田中晴也の出身中学や小学校はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!

さあ、今回は新潟県にある日本文理高校の大型二刀流、田中晴也さんを紹介しましょう!
2022年秋のドラフト指名候補に名を連ねる田中晴也さん。なんと、投手として最速150KMの剛速球、野手としても高校通算20本塁打の超高校級の二刀流選手です!

プロ注目の二刀流、田中晴也さんのルーツとはいかに?

ということで、田中晴也の出身中学や小学校はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!と題して、田中晴也さんに迫ってみました。あらゆるエピソードに魅力たっぷりのポテンシャルが!なんと小学生時代から世界の舞台で活躍も?
是非、最後までお読みください!

田中晴也の出身中学

まず、こちらが田中晴也さん。

お名前の通り、とても晴れやかな笑顔が素敵な、ザ・高校球児、という印象です。

しかししかしこの田中晴也さん。この柔らかな表情からは想像がつかない、とてもパワフルなプレーが魅力のプロ注目選手なんです。

そんな田中晴也さんの出身中学は長岡市立南中学です。

新潟選抜チームに入り、中3秋の全国大会にも出場した田中晴也さん。当時の選手登録によると、なんと中3時点で身長が184センチ!当時の球種はストレート、カーブ、チェンジアップ。速球派の投手らしいシンプルな持ち球ですね!

高身長から繰り出す投球は、当時からきっと迫力満点だったことでしょう。

と、思い調べてみたところ、当時の投球動画を見つけることができました!(田中晴也投手は、1時間1分40秒頃、4回裏からの登板です)

堂々としたマウンドさばきは「超中学校球」という雰囲気。身長も高いですし、長岡市立南中学校でもきっと存在感を放っていたことでしょう。

田中晴也の出身小学校

田中晴也さんは長岡市立四郎丸小学校の出身です。この小学校、なんと明治7年発足で、2023年には150週年を迎える歴史ある学校。課外活動にも熱心です。

長岡市立四郎丸小学校時代は、赤城ベースボールクラブに入団し、学童野球に励まれた様です。このころの田中晴也さんはイチローさんや松坂大輔さんなど、日本人メジャーリーガーに憧れを抱いていたそう。

確かに、投げては松坂大輔さんなみの剛速球、打ってはイチローさんばりの柔らかいスイングと、現在のプレースタイルに影響を及ぼしているようにも思えます!田中晴也さんのお母さん曰く、イチローさんの影響で左打ちにしたようです!(参考情報:full Count 2022年7月11日)

憧れを持って練習すると、プレースタイルも似てくるのでしょうか!?

田中晴也の身長や年齢等のwikiプロフィール

田中晴也の身長

田中晴也さんの身長は186cmです。体重ですが、報道時期によって84kg、85kgといった情報もありますが、最新の情報では92kg。(球歴ドットコムより)

同程度の体格を持つプロ野球選手では、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が188cm、97kgでした!

なるほど、確かにがっちりした体型、どことなくリンクしますね!

高校生にして既に、メジャーでも大活躍した球界を代表する投手と、既に肩を並べる体格。今後のトレーニング次第では更に洗練されるでしょう!

プロ野球選手と比べても決して遜色がないフィジカルを既に持っているのは、プロ野球のスカウト陣も魅力に感じることでしょう。

田中晴也の年齢や誕生日(生年月日)

田中晴也さんの生年月日は2004年6月6日です。(週間ベースボールオンラインより)2022年9月現在の年齢は18歳ですね。

元北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹さんが6日6日のお生まれです。斎藤佑樹さんの様なファンに愛され、お客さんを呼べるプロ野球選手になってほしいですね!

田中晴也の出身地

田中晴也さんの出身地は新潟県長岡市です。

米どころ新潟、雄大な環境で大きな体を育まれたようですね!中学時代の活躍から、県外の高校からのスカウトや越境入学も十分に可能だったかと思います。

それでも地元新潟の日本文理高校に進学した地元愛の強さが伺えます。

新潟県出身の田中晴也さん、好きなプロ野球球団はどこなのでしょう。小学生当時は埼玉西武ライオンズのファンだったとか?(参考情報はこちら)

新潟県にはNPB球団はありませんが、近年、東京ヤクルトスワローズや横浜DeNAベイスターズが主催試合を行っていますプロ野球選手として「田中晴也地元新潟凱旋登板!」が実現すれば地元はきっと大盛り上がりですね。

田中晴也の血液型

田中晴也さんの血液型については情報を得ることができませんでした

大きな体と柔和な表情から醸し出す懐の深さからO型の様な気もします。また、甲子園では指のマメをつぶしながらも熱投をみせた田中晴也さん。その堂々かつ強い気持ちを持つ様子からB型の可能性も?

