田澤廉の出身高校や中学はどこ?弟や身長等のwikiプロフィール!

スポンサーリンク


2021年の年始め、第97回箱根駅伝では13年ぶりに駒澤大学が総合優勝。その原動力となったのが2区を走った田澤廉(たざわれん)さんです!

田澤廉さんは2年生で迎えた箱根駅伝、2区で7人抜きを演じて一気に順位を回復。このエースの好走が駒大チームの士気を高め、優勝への大きな足がかりとなりました。

今回はそんな田澤廉さんにスポットを当てていきたいと思います。

では田澤廉の出身高校や中学はどこ?弟や身長等のwikiプロフィール!と題し、田澤廉さんについて詳しく解説していきましょう。

田澤廉の出身高校

田澤廉さんの出身高校は青森山田高等学校(普通科スポーツコース)です。

こちらは高校1年生当時の激走の様子です。(※日体大記録会5000m)

青森山田高等学校といえば青森県青森市にあるスポーツの名門校ですね。

青森山田高校は中高一貫校ですが、田澤廉さんは高校から入学されています。

田澤廉さんは2021年の箱根駅伝激走後に母校を訪問。青森山田高校公式サイトでは「箱根駅伝で活躍した田澤廉選手訪問」という記事で紹介されていました。

また、青森山田高校陸上部で監督として指導されているのは、田澤廉さんと同じく青森山田→駒澤大学へと進学した河野(こうの)仁志さん。(※後に実業団でも活躍)

高校時代は監督と主将という関係だったようです。

いつの日か、田澤廉さんも母校の指導者として戻ってくるかもしれませんね。

ちなみに青森山田高校は、卓球の福原愛さんやテニスの錦織圭さんといった世界レベルの選手も数多く輩出している高校です。

田澤廉の出身中学

田澤廉さんの出身中学は青森県八戸市の是川中学校です。

全国の都道府県別で争われる「天皇盃」という駅伝競走があります。

田澤廉さんは中学時代の2015年、第20回大会で青森県代表として出走。そのリザルト

田澤廉 所属:青森・是川中

とありました。

また、2021年の箱根駅伝後には母校を訪問。デーリー東北の記事「箱根駅伝総合優勝の駒大・田澤(是川中出)が母校訪問「夢諦めず努力を」」でも取り上げられていました。

記事では田澤廉さんが「苦しいときも諦めず、努力し続けていれば、夢や目標に近づけるはず」と後輩たちを激励したとあります。

これを受け、是川中学校の陸上部主将も「田澤廉さんと同じ場所で練習ができることを誇りに思う」と話していました。

田澤廉の弟

田澤廉さんには2学年下の田澤駿さんという弟がいます。そして田澤駿さんも陸上をやっているようです。

田澤駿さんは、田澤廉さんの母校・青森山田高校に在学していたと思われます。

2018年11月8日に行われた第54回東北高等学校徒競走大会の記録がこちら。

田澤駿さん3位!兄弟そろってスポーツ名門校出身で好成績。

当時高校1年生なので、順調であれば2021年春にご卒業されています。

ですが、気になる進学先については不明…

大学に進学されたのか、陸上を続けられているのかなどの情報は見つかりません。

田澤廉の身長や年齢等のwikiプロフィール

田澤廉の身長

田澤廉さんの身長は180cmです。

スポーツ報知の箱根駅伝選手名鑑に記載があります。

走っている姿だけではピンときませんが、チームメイトと並んでみると…


右から2番目が田澤廉さんです。陸上選手のなかでは高身長の部類だと思います。

ちなみに、足の速さには足の長さというよりも、膝から足首まで(下腿)の長さが重要だという研究結果もあるそうです。

田澤廉さんも計ってみるとやっぱり長いのでしょうか。

田澤廉の年齢や誕生日(生年月日)

田澤廉さんは2000年11月11日生まれ、年齢は20歳です。(2021年10月現在)

こちらの情報も箱根駅伝選手名鑑で確認ができます。

11月11日といえばポッキー&プリッツの日?

有名人ではタレントのダンプ松本さん、俳優のレオナルド・ディカプリオさんなどがいらっしゃるそうです。

田澤廉の出身

田澤廉さんの出身地は、青森県の八戸市(はちのへし)です。

田澤廉さんが卒業された是川小学校では「田澤廉応援プロジェクト」としてうちわが作られています。

地元の子どもにも愛されている証です!

スポンサーリンク


田澤廉のwikiプロフィール

  • 名前:田澤廉(たざわれん)
  • 年齢:20歳 (2021年10月現在)
  • 出身地:青森県八戸市
  • 所属:駒澤大学陸上部(主将)

田澤廉の経歴

長距離界では学生ナンバーワンとも言われている田澤廉さんが陸上競技をはじめたのは小学校のころ。

小学4年と5年生の時、ちびっ子健康マラソン青森大会「2010年度大会」・「2011年度大会」に参加され、共に優勝という記録が残っています。

その後の中学3年生では、3000mで全国大会に出場。高校時代ではアジアジュニア選手権大会の5000mで銀メダルを獲得!

この頃にはもう海外の選手とも肩を並べる力がついていることが分かりますね。

世界2位でも悔しいというところが田澤廉さんらしさでしょうか。

そんな田澤廉さんは、中学生の時から尊敬していた大八木弘明監督のいる駒澤大学に進学します。

田澤廉さんが中学生の時、大八木監督にサインを求めるエピソードが以下の動画で紹介されています。

そして大物ルーキーとしてさっそうと箱根駅伝に登場!

2021年の箱根駅伝では2区(各校のエースが集結する区間)を走り、13年ぶりの7度目の優勝に貢献。

今期から駒澤大学陸上部の主将を任されている田澤廉さん。

前主将の青山尚大さんはスポーツ報知の記事で、(田澤廉新主将の掛け声に対して)これまでめったに声を出すことはなかったので、珍しいですね。もう役割を理解して実践しているので安心して後を任せられます。」と言っています。

実力のみならず、リーダーシップ、存在感、そして何より自覚と責任感が田澤廉さんの人間的な魅力のようです。

田澤廉の成績

田澤廉さんの注目すべき成績は箱根駅伝だけではありません。その他の成績も少しご紹介しましょう。

第105回日本選手権(2021年5月)10000mでは 27分39秒21日本人学生歴代2位の記録を残しています。

写真は左側が田澤廉さんですね。右はチームメイトの鈴木芽吹さん。

2021年6月にはデンカアスレチックチャレンジカップ男子10000mで1位!

当時足の不調があり、五輪派遣標準記録の27分28秒はクリアならず…

ゴール後のインタビューでは

「自分の決めた目標をクリアできず残念」「学生トップは目標ではなく最低限。実業団の日本トップ選手にどれだけ近づけるかを目標にやっていきたい」と話しています。

視線の先には“世界”があります。いつか日本代表として表彰台の真ん中に立つ日がくるのを期待しましょう。

一方、次回の箱根駅伝では新しい主将となった田澤廉さんが見られます。駒澤大学連覇なるかも見逃せません!

まとめ

今回は田澤廉の出身高校や中学はどこ?弟や身長等のwikiプロフィール!と題しましてお送りしてまいりました。

  • 田澤廉さんの出身高校は青森県青森市の青森山田高校、出身中学は八戸市の是川中学校です。
  • 2つ下の弟は田澤駿さん。青森山田高校出身ですが、卒業後の進学先は不明です。
  • 青森県八戸市出身で2000年11月11日生まれの20歳。(2020年10月現在) 
  • 身長180cm、体重60kgです。

という結果になりました。

新主将となった田澤廉さんの活躍が今後楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です