時には

小さいからといって大きい奴に負けるのは、俺は嫌いや。絶対に負けるな

と言って檄を飛ばしたというエピソードがあるそうです。(※フルカウントインタビュー

小坂将商監督の出身地

小坂将商監督は和歌山県紀の川市のご出身です。

元々の地名は「那賀郡那賀町」でしたが、2005年に近隣の町と合併。紀の川市となっています。

小学生時代は地元の「名手ペガサス」というチームに所属、そして1993年には智辯学園高等学校へと進学されています。

ですから、奈良との関わりができるのは高校進学以降のことなんですね。

ちなみに、出身地の和歌山県にも“智辯”がありますよね。そう、智辯学園和歌山高等学校です!

奈良の智辯学園とは“兄弟校”という関係。ですが、甲子園で先に優勝を手にしたのは智辯和歌山でした。

2016年春のセンバツで悲願のVを飾った智辯学園・小坂将商監督は、試合後「奈良の智辯学園も、少しはわかっていただけたのでは…」と思いを語ったのだとか。

出身地は和歌山、奈良の智辯学園は母校という経歴をお持ちの小坂将商監督ですから、心中は複雑だったのかもしれません。

小坂将商監督のwikiプロフィール

  • 名前:小坂将商(こさかまさあき)
  • 年齢:44歳(2021年8月現在)
  • 出身:和歌山県紀の川市
  • 職業:野球指導者(智辯学園高等学校硬式野球部監督)

小坂将商監督の経歴

2020年の2冠王・岡本和真選手(読売ジャイアンツ)の高校時代の師でもある小坂将商監督。

“名将”としての一面が大きくクローズアップされますが、現役時代も素晴らしい実績を残していました。

高校時代は1995年夏、主将として甲子園の土を踏み準々決勝では福留孝介選手がいたPL学園を撃破。

法政大学では3度のリーグ優勝を経験。卒業後は松下電器野球部で活躍されています。

そんな小坂将商監督が母校に戻ってくるのは、5年間の松下電器での現役生活を終えた後のこと。

2005年1月に智辯学園高等学校野球部のコーチとなりますが、同年12月、監督の上村恭生さんが亡くなったことを受け監督へと就任されます。

甲子園には春のセンバツ6回、夏は7回の出場を数え、岡本和真選手を筆頭にたくさんのプロ野球選手も育て上げました。

優れた采配だけでなく、指導者としての手腕が高く買われ、2020年には高校日本代表のコーチも任されています。

今後も名伯楽として多くの野球ファンを楽しませてくれそうです。

まとめ

今回の記事では小坂将商監督の結婚した嫁(妻)や子供(娘)!年齢や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 小坂将商監督は2005年に恵美さんとご結婚、お2人のお子さんがいらっしゃいます。
  • 和歌山県紀の川市出身、1977年7月23日生まれの44歳です。(2021年8月現在)
  • 身長は173cmと小柄ですが、野球部主将として甲子園の土を踏んだ経験をお持ちです。
  • 2006年、母校・智辯学園高等学校の野球部監督に就任。甲子園出場は春夏合わせ過去13回。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です