菊池悠希のかわいい画像!出身高校や大学はどこ?インスタや誕生日等のwikiプロフィール!

スピードスケートのイメージ

今回は日本の女子スピードスケートショートトラックで活躍中の菊池悠希(きくちゆうき)さんをご紹介したいと思います。

2018年平昌〜2022年北京とオリンピックには2大会連続で出場。以前、大怪我に見舞われながらも見事に復活した強い精神力の持ち主で、北京五輪での滑りが期待されています。

そんな菊池悠希さん、可愛らしいビジュアルや、姉や妹も世界レベルのスケーターということで注目されている存在でもあります。

では、菊池悠希のかわいい画像!出身高校や大学はどこ?インスタや誕生日等のwikiプロフィール!と題し、菊池悠希さんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

菊池悠希のかわいい画像

菊池悠希さんはすごく可愛らしい感じの女性です。

まずは、菊池悠希さんのインスタからこちら。写真3枚目は8歳の頃だそうですがすでに氷の上!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Kikuchi(@yukikikuchi_ana)がシェアした投稿

続いて、北京五輪に向けての“頑張ります”メッセージです。笑顔でお話しされている姿がとってもキュートですね。

そして、姉の彩花さんのインスタからはこちら。写真右上が菊池悠希さんですね。姉妹はみなさん美しくてかわいいんです!

菊池悠希の出身高校

菊池悠希さんの出身高校は長野県小諸(こもろ)商業高等学校です。

長野県小諸商業高等学校公式サイトのTOPICSには、菊池悠希さんの2022年北京五輪出場内定を伝える記事が投稿されていました。

本校卒業生の菊池悠希選手が、来年2月に開催される北京冬季オリンピックのスピードスケートショートトラック代表に選ばれました。本校を卒業して活躍する姿は生徒にとってとても刺激になるものです。小諸商業は菊池選手を応援しています、頑張ってください!!

まさに誇れる卒業生ですね。

ちなみに長野県小諸商業高等学校は長野県小諸市にある公立高校。部活動は野球部や柔道部が強豪として知られているようです。

菊池悠希の出身大学

菊池悠希さんの出身大学は立教大学です。

立教大学校友会の公式フェイスブックには、こんな応援メッセージが投稿されています。

菊池悠希さんは2015年春に経営学部を卒業されています。母校の後輩に贈った言葉は「努力と挑戦」!

立教大学のスケート部にはスピード部門とフィギュア部門があり、菊池悠希さんはスピード部門でした。

菊池悠希のインスタ

菊池悠希さんはご自身のインスタアカウント@yukikikuchi_anaをお持ちで、スケート関連の画像を中心に投稿されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Kikuchi(@yukikikuchi_ana)がシェアした投稿

あまり更新頻度は高くないのですが、どちらかというと報告系の投稿が多いので、ファンの方はぜひチェックしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Kikuchi(@yukikikuchi_ana)がシェアした投稿

菊池悠希の誕生日や血液型等のwikiプロフィール

菊池悠希の年齢や誕生日(生年月日)

菊池悠希さんは1990年7月24日生まれで、年齢は31歳です。(2022年2月現在)

時事通信公式サイトの2022年北京五輪選手プロフィールで確認ができます。

同じくスピードスケートショートトラックに出場する妹・純礼(すみれ)さんは1996年1月15日生まれの26歳だそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sumire Kikuchi(@kikuchi.su_115)がシェアした投稿