憶測に過ぎませんのでもちろんA型やAB型かもしれません!田中晴也さんの血液型にも今後注目したいところですね!

田中晴也のwikiプロフィール

  • 名前:田中 晴也(たなか はるや)
  • 出身:新潟県長岡市
  • 身長:186cm
  • 体重:92kg
  • 所属:日本文理高校

田中晴也さんの経歴

田中晴也さんは新潟県長岡市の出身です。お父さんの影響で7歳から野球を始めたそうです。

長岡市立四郎丸小学校時代は、赤城ベースボールクラブに入団し、小学校6年生時には新潟ジュニアベースボールクラブ台湾遠征選抜にメンバー入りしています。(球歴ドットコムより)

そしてその台湾遠征で、田中晴也さんは首位打者を獲得!これぞ、大器の片鱗ですね。(台湾遠征時のまだまだ幼さが残る田中晴也さんがこちらに!)

小学生当時から、地元では有名な選手だったことは想像に難くありません!

長岡市立南中学校に進学し、軟式野球部に入部。中学3年生時には伊豆市で開催された全国都道府県対抗野球大会に新潟県選抜として出場し、打っては3番、投げても主戦投手として活躍。

当時の選手登録には投手の他に、俊敏さが求められる遊撃手も担っていたことが記されています。この頃から、大きな体格に加え、高い身体能力も兼ね備える大型二刀流だったんですね。(当時の選手登録がこちら!)

高校は地元新潟県の日本文理高校。

2009年の夏の甲子園では決勝戦の中京大中京戦、9回2アウトからの怒涛の反撃で感動を生んだ新潟県高校野球の雄です。「日本文理の夏はまだ終わらなー-い!!」の名実況、懐かしいですね。

この当時、田中晴也さんは5歳。まだ野球を始める前ですね!入学を決める際や入学後、先輩の活躍を見聞きすることも、感化されることも多かったのではないでしょうか。

入学後すぐにコロナに見舞われ自粛期間に。この期間に田中晴也さんは変貌を遂げます。日本文理の鈴木崇監督が「見るからにデカくなっていた」と舌を巻くほどのビルドアップに成功。パワーアップした田中晴也さんへの期待はどんどんと高まっていきます。(当時の様子はこちら)

2年生夏には背番号1を付け甲子園に出場。全国の舞台でデビューを果たし、全国にその名が広まります。

そして、3年生夏。投打共にスケールアップ!投手として最高球速150km、打っては高校通算20本塁打。プロ注目の二刀流として甲子園にカムバック!2022年夏の甲子園はドラフト候補として注目を集めます!

初戦は長崎県代表海星高校。しかし、田中晴也さんは指のマメがつぶれる不運もあり敗退。試合後田中晴也さんは「勝自信を持って臨んでいたので悔しい」とコメント。(中日スポーツ 2022年8月8日記事より)

とはいえ、高い潜在能力への注目度は衰えず!ポテンシャルを評価され2022年のドラフト候補に挙げられています。本人は進学も視野に入れ進路を熟考中のよう。今後の進路についてどの様に舵を切るのでしょう。プロ志望届を出すのか、更なるレベルアップを求めて大学進学か、はたまた社会人野球へ?

注目の決断はいかに。今後の動向を要チェックですね!

田中晴也さんの成績

田中晴也さんの主な成績を纏めました。

<小学校時代>
新潟ジュニアベースボールクラブ台湾遠征選抜

<中学校時代>
全国都道府県対抗野球大会 新潟県選抜

<高校時代>
甲子園出場成績
第103回全国高等学校野球選手権大会
・投手成績 1試合 8回 被安打15 奪三振7 四死球4 自責点8 防御率9.00
・打者成績 1試合 5打数 1安打 打率.200

第104回全国高等学校野球選手権大会 出場
・投手成績 1試合 6回 被安打8 奪三振3 四死球1 自責点7 防御率10.05
・打者成績 1試合 4打数 1安打 打率.250

まとめ

今回は田中晴也の出身中学や小学校はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 田中晴也さんの出身中学校は新潟県の長岡市立南中学校、小学校は長岡市立四郎丸小学校です。
  • 身長は186cm、体重は92kgです。
  • 2004年6月6日生まれの18歳です。(2022年9月現在)
  • 超高校級の二刀流で注目される2022年ドラフト候補。ただ、進路について具体的に明言していません(2022年8月現在)

という結果になりました。如何でしたでしょうか。進路について明言はしていない田中晴也さんですが、勿論野球自体は続けるそうです!

次のステージでの更なる飛躍、いつかは幼少期に憧れたメジャーリーグ挑戦もあるのか!?ポテンシャル高き田中晴也さんの今後に大いに期待しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。