三浦龍司の出身中学・高校・大学はどこ?両親(父・母)や身長・体重等のwikiプロフィール!

今回は男子陸上、世界を舞台に躍動中の三浦龍司(みうらりゅうじ)さんにスポットを当てていきたいと思います。

現役大学生アスリートの三浦龍司さんは、3000m障害を主戦場に活躍されており、1972年以来となるの日本記録を更新。2021年の東京オリンピックでは7位入賞を果たしました。

そんな三浦龍司さん、実は小さい頃から素晴らしい運動能力を備えていたとともにやっぱり超ポジティブだったとか…

今回は『三浦龍司の出身中学・高校・大学はどこ?両親(父・母)や身長・体重等のwikiプロフィール!』と題し、三浦隆司さんについて探っていきましょう。

三浦龍司の出身中学

三浦龍司さんは島根県の浜田市立浜田東中学校の出身です。中学時代にはすでに非凡な才能の片鱗を見せており、全日本中学校陸上競技選手権やジュニアオリンピックに出場。

地元を代表するランナーだったんです。

中学時は長距離やハードル種目をメーンに活躍。中学の陸上部に所属すると同時に、クラブチームの浜田ジュニア陸上教室にも所属。みっちりと陸上競技の基礎をつくったようです。

山陰中央新報の記事では当時、明るく楽しく陸上と向き合っていた三浦龍司さんの様子が恩師によって語られていました。

「いつもニコニコ」と明るさを振りまく半面、「負けん気が強く練習は手を抜かない」少年だったとか。

三浦龍司の出身高校

三浦龍司さんの出身高校は京都府京都市の洛南(らくなん)高等学校です。地元の島根から少し離れ、陸上の強豪校へと進学されています。

高校進学後、三浦龍司さんは主戦場を3000m障害へと変えていきます。

こちら高校3年時のインターハイ決勝時の映像です。

動画を見るとダントツで早い人が1人いると分かりますね(笑)

2019年日本選手権では8分39秒37を記録。2022年7月現在、U18日本記録として残っています。

すでに日本トップランクのランナーだったんです。

ちなみに洛南高等学校は、京都府京都市にある仏教系の私立高校。バスケットボール部、バレーボール部などが全国的に知られています。著名な卒業生では陸上短距離の桐生祥秀さん、中距離の阪口竜平さんだけでなく、体操の冨田洋之さん、俳優の佐々木蔵之介さん、静岡県知事の川勝平太さんなどがいらっしゃいます。

三浦龍司の出身大学の学部

三浦龍司さんは順天堂大学に進学されており、学部はスポーツ健康科学部です。

2022年7月現在、大学3年生ですね。

順天堂大学は駅伝の有力校としても知られていますが、三浦龍司さんは駅伝メンバーの一人としても存在感を発揮しています

3000m障害でリオ五輪に出場、箱根駅伝にも出場されていた塩尻和也さんに憧れ、順天堂大学へと進学されました。

ちなみに塩尻和也さんは大学時代、三浦龍司さんと同じスポーツ健康科学部で学ばれています。大学卒業後は富士通陸上競技部に所属し、現在も活躍中です。

三浦龍司の両親(父・母)

三浦龍司さんのご両親についての情報は明かされておらず、詳しいことは不明です。

実は三浦龍司さんは2021年5月、東京オリンピックテストイベントで日本記録(当時)を更新。レース前には「今日は母の日なのでプレゼントを贈る」とのメッセージを母親に送ったというエピソードが明かされています。

また、母親はメディアなどには一切出演されていませんが、山陰中央新報に手記が掲載されていました。

息子が学生時代にオリンピックという夢の大舞台に立たせて頂ける事は、今だに実感が湧かず戸惑ってます。
(中略)
これから何年陸上するかわかりませんが、病気、怪我(けが)に気をつけて、陸上を楽しんで欲しいと思います。
https://www.sanin-chuo.co.jp/articles/-/66223

と息子の活躍に驚きつつも、応援されています。

とてもいい親子関係なんですね。

三浦龍司の身長・体重や年齢等のwikiプロフィール

三浦龍司の身長

三浦龍司さんの身長は168㎝です。新聞報道などから知ることができます。

こちらの記者会見の写真ではサニブラウン・アブデル・ハキームさん、田中希実さんとの比較ができます。サニブラウン・アブデル・ハキームさんは身長190cm、田中希実さんは153cmということで、こんな身長差となります。

三浦龍司の体重

三浦龍司さんの体重は56㎏です。

身長が168㎝であることを考えると、男性としてはスリムな方と分かります。

三浦龍司の年齢や誕生日(生年月日)