菊池悠希の血液型

菊池悠希さんの血液型は公式プロフィールに記載はないのですが、AB型という情報がありました。

公表されているデータを参考にすると、スピードスケートにはO型が多く、フィギュアスケートにはB型が多いのだとか。

ただ、ショートトラックではAB型の方(横山世奈さん、渡邉碧さんなど)もおられますから、意外に向いているのかも知れませんね。

菊池悠希の出身地

菊池悠希さんは長野県南佐久郡南相木(みなみあいき)村の出身です。

2018年平昌五輪後には村民栄誉賞を受賞されていました。

ちなみに、父・毅彦さんは南相木村の村長を務められた経験をお持ちです。家族はみなさん、地元の有名人なんです。

菊池悠希のwikiプロフィール

  • 名前:菊池悠希(きくちゆうき)
  • 年齢:31歳(2022年2月現在)
  • 出身:長野県南佐久郡
  • 趣味:カフェ巡り
  • 影響を受けた人物:母親
  • あこがれの選手:長島圭一郎
  • 所属:ANA

菊池悠希の経歴

菊池悠希さんは地元では知られた5人姉妹の三女

  • 長女:真里亜(まりあ、美容室経営)
  • 次女:彩花(あやか、2018年平昌五輪チームパシュート金メダリスト〜引退)
  • 三女:悠希(ゆうき、2018年平昌、2022年北京五輪出場)
  • 四女:萌水(もえみ、2014年ソチ五輪代表)
  • 五女:純礼(すみれ、2018年平昌、2022年北京五輪出場)

全員がスケート選手、もしくは経験者であるばかりではなく、母もスケートの選手だったと言います。スゴいスケート一家なんです。

クラブに入り本格的にスケートを始めるのは小学生の頃。長姉の真里亜さんが中学時代までスケートをやられていたこともあり、ごく自然な形でスケートの世界へと入っていったようです。

小中学生時代は南相木村のスケートクラブ〜帝産アイススケートリンク(南牧村)のクラブチームで腕を磨きました。

立教大学進学後は米ソルトレイクシティーへのスケート留学も経験しています。

そんな菊池悠希さんですが、順調にオリンピアンへの道を駆け上がっていったわけではなく、大きな怪我も経験されています。ソチ五輪の前、2012年に右足を骨折し翌13年に手術。ソチ代表に決まった妹・萌水さんの応援にも行かず「姉妹そろってオリンピックの舞台に立ちたい」という思いを強くしたのだとか。

立教大学卒業後の2016年にはANAに就職。そして、願いは実現。2018年平昌五輪へ、姉妹での出場を手にしました。

ANAのインタビューではこちらのように語っています。

出会うものすべての感謝して、笑顔でいることで、不思議と今までとは違う気づきがあったり、多くのサポートを得ることにつながったり、結果として良いことづくめなんです

笑顔の理由はそんなところにあったんですね。

2022年北京五輪では、2度目の五輪にチャレンジします。

北京でもぜひ魅力的な笑顔を見せていただきたいですね。

菊池悠希の成績

菊池悠希さんのこれまでの主な成績を簡単にご紹介します。

  • 2017年:全日本ショートトラック距離別選手権 500m優勝、1500m3位
  • 2018年:全日本ショートトラック選手権 総合優勝
  • 2018年:全日本ショートトラック距離別選手権 1000m優勝、1500m優勝
  • 2018年:平昌五輪 3000mリレー5位
  • 2019年:全日本ショートトラック距離別選手権 総合3位
  • 2021年:国民体育大会 ショートトラック1000m3位

まとめ

今回は菊池悠希のかわいい画像!出身高校や大学はどこ?インスタや誕生日等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 菊池悠希さんは笑顔がかわいい女性でインスタ@yukikikuchi_anaにも素敵な画像をアップされています。
  • 出身高校は長野県小諸(こもろ)商業高等学校、大学は立教大学です。
  • 長野県南佐久郡南相木村出身、1990年7月24日生まれの31歳です。(2022年2月現在)
  • 5人姉妹の三女。2022年北京五輪へは妹・純礼さんと姉妹揃って出場されます。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2022年北京オリンピック女子ショートトラック代表の神長汐音さんについて紹介しています!気になる方はコチラ!

ショートトラックのイメージ神長汐音の身長や年齢等のwikiプロフィール!出身高校や大学はどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。