冨田せなの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!

スノーボードのイメージ

今回は姉妹ライダーとしてW杯などで活躍中のプロスノーボーダー冨田せな(とみたせな)さんをご紹介したいと思います。

2018年平昌五輪スノーボード・ハーフパイプに出場、8位入賞を果たしている冨田せなさん。大怪我に見舞われつつも見事に復調し、W杯で躍動するなど姉妹揃っての2022年北京五輪出場を目指しています。

そんな冨田せなさんとはどんなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

では、冨田せなの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!と題し、冨田せなさんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

冨田せなの出身大学

冨田せなさんは新潟県の全日本ウィンタースポーツ専門学校で学ばれ、2019年春にご卒業されました。専攻はスノーボードプロフェッショナル養成科です。

冨田せなさんが進学されたのは平昌五輪出場後。また、すでにプロ資格を得ており、トップレベルのスキルをお持ちだったことは想像できますが、全日本ウィンタースポーツ専門学校卒業後はこちらのように語っています。

一年間JWSC(全日本ウィンタースポーツ専門学校)で身体をつくることができて、ハーフパイプの安定性、とくにボトムランの安定性が増し、ハーフパイプだけでなく、スロープスタイルにおいても変化を感じ、JIB(ジブ)でいろいろできるようになりました

ということで、在校時のトレーニング・経験が現在につながっていることは間違いなさそうですね。

全日本ウィンタースポーツ専門学校は公式サイトによると、日本唯一のウィンタースポーツ専門学校。これまでに多くのプロスノーボーダーを輩出しているほか、2022年1月現在、妹・るきさんが在学中です。

冨田せなの出身高校

冨田せなさんの出身高校は新潟県胎内市にある開志国際高等学校です。同じくスノーボーダーの平野歩夢さんも同校の卒業生でした。

冨田せなさんはアスリートコーススノーボード専攻で3年間学ばれ、3年生時(2018年)には平昌オリンピックに出場。8位入賞を果たしています。

ちなみにスノーボード部のヘッドコーチは平野英功さん、平野歩夢さんの父親が務めています。こんなに何人ものオリンピアンを育て上げたのですから、指導者としての手腕がどれだけスゴイかがわかりますね。

冨田せなの姉妹

冨田せなさんの妹・冨田るきさんもプロスノーボーダーです。

冨田るきさんは姉・せなさんの2つ下で年齢は20歳。(2022年1月現在)姉と同じ開志国際高等学校を卒業後、全日本ウィンタースポーツ専門学校へと進学されています。

プロ資格を得たのが小学6年生の頃!姉以上の早熟ライダーなんです。

冨田るきさんについては別記事で紹介しています!気になる方はコチラもチェック!

ピンクのスノーボード冨田るきの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!

冨田せなの身長や年齢等のwikiプロフィール

冨田せなの身長

冨田せなさんの身長は160cmです。

2018年平昌五輪の公式プロフィールに記載があります。こちらはインスタから、同い年の今井胡桃さんとの2S。今井胡桃さんの身長は148cmだそう。頭の位置を合わせてますよね?

冨田せなの年齢や誕生日(生年月日)

冨田せなさんは1999年10月5日生まれで、年齢は22歳です。(2022年1月現在)

こちらはインスタから、2021年のバースデー報告です。スゴいケーキ!

冨田せなの出身地

冨田せなさんの出身地は新潟県妙高市です。

冨田せなさんの活躍は地元新潟のメディアを中心にこれまでたくさん取り上げられており、その中で紹介されています。

ご両親は元々、愛知県のご出身。スノーボードがお好きだったために新潟県妙高市に移住されたのだとか。

つまり、プロスノーボーダーの冨田姉妹はこの地に生まれるべくして生まれてきたといえるでしょう。

冨田せなのwikiプロフィール

  • 名前:冨田せな(とみたせな)
  • 年齢:22歳(2022年1月現在)
  • 出身:新潟県妙高市
  • 血液型:O型
  • 好きな食べ物:アイスクリーム、餃子
  • 所属:チームアルビレックス新潟

冨田せなの経歴

冨田せなさんがスノーボードを始めるのは3歳の頃。スノーボード好きのご両親の影響を受けてのことでした。

ご両親はスノーボードのために移住をされるほどスノーボード愛にあふれた方。その影響を受けないわけがありませんよね。

小学1年生の時にはすでにハーフパイプの大会に出場されていたといいますから、スゴすぎます。順調に腕を上げた冨田せなさんは、中学1年でプロツアー「HASCO presents PSA OPEN」で3位となりプロ資格を取得します。

全日本選手権で3位となるのは2015年、中学3年生の時。2017年からW杯に本格参戦し実績を積むと、2018年には平昌五輪へと出場。8位入賞を果たします。

実はその後、怪我のため引退の危機に直面する事態に見舞われました。Standard新潟のインタビュー記事では

決勝を前にした公開練習で転倒、脳震盪のため決勝を棄権した。帰国後に精密検査したところ、強く脳が揺れることにより意識消失が起きてしまうびまん性軸索損傷との診断。3ヵ月間安静の大けがだった

とあります。

ですが、ご両親の支えや妹・るきさんの頑張りも刺激となり、見事に復調。2021−22年シーズンのW杯では表彰台も経験するなど、高いレベルで安定感を見せています。

目標はもちろん、姉妹揃っての北京五輪。

今後の頑張りに注目が集まります。

冨田せなの成績

冨田せなさんのこれまでの主な成績を簡単にご紹介します。

2022年1月のW杯アメリカでは冨田るきさんが優勝、冨田せなさんが3位という成績でした。姉妹で表彰台に上っています。

  • 2015年:全日本スキー選手権スノーボードHP 3位
  • 2016年:全日本ジュニアスキー選手権スノーボードHP 2位
  • 2017年:全日本ジュニアスキー選手権スノーボードHP 2位
  • 2017年:W杯中国 2位
  • 2018年:平昌五輪スノーボードHP 8位
  • 2018年:全日本ジュニアスキー選手権スノーボードHP 2位
  • 2018年:全日本スキー選手権スノーボードHP 優勝
  • 2019年:W杯カナダ 3位
  • 2019年:全日本スキー選手権スノーボードHP 優勝
  • 2019年:W杯アメリカ 2位
  • 2021年:W杯スイス 3位
  • 2021年:W杯アメリカ 3位
  • 2021年:全日本スキー選手権スノーボードHP 4位
  • 2021年:W杯アメリカ 2位
  • 2022年:W杯アメリカ 3位

まとめ

今回は冨田せなの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 冨田せなさんは平昌五輪後、全日本ウィンタースポーツ専門学校に進学。2019年に卒業されました。
  • 出身高校は新潟県の開志国際高等学校です。
  • 2つ下の妹は冨田るきさん、姉と同じくプロスノーボーダーです。
  • 新潟県妙高市出身で身長は160cm、1999年10月5日生まれの22歳です。(2022年1月現在)

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2022年北京五輪スノーボードの日本代表チームについて紹介しています!気になる方はコチラ!
小野光希の出身高校や中学・小学校はどこ?父親や血液型等のwikiプロフィール!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です