山川拓馬の出身高校や中学・小学校はどこ?身長と年齢等のwikiプロフィール!

たすきを持つ駅伝ランナー

今回は駅伝強豪校・駒沢大学でルーキーイヤーから活躍が期待されている長距離ランナー山川拓馬(やまかわたくま)さんをご紹介していきたいと思います。

山川拓馬さんは高校時代から地元・長野県を代表するランナーでしたが、2022年春に駒沢大学へと進学。ルーキーとして迎えた駅伝シーズンでもひときわ注目を集めた1人です。

22年全日本大学駅伝では4区を走り区間賞を獲得すると、23年箱根駅伝では5区で激走を披露。これからの飛躍が楽しみなランナーなんです。

では、山川拓馬の出身高校や中学・小学校はどこ?身長と年齢等のwikiプロフィール!と題し、山川拓馬さんについて詳しく解説してまいります。

ぜひ最後までお付き合いください。

山川拓馬の出身高校


(駒大スポーツ編集部インスタ@komaspo_officialより)

山川拓馬さんの出身高校は長野県上伊那農業高等学校です。マラソンの名ランナーとして活躍し、指導者としても手腕を発揮した伊藤国光さんの母校ですね。

長野県の陸上強豪校といえば佐久長聖高等学校が知られています。そんな強豪校が壁になり、高校時代は全国高校駅伝に出場することはありませんでした。(※伊那駅伝には出場)

それでもトラックの1500m、5000mでは県内予選をクリアしてインターハイに出場しており、長野県では指折りの実力者だったことがうかがえます。

卒業後は「実業団で活躍したい、オリンピックに出たい」との思いを胸に駒沢大学へと進学されました。(※コマスポ『陸上競技部 新入生特集2022』)

ちなみに、上伊那農業高等学校は長野県上伊那郡にある公立高校。農業高校なので、畑で農産物を育てたり、動物の世話をしたりといったカリキュラムが中心なのだそうです。山川拓馬さんはどんな勉強をされたのでしょうね。

山川拓馬の出身中学

山川拓馬さんの出身中学は長野県の箕輪町立箕輪中学校です。中学時代、すでに陸上ランナーとして地元では知られた存在だったようです。

おっ!というお名前が並んでいるこちらをご紹介。2018年全日本中学校陸上競技選手権大会3000m予選のリザルトです。(決勝は7位)

佐藤圭汰さんは現駒沢大、須山向陽さんは現早稲田大。当時からライバル関係だったことがわかりますね。

その他、2019年には都道府県対抗駅伝にも出場。2区区間4位の走りを披露しています。陸上部に所属するのは中学時代からのことですから、キャリアわずか数年ですでに頭角を現しつつあったんです。

山川拓馬の出身小学校

山川拓馬さんの出身小学校は基本的には明かされていません。ただ、中学校は箕輪中学校ですし、箕輪町の大出にお住まいだったようなので、箕輪町立箕輪北小学校の可能性が高いかと思われます。

ちなみに、コマスポのインタビューでは陸上を始めるきっかけについて。こちらのように語っています。(※コマスポ『陸上競技部 新入生特集2022』)

中学生の時に陸上を始めるか迷っていた。もともと小学生の時にマラソン大会が好きだったこともあり、友達と一緒に始めたことがきっかけ

つまり小学生時代は、陸上選手としていずれかの大会に出ていたということではないようです。今となってみれば、山川拓馬さんを陸上部へと誘った友達は、スゴいきっかけをつくった人物!

山川拓馬の身長や年齢等のwikiプロフィール

山川拓馬の身長

山川拓馬さんの身長は公式プロフィールには記載がないのですが、都道府県対抗駅伝のエントリーリスト167cmとの記載がありました。

ただ、中学時代のデータなので、現在ではもう少し伸びている可能性があります。

とはいえ、同級生の佐藤圭汰さんは184cmですから、だいぶ身長差がありますよね。

山川拓馬の年齢や誕生日(生年月日)

山川拓馬さんは2003年7月30日生まれで、年齢は19歳です。(2023年1月現在)

コマスポのインタビュー記事『陸上競技部 新入生特集2022』に紹介がありました。

2023年箱根駅伝のメンバーにエントリーした帰山侑大さんは2003年6月10日生まれ、伊藤蒼唯さんと佐藤圭汰さんは2004年1月生まれだそうです。

山川拓馬の血液型

山川拓馬さんの血液型についての情報はなく不明です。

参考までに、2022年全日本大学駅伝出走前のインタビューがこちら。

笑顔も見えますし、なんだかぴりぴりした緊張感はあまり感じさせませんよね。

緊張せず本番に強いタイプといえば…もしかすると血液型はO型かも?

山川拓馬の出身地

山川拓馬さんの出身地は長野県上伊那郡箕輪町です。

山川拓馬さんの活躍は、地元の広報誌『みのわの実』でたびたび取り上げられていました。

箕輪町ではスポーツ振興策の一環で「箕輪町町内一周駅伝大会」というのが開かれており、2022年の大会は実に第63回目の大会でした。山川拓馬さんが陸上競技の世界へと入っていくのも、そうした土地柄が影響していたのかもしれません。

山川拓馬のwikiプロフィール

  • 名前:山川拓馬(やまかわたくま)
  • 年齢:19歳(2023年1月現在)
  • 出身:長野県上伊那郡
  • 趣味:ゲーム
  • 所属:駒沢大学

山川拓馬の経歴

山川拓馬さんは小学生時代、マラソン大会が大好きだったそう。地元の箕輪町は毎年、町内一周駅伝大会が開かれている土地柄でしたから、走ることはすごく身近であったのかもしれません。

そんな山川拓馬さんは中学進学後、友人に誘われて陸上部へと入部。あっという間に頭角を現していきます。2018年には全中、19年には都道府県対抗駅伝で全国大会を経験。高校時代はインターハイに出場するなど、長野県期待の長距離ランナーに成長しました。

高校卒業後は駒沢大学へと進学。陸上伝統校でさらなる高みを目指します。そして、ルーキーイヤーの三大駅伝で期待以上の躍動!

これからどんなランナーに成長していくのか、すごく楽しみですね。

山川拓馬の成績

山川拓馬さんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2018年:全日本中学校陸上 3000m7位
  • 2019年:全国都道府県対抗駅伝 長野県3位(2区、区間4位)
  • 2021年:インターハイ 5000m16位
  • 2022年:全日本大学駅伝 駒沢大学優勝(4区、区間1位)
  • 2023年:箱根駅伝 駒沢大学往路優勝(5区、区間4位)

まとめ

今回は山川拓馬の出身高校や中学・小学校はどこ?身長と年齢等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 山川拓馬さんの出身高校は長野県上伊那農業高等学校、中学は箕輪町立箕輪中学校です。
  • 出身小学校の記録はありませんが、箕輪町立箕輪北小学校の可能性が高そうです。
  • 身長は167cm。(2019年時点)長野県上伊那郡箕輪町のご出身です。
  • 2003年7月30日生まれの19歳。(2023年1月現在)ルーキーイヤーの三大駅伝で素晴らしい活躍を見せています。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です