浅野翔吾の出身中学や小学校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!

痛烈打球を放つバッター

レジェンド・イチローが驚いた!と評判の規格外スラッガーは、高松商業高等学校(香川県)の浅野翔吾(あさのしょうご)さんです。

高松商での打順はトップバッター。さらにガンガンホームランをかっ飛ばす長距離砲でありスイッチヒッターでもあり、おまけに俊足強肩というまさに才能の塊。プロ球界からも熱視線を浴びる存在なんです。

そんな浅野翔吾さんとはどんなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

今回は、浅野翔吾の出身中学や小学校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!と題し、浅野翔吾さんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

浅野翔吾の出身中学

まず、RSK山陽放送のニュース映像から、2022年夏の甲子園出場を決めた翌日の様子をどうぞ。主将としてインタビューを受けているのが浅野翔吾さんです。

イチローさんが見て“しっかりしてくれているんだな”と思ってもらえるように。甲子園に出ることだけを目標にしてきたのではなく、甲子園に出て勝つことを目標にしてきたので、香川大会以上にレベルアップして甲子園に挑みたい

と主将らしく、ハキハキと答えてらっしゃいました。

そんな浅野翔吾さんの出身中学は香川県の高松市立屋島中学校です。中学時代は軟式野球部に所属。当時から豪快にホームランを量産する主力バッターでした。

2019年全日本少年軟式野球大会には屋島中学校チームで出場。2回戦まで勝ち進んでいます。現在のポジションはセンターですが、当時はキャッチャーもやられていたようですね。

また、同年にはU15アジア選手権の日本代表にも選出。すでに侍ジャパンのユニフォームに袖を通していたんです。

当時の試合レポートで確認すると、現在の高松商での打順と同じ1番でした。大一番の韓国戦後にこんなコメントをされています。

(全試合出塁、この日も安打)一番打者として単打で塁に出ようと思ったことが良い結果に繋がりました

大舞台のこんな経験が現在の活躍にもつながっているんですね。

浅野翔吾の出身小学校

浅野翔吾さんの出身小学校は高松市立屋島小学校です。野球を始めたのは小学3年生の頃。地元の少年野球チーム屋島シーホークスに所属し、野球に親しんでいきました。

浅野翔吾さんご自身の証言によると…

4年生からホームランを打ち始めて、4年の時は24本、5年の時は26本、6年では45本でした」(※webSportiva

とのことでした笑

野球を始めてわずか4年、この時点ですでに95本って…

浅野翔吾の父

浅野翔吾さんの父親は幹司さんと言われる方で、新聞報道によると年齢は52歳。(2022年8月現在)元高校球児であり、浅野翔吾さんが野球を始めた屋島シーホークスの代表をされているようです。

高校は徳島商業高校だったとの情報もありましたが、現役時代の活躍については記録がなく確認できませんでした。

当時の徳島県はおそらく池田高等学校の絶頂期でしたから、甲子園経験はお持ちでないと思われます。

とはいえ、浅野翔吾さんを野球に導いたのが父・幹司さんなら、高松商への進学を決めたのも父のアドバイスがあったからだそう。県外の野球名門校から誘いがあった時に、こんな話をされたのだとか。

県外の高校に行ったら、お世話になった人が直接見にこられなくなるぞ。レグザムスタジアム(香川県)なら土日に来やすいし、応援してもらえる場所でやったほうがいいんじゃないか?」(※webSportiva

ということで、浅野翔吾さんの野球人生に欠かせない人物だというのは間違いありませんね。

幹司さんは現在も地方大会には応援に駆けつけているそうです。

浅野翔吾の身長や年齢等のwikiプロフィール

浅野翔吾の身長

浅野翔吾さんの身長は172cmだそうです。報道によって多少ばらつきがありますが、2019年侍ジャパン選手リストでは172cmとなっていました。

プロを目指す高校トップ選手としては、やはり小柄…

ですが、浅野翔吾さんの念頭にあるのは吉田正尚さん(173cm)、森友哉さん(170cm)だそう。どちらも打撃センスとパンチ力は折り紙付きですね。

浅野翔吾の年齢や誕生日(生年月日)

浅野翔吾さんは2004年11月24日生まれで、年齢は17歳です。(2022年8月現在)

