小田卓朗の結婚した妻(嫁)や子供!出身高校・大学や年齢等のwikiプロフィール!

スピードスケートのスタート前

今回は男子スピードスケート2022年北京オリンピック日本代表の小田卓朗(おだたくろう)さんをご紹介したいと思います。

2018年平昌五輪では1000m、1500mに出場しともに5位入賞を果たしており“次こそメダル!”の思いを胸に、自身2度目の五輪に挑みます。

一方、そんな小田卓朗さんのプライベートな話題が気になる方も多いようですね。

では、小田卓朗の結婚した妻(嫁)や子供!出身高校・大学や年齢等のwikiプロフィール!と題し、小田拓朗さんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

小田卓朗の結婚した妻(嫁)

日本のスピードスケート界ではベテランの域に達している小田卓朗さんですが、ご結婚されたという情報は見つけることができませんでした。

SNSにもそれらしき女性の姿は見当たらないのですが、あえてプライベートを伏せているという印象も受けませんね。

こちらは加藤条治さんのアカウントから、同窓会?の様子です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joji KATO(@jojikato0206)がシェアした投稿

ということで、情報がない=未婚と考えていいのかも知れません。

なかなかのイケメンですから、女性からモテないわけではなさそうですが…

小田卓朗の子供

小田卓朗さんの子供についても情報がありませんでした。

こちらはフェイスブックのプロフィール写真に使われている写真です。むむ、お子さんが写り込んでますが?

2016年頃の写真と思われますが、このお子さんはお姉さんのお子さんだそうです。こんな感じで遊んであげているんですね。

小田卓朗さんご自身に仮にお子さんがいらっしゃったとしても、きっといいお父さんに違いありません。

小田卓朗の出身高校

小田卓朗さんの出身高校は山形県立山形中央高等学校です。

当時のスケート部監督には椿央(つばきひろし、現スピードスケートエリートアカデミーヘッドコーチ)さんがおられ、監督の指導のもと、素晴らしい成長を遂げています。

山形中央高校スケート部ログ』の過去記事(2010年10月)には

な・な・なんと3年生 小田卓朗が1500mで優勝しました。1分50秒60
私もかなり驚きましたが、本人はもっとビックリ」(※全日本距離別選手権で)

とあります。高校時代にすでに日本一だったんですね。スゴいです。

ちなみに山形県立山形中央高等学校は、山形県山形市にある公立高校。文武両道を掲げている通り、卒業生には有名アスリートがずらりと並んでいます。

スピードスケートの加藤条治さん、ウィリアムソン師円さんやフリースタイルスキーハーフパイプの鈴木沙織さんなどがいらっしゃいます。

小田卓朗の出身大学

小田卓朗さんの出身大学は早稲田大学で、学部はスポーツ科学部でした。

小田卓朗さんは大学時代、得意の1000m、1500mだけでなくチームパシュートでも活躍。2012、13年には日本学生氷上競技選手権のチームパシュートで優勝を飾っています。

小田卓朗の年齢や身長等のwikiプロフィール

小田卓朗の年齢や誕生日(生年月日)

小田卓朗さんは1992年7月13日生まれで、年齢は29歳です。(2022年2月現在)

JSF公式サイトの選手プロフィールに記載があります。

女子スピードスケートの北京五輪代表高木菜那さんと同い年ですね。

小田卓朗の身長

小田卓朗さんの身長は178cmです。

JOC公式サイトの選手データに記載があります。

2022年北京五輪代表内定の記者会見の様子がこちら。写真1枚目の1番右側が小田卓朗さんです。

比較すると、そんなに背が高いほうではないんですね。

小田卓朗の体重

小田卓朗さんの体重は2018年平昌五輪時のデータを参考にすると75kgだそうです。

数字からはちょっと細身に感じなくもないですが、やっぱり足の筋肉はスゴいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

読売新聞(@yomiuri_news)がシェアした投稿

小田卓朗の出身地

小田卓朗さんの出身地は北海道浦河郡浦河町です。浦河町の広報誌『広報うらかわ』には2022年北京五輪出場内定を伝える記事が掲載されていました。

ちなみに、ウィリアムソン師円さんとは出身高校が同じというだけでなく、中学校も同じだそうです。

そして、現在は茨城県水戸市に拠点を置いています。2017年には水戸市からスポーツ功労賞を贈られました。(※写真左は水戸市長の高橋靖さん)

小田卓朗のwikiプロフィール

  • 名前:小田卓朗(おだたくろう)
  • ニックネーム:ピスタチオ
  • 年齢:29歳(2022年2月現在)
  • 出身:北海道浦河郡浦河町
  • 趣味:天気予報、読書
  • 所属:株式会社開発計画研究所

小田卓朗の経歴

小田卓朗さんがスケートを始めるのは7歳の頃、姉の影響を受けてのことでした。地元の浦河東部スケート少年団に所属し、技術を磨いたそうです。

スケートリンクは町営なんですね。

そして、中学卒業とともにスケートの名門校・山形県立山形中央高等学校へと進学。椿央さんという指導者にも恵まれ、一気に全国クラスのスケーターへと成長していきました。

高校3年生のときには全日本距離別選手権1500mで優勝。W杯代表への足がかりとしています。卒業後は早稲田大学へと進学しました。

卒業後の2017年にはアジア大会1000mで優勝。2018年には自身初のオリンピックとなる平昌大会へと出場。1000m、1500mともに5位となる力走を披露しています。

2022年には2度目の五輪、北京大会が待っています。リラックス法も心得たもの?

どんな滑りを見せてくれるのか楽しみですね。

小田卓朗の成績

小田卓朗さんのこれまでの主な成績を簡単にご紹介します。

2017年には1000mと1500mの当時の日本記録を出しています。

  • 2010年:全日本距離別選手権 1500m優勝
  • 2011年:全日本ジュニア選手権 総合優勝
  • 2012年:日本学生氷上競技選手権 早稲田チームパシュート優勝
  • 2013年:日本学生氷上競技選手権 早稲田チームパシュート優勝
  • 2014年:日本学生氷上競技選手権 1000m優勝
  • 2016年:全日本距離別選手権 1000m2位、1500m4位
  • 2016年:世界距離別選手権 1500m9位
  • 2016年:W杯カザフスタン 1000m3位
  • 2017年:アジア競技大会 1000m優勝、1500m2位
  • 2017年:全日本距離別選手権 1000m優勝、1500m優勝
  • 2018年:平昌五輪 1000m5位、1500m5位
  • 2018年:全日本距離別選手権 1000m2位、1500m2位
  • 2018年:全日本選手権 1500m優勝
  • 2019年:世界距離別選手権 1500m12位
  • 2020年:W杯カザフスタン 1500m5位

まとめ

今回は小田卓朗の結婚した妻(嫁)や子供!出身高校・大学や年齢等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 小田卓朗さんの結婚・妻(嫁)や子供に関する情報は見つけることができませんでした。
  • 出身高校は山形県立山形中央高等学校、大学は早稲田大学です。
  • 北海道浦河郡浦河町出身、1992年7月13日生まれの29歳です。(2022年2月現在)
  • 2018年平昌五輪では1000m、1500mとも5位入賞。2022年北京での快走に期待が高まります。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2022年北京オリンピック男子スピードスケート代表の新浜立也さんについて紹介しています!気になる方はコチラ!

スピードスケートのイメージ新浜立也の身長・体重や年齢等のwikiプロフィール!出身高校や大学はどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。