三浦龍司さんは2002年2月11日生まれで年齢は20歳です。(2022年7月現在)

陸上競技では三浦龍司さんをはじめ、若さあふれる顔ぶれが躍動しているんですね。

三浦龍司の血液型

三浦龍司さんの血液型は公式情報ではありませんが、AB型という情報ありました。

Blood type・・・AB型
https://hanako.tokyo/column/locker-room/229860/

血液型AB型の陸上選手はあまりいないのだそうで、向いていないのでは?とも言われています。

とはいえ有名選手が一人もいないわけではなく、髙山峻野さん、飯塚翔太さんがAB型だそうです。

三浦龍司の出身

三浦龍司さんの出身は島根県浜田市です。2021年、三浦龍司さんが東京五輪3000m障害で決勝に進出された際には、地元は大変な大騒ぎだったようです。

三浦龍司のwikiプロフィール

  • 名前:三浦龍司(みうらりゅうじ)
  • 年齢:20歳(2022年7月現在)
  • 出身:島根県浜田市
  • 所属:順天堂大学陸上競技部

三浦龍司の経歴

三浦龍司さんが陸上競技を始めたのは小学校1年生の頃。地元の浜田ジュニア陸上教室に所属し、中学まで長距離走やハードルにて活躍していました。

当時の恩師・上ケ迫定夫さんは三浦龍司さんに対しこんな評価をされていました。

能力以上に、少年の性格にずっと着目していた。素直さと、内に秘めた強いハートだ」(※山陰中央新報

当時から他の子供達とは違った光るものをお持ちだったことがよくわかります。

三浦龍司さんは高校進学後、現在のメーン種目である3000m障害を始め、高校新記録など大きな記録を残してきます。

2022年7月現在、当時の高校記録(8分39秒37)は破られていません。

そんな三浦龍司さんは2020年に順天堂大学へと進学。2021年には日本記録を叩き出し、東京オリンピック出場を決めました。

オリンピックでは7位入賞という素晴らしい結果。日本人が決勝に出場できたこと自体が49年ぶりの快挙でした。

一方で、三浦龍司さんは駅伝へも取り組んでいます。


箱根駅伝を走るかどうかは賛否もあるようですが、順天堂大学陸上競技部の長門俊介監督の考えあってのことであるようです。

長門監督は取材にこう答えています。

欧米の選手は、もしかしたら計画的にハードリングの練習をやっているかもしれませんが、アフリカ勢はほとんどやっていないんじゃないですかね…。日本人は身長が低いので、その点を技術でカバーしなければいけないという考えもあるでしょうけど、ハードル技術にとらわれすぎて、走力が身につかなくても戦えません。
https://bunshun.jp/articles/-/47775?page=2

駅伝が三浦龍司さんの体力ある走りの源でもあるということですね。

また、こちらの動画1:10~では本命はトラックでのレースですが、大学の仲間とチームとして結果を出すためにも駅伝を頑張ることをお話されています。

三浦龍司の成績

三浦龍司さんの主要な大会成績はこちらです。

主要大会成績
2019年
兵庫リレーカーニバル:3000mSC 9位
日本選手権:3000mSC 5位
国体:5000m 7位
2021年
織田記念国際:3000mSC 2位
READY STEADY TOKYOー陸上競技:3000mSC 1位
日本選手権:3000mSC 1位
オリンピック:3000mSC 7位
https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/ryuji_miura/

2021年以降はもはや3000m障害では日本に敵なしという所でしょうか…

三浦龍司さんは20歳で今後もさらに成長していくでしょう。

世界でも大きな成績を残していくのが楽しみですね。

まとめ

今回は『三浦龍司の出身中学・高校・大学はどこ?両親(父・母)や身長・体重等のwikiプロフィール!』と題し、三浦龍司さんについて見てきました。

  • 三浦龍司さんは島根県の浜田市立浜田東中学〜京都市の洛南高等学校へと進学されました。
  • 2022年7月現在、順天堂大学スポーツ健康科学部の3年生です。
  • ご両親についての詳しい情報はなく不明です。
  • 2002年2月11日生まれの20歳。(2022年7月現在)身長168㎝、体重55㎏。
  • 日本記録保持者で2021年東京五輪3000m障害では7位入賞。さらなる飛躍が期待されています。

と分かりました。

読んで頂きありがとうございました。

箱根駅伝2022注目選手について紹介!気になる方はコチラ!

参考 箱根駅伝2022注目選手ゆるっとスポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。