小牧憲継監督の経歴や年齢等のwikiプロフィール!出身大学や高校はどこ?

スポンサーリンク


2021年夏の甲子園、4強まで勝ち上がったのが京都代表の京都国際高等学校です。

中でも“育成力”で注目を集めているのがチームを率いる小牧憲継(こまきのりつぐ)監督です。

実は小牧憲継監督、年齢は30代と比較的若い監督なのですが、独自の指導スタイルを持ち幾人ものプロ野球選手を育て上げた手腕の持ち主なんです。

今回は『小牧憲継監督の経歴や年齢等のwikiプロフィール!出身大学や高校はどこ?』と題し、小牧憲継監督について探っていきたいと思います。

小牧憲継監督の経歴

まず、小牧憲継監督の経歴をご紹介していきましょう。

高校時代は野球部に所属。内野手として活躍されましたが、ケガが多くプロ野球選手になるという夢は断念せざるを得なかったそうです。

大学卒業後は一般のサラリーマンとして銀行で働いていたのですが…

「京都韓国学園(現在の京都国際)の中学校から京都成章(小牧憲継監督の母校)に来た同級生がいたんです。あの夏、試合に出ていた自分を当時の京都韓国学園の監督が覚えていて、卒業後、その同級生に声をかけられ、遊びがてら教えにいったのが始まりでした。大学を卒業したあとも、地元の銀行に勤めながら練習を手伝うことになりました」引用元 https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2021/03/24/post_12/index.php

小牧憲継さんは高校時代、京都大会で当時野球部ができたばかりだった京都韓国学園に「34−0」(5回コールド)と圧勝。その時の対戦相手からの誘いに、何やら不思議な縁を感じたようです。

2007年にコーチ就任、そして2008年からは監督となりました。

当時の京都国際は、在日韓国人の学校だった京都韓国学園から一般に門戸を開いて間もない頃。

誤解や偏見にもぶつかったそうですが、かえって「いつかは結果で見返してやる、と思い、指導に熱が入った」といいます。

その後、次第に選手が集まるようになり、結果も注目度もアップしていきます。

京都国際高等学校の主な戦歴をご紹介しましょう。

  • 2018年春 京都大会優勝
  • 2018年夏 京都大会ベスト4
  • 2019年夏 京都大会準優勝
  • 2020年秋 京都大会3位 
  • 2021年春 京都大会優勝
  • 2021年夏 優勝

独自の指導法やポリシーについてはこちらで知ることができます。

動画4:21~には生徒個人の個性を活かす練習を行っていると紹介されています。

インタビューで語ったところによると…

勝たせるだけの野球はせえへん

のだそう。

京都国際高校からは曽根海成(広島東洋カープ)、清水陸哉(元ソフトバンク)、上野響平(日本ハム)、釣寿生(オリックス)、早真之介(ソフトバンク)といったプロ野球選手が育ちました。

今やプロ野球のスカウトも一目置く高校なのだそう。

今後もどんな選手が京都国際から羽ばたいていくのか興味津々ですね。

小牧憲継監督の年齢等のwikiプロフィール

小牧憲継監督の年齢

小牧憲継監督は1983年7月17日生まれの38歳です。

高校野球ドットコムから、こちらの動画の2:44~に紹介があります。

ちなみに、小牧憲継監督は既に結婚され、2019年6月にはなんと4つ子が生まれています。

2019年7月の朝日新聞ではこちらのように記事で取り上げられていました。

6月11日。小牧憲継監督のもとに新しい命がやってきた。1人ではない。長女・夢來(みらい)ちゃん、次男・大将ちゃん、次女・夢実(みなみ)ちゃん、三男・大倭(やまと)ちゃんの四つ子引用元 https://www.asahi.com/articles/ASM7V624TM7VPTQP01K.html

寮住まいの選手たちと一緒に生活する小牧憲継監督ご一家。にぎやかな家庭が、選手たちのモチベーションアップにも一役買っているようです。

小牧憲継監督の身長

小牧憲継監督の身長は165㎝です。

出身大学である関西大学の2003年時のメンバー表に記載がありました。

小牧憲継 社会 2 京都成章 165 65

引用元http://kansaibig6.jp/games/2003/spring/kwansai_member.htm

やや小柄な方と分かりますね!

小牧憲継監督の出身地

小牧憲継監督は京都府京都市左京区の出身です。

現在は京都国際の寮で選手たちと一緒に生活されています。

ちなみに、前出のWeb Sportivaの記事によると、小牧憲継監督の実家はコンビニを経営されており、通りを挟んだ向かい側にはプロ野球選手・炭谷銀仁朗さん(東北楽天)の実家が営む畳屋があるのだそう。

炭谷銀仁朗選手の実家の畳屋は京都府左京区にある『有限会社 炭谷』です。

スポンサーリンク


 

この投稿をInstagramで見る

 

有限会社 炭谷(@sumitanitatami)がシェアした投稿

小牧憲継監督のwikiプロフィール

  • 名前:小牧憲継(こまき のりつぐ)
  • 年齢:38歳(2021年9月現在)
  • 出身:京都府京都市左京区
  • 職業:野球指導者

小牧憲継監督の出身高校

小牧憲継監督の出身高校は京都成章高等学校です。

京都成章高等学校は京都市西京区にある私立高校で、野球だけでなくラグビーの強豪校として知られています。

野球部は甲子園には春夏合わせて5回出場。1998年には準優勝を果たしています。(※優勝は松坂大輔投手擁する横浜高校)

しかし、小牧憲継監督がいた時代は残念ながら甲子園に出場はできなかったそうです。

小牧憲継監督の出身大学

小牧憲継監督の出身大学は関西大学です。

野球部はプロも多く輩出する名門校ですね!

小牧憲継監督も野球部でしたが、「幽霊部員のへたくそ」だったのだとか(笑)

また大学の同期生には岩田稔投手(阪神タイガース)がいます。

まとめ

今回は『小牧憲継監督の経歴や年齢等のwikiプロフィール!出身大学や高校はどこ?』と題し、小牧憲継監督について探ってきました。

  • 小牧憲継監督はプロ野球選手を諦め銀行員として勤務している時、京都韓国学園(現京都国際高等学校)から声をかけられ指導者に
  • 2021年夏の甲子園4強。ほか数多くのプロ野球選手を育て上げている
  • 1983年7月17日生まれの38歳。(2021年9月現在)4つ子を含む5児の父
  • 京都府京都市左京区出身。現在は京都国際高等学校の野球部寮にお住まい
  • 出身高校は京都成章高等学校、大学は関西大学

と分かりました。

今後も小牧憲継監督、そして京都国際高校の活躍が楽しみですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です