ヴィンセント(東京国際大学)の出身高校や中学はどこ?兄弟や身長等のwikiプロフィール!

東京国際大学駅伝部の絶対エースとして君臨しているイェゴン・ヴィンセント(Yegon.Vincent)さんをご存知ですか?

ケニア出身のヴィンセントさんは2022年10月現在、東京国際大学4年生。大学生活ラストとなる駅伝シーズンを迎え、どんな走りを見せてくれるのか楽しみにされている陸上ファンも多いのではないでしょうか。

箱根駅伝では1〜2年生時に連続区間1位&区間新記録、2021年に10000mで日本学生歴代3位、22年3月パリハーフマラソンで2位となるなど、快進撃が止まらないヴィンセントさんに、ますます期待が高まっています。

今回の記事では『ヴィンセント(東京国際大学)の出身高校や中学はどこ?兄弟や身長等のwikiプロフィール!』と題し、ヴィンセントさんについて詳しくご紹介していきましょう。

では、最後までお付き合いください。

ヴィンセント(東京国際大学)の出身高校


ヴィンセントさんの出身高校はケニアのチェビルべレク(Chebirbelek)セカンダリースクールです。

日刊スポーツの記事から知ることができます。

Number Web(2021.1.3)の取材において、

「走るのは小さい頃から得意だったですけど、本気で走り始めたのは2016年頃からです。そこから少しずつ、走ることで食べていきたいな、と思うようになりました」

と語っています。参考までに外務省のサイトで確認すると、ケニアでは教育制度が日本と違い8・4・4制。つまり、日本で言えば高校1年生の頃にあたりますが、ケニアではセカンダリースクールの2年生ということになるようです。

ヴィンセント(東京国際大学)の出身中学

ヴィンセントさんの出身高校は同じくケニアのチェビルべレク(Chebirbelek)セカンダリースクールです。

前項でご紹介した通り、ケニアでは8・4・4制。日本式に当てはめると小学校8年、中高4年、大学4年といった感じのようですから、出身中学校といった場合はやはり、チェビルベレクセカンダリースクールとなるでしょう。

ヴィンセント(東京国際大学)の兄弟

ヴィンセントさんは5人兄弟の長男だそうです。2021年12月のスポーツ報知の記事に言及がありました。

Number Web(2021.1.3)の中で「ケニアの家族とか友人とか恋しくなっちゃいますね。まあそんなときは、SNSでやりとりしたり、あとはケニアの音楽聞いて気を紛らわせてますけど。」と語っています。

ご家族想いなところが垣間見られますね。

また、国士舘大学〜スズキに進んだライモイ・ヴィンセント(Raimon Vincent)さんという同じ長距離ランナーがいます。二人のヴィンセントさんは兄弟では・・・という噂がありましたが、どうやら血縁関係はないようです。

参考までに、こちらはスズキのライモイさん。

ヴィンセント(東京国際大学)の身長・体重等のwikiプロフィール

ヴィンセント(東京国際大学)の身長

ヴィンセントさんの身長は185cmです。

スポーツ報知・箱根駅伝選手名鑑に記載がありました。

他の外国人選手に比べても背が高いことがわかりますね。

ヴィンセント(東京国際大学)の体重

ヴィンセントさんの体重は68kgです。

身長と同じくスポーツ報知・箱根駅伝選手名鑑に記載がありました。

世界的モデルのようなスタイルです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

yegon Vincent(@yegon_vincent_kibet23)がシェアした投稿

ヴィンセント(東京国際大学)の年齢や誕生日(生年月日)

ヴィンセントさんの誕生日は2000年12月5日、年齢は21歳です。(2022年10月現在)

身長と同じくスポーツ報知・箱根駅伝選手名鑑に記載がありました。

ヴィンセント(東京国際大学)のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京国際大学駅伝部(@tiuekiden)がシェアした投稿

  • 氏名:イェゴン・ヴィンセント(Yegon.Vincent)
  • 年齢:21歳(2022年10月現在)
  • 誕生日:2000年12月5日
  • 出身:ケニア
  • 所属:東京国際大学駅伝部

ヴィンセント(東京国際大学)の経歴

ヴィンセントさんが陸上を始めたのはセカンダリースクール2年生の頃。ケニア時代の陸上に大きく関わっている人物が、FRIDAYなどのメディアで紹介されていた柳田主税さんです。

柳田主税さんはケニアでランニングチームを結成、その中から数多くの留学生を日本に送り込んだ人物。ヴィンセントさんもその1人でした。

FRIDAYの記事では、日本と関わりを持っておくとたとえ一流ランナーにはなれなくとも就職に有利だという裏事情にも触れていました。ヴィンセントさんも「言葉と練習方法を学ぶため」(日刊スポーツ)2019年4月来日し、東京国際大学経済学部に入学します。

もちろんご自身の走りに自信があったからでもありますが、ヴィンセントさんは5人兄弟の長男。そのあたりの責任感が後押ししたのかもしれません。

そんなヴィンセントさん、大学1年時に箱根駅伝予選会で初めてのハーフマラソンに挑み、全体3位の成績で東京国際大学の予選会トップ通過に貢献。そして箱根駅伝では3区を走り、8位で受け取った襷をトップに引き上げ、今までの区間記録を2分01秒更新する驚異的な区間新記録を樹立したのです。

大学2年時の箱根駅伝では2区を任され、14人抜きで東京国際大学を前年同様トップに立たせました。各大学のエースが集まる2区で14人抜きとは・・・エース中のエースですね。素晴らしい!

MVPにあたる『金栗四三杯』を留学生として初めて受賞したのも納得です。

また駅伝での活躍だけでなく、2021年12月4日日本体育大学長距離競技会10000mで27分24秒42の日本学生歴代3位(TIU留学生記録)をマーク!

さらに、2022年3月パリハーフマラソンでは自己記録を更新。

大学最終年での駅伝シーズンがますます楽しみですね。ヴィンセントさんから目が離せません。

ヴィンセント(東京国際大学)の成績

ヴィンセントさんの大学進学後の主な成績を紹介します。

  • 2019年:箱根駅伝予選会 ハーフマラソン 1時間02分23秒 3位
  • 2020年:箱根駅伝 東京国際大学 5位 (3区、区間1位、区間新記録)
  • 2020年:平成国際大学記録会10000m  27分38秒48
  • 2021年:箱根駅伝 東京国際大学 10位 (2区、区間1位、区間新記録)
  • 2021年:日本体育大学長距離競技会5000m 13分15秒 (日本学生新記録)
  • 2021年:出雲駅伝 東京国際大学 1位 (6区、区間1位)
  • 2021年:全日本大学駅伝 東京国際大学 5位 (3区、区間1位、区間新記録)
  • 2021年:日本体育大学長距離競技会10000m  27分24秒42 (日本学生歴代3位)
  • 2022年;パリハーフマラソン 2位(自己新記録)

まとめ

今回は『ヴィンセント(東京国際大学)の出身高校や中学はどこ?兄弟や身長等のwikiプロフィール!』と題してお送りして参りました。

  • ヴィンセントさんの出身中高校はチェビルべレクセカンダリースクールです。
  • 5人兄弟の長男です。
  • 身長は185cm、体重68kgです。
  • ケニア出身。2000年12月5日生まれの21歳です。(2022年10月現在)

という結果になりました。

今後もヴィンセントさんの活躍が楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です