2022年ドラフト会議は10月20日に行われる予定ですから、この時はまだ17歳なんですね。

プロ志望の浅野翔吾さん。果たしてどうなるのか興味津々です。

浅野翔吾の出身地

浅野翔吾さんは香川県高松市屋島のご出身です。

浅野翔吾さんは2019年、全国少年軟式野球大会に屋島中学校チームの一員として出場。遠征費のカンパにはたくさんの地元の方が協力してくれたのだそうです。

中には「小さい頃から家族で通っていた中華料理店など地元の商店主ら」もいました。(※朝日新聞

現在、浅野翔吾さんが地元の高松商で頑張っているのも、こうした方たちへ恩返ししたいという思いがあるからかも知れませんね。

浅野翔吾の血液型

浅野翔吾さんの血液型はプロフィールに記載はなく不明です。

浅野翔吾さんを紹介するメディアの中には、浅野翔吾さんのキャプテンシーを高く評価しているものも少なくありません。高松商でも主将としてチームをまとめ、引っ張っています。

そんなリーダー気質を考慮すると、血液型はA型かな?と思いましたがいかがでしょうか。

浅野翔吾のwikiプロフィール

  • 名前:浅野翔吾(あさのしょうご)
  • 年齢:17歳(2022年8月現在)
  • 出身:香川県高松市
  • 所属:高松商業高等学校

浅野翔吾の経歴

浅野翔吾さんが野球を始めるのは小学3年生の頃。父・幹司さんとのキャッチボールがきっかけだったそうです。地元の少年野球チーム屋島シーホークスに入団し、4年生からホームランを打ちまくります。

屋島中学校では軟式野球部で通算55発。全日本少年軟式野球大会やU15アジア選手権も経験されました。

そして、県外の有力校からの誘いを断り、地元の高松商へと進学。1年生夏から3番で起用され大暴れ。香川県大会準Vに貢献します。

レギュラーの座を確保すると、その後も強打者ぶりを遺憾なく発揮。こちらは2021年夏の香川県大会準々決勝での豪快満塁弾です。

初球を一発で仕留め、自信に満ち溢れた表情でダイヤモンドを一周しています。当時2年生笑

夏の甲子園は21、22年と2大会連続で出場しています。21年夏では3回戦で姿を消しましたが、智弁和歌山の中西聖輝投手からソロホームランを放つなど気を吐きました。

実は、2021年12月には元メジャーリーガーのレジェンド・イチローさんからの特別指導が実現していました。

イチローさんの臨時指導後、浅野翔吾さんは「これまで自分たちが正しいと思ってきたことが覆された。来年(2022年)の夏、良い報告をイチローさんにできたら」と語ったそうです。(※朝日新聞

22年夏にはそんな思いを胸に、高松商の主将&リードオフマンとして甲子園に乗り込んできます。

甲子園での活躍を含めて、今後の飛躍に期待したいですね。

浅野翔吾の成績

浅野翔吾さんのこれまでの高松商での成績をごく簡単にご紹介します。

<地方大会>

  • 2020年秋季香川大会:準決勝 英明8-6高松商(5打数1安打1本塁打)
  • 2021年春季香川大会:準決勝 英明9-6高松商(4打数2安打2本塁打)
  • 2021年夏香川予選:準々決勝 高松西0-7高松商(3打数1安打1本塁打)
  • 2022年夏香川予選:決勝 高松商6-4英明(3打数3安打1本塁打)

<甲子園>

  • 2021年夏:2回戦 高松商10-7作新学院(3打数2安打)
  • 2021年夏:3回戦 高松商3-5智弁和歌山(4打数2安打1本塁打)

浅野翔吾のホームラン数

浅野翔吾さんの高校通算ホームラン数は、2022年夏の甲子園が始まる前の時点では64本でした。

甲子園で勝ち進んでいくと、さらに記録は伸びていきそうです。

とはいえ、webSportivaの記事では高松商・長尾健司監督がこんな証言をされています。

(コロナ禍で試合数が極端に少なく)普通に試合できていたら浅野なら80本は打っていますよ

清宮幸太郎さん(早稲田実業)の111本には及ばないまでも、中村剛也さん(大阪桐蔭)の83本の記録には迫っていたかも?

ちなみに、打ち方については長尾健司監督から参考にと中村剛也さんの動画を見せてもらったそうです。

飛ばすにはパワーだけでなく技術が必要なんですね。

まとめ

今回は浅野翔吾の出身中学や小学校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 浅野翔吾さんの出身中学は香川県の高松市立屋島中学校。小学校は屋島小学校です。
  • 父親は幹司さんというお名前で元高校球児。少年野球チーム屋島シーホークスの代表でした。
  • 身長は172cmと小柄です。
  • 香川県高松市出身。2004年11月24日生まれの17歳です。(2022年8月現在)

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。