竹内智香の結婚相手や卵子凍結で子供を出産?若い頃の画像やアイヌのハーフ?

スキー大回転のイメージ

今回は2022年北京オリンピックで自身6回目のオリンピック出場を果たすスノーボード女子大回転の竹内智香(たけうちともか)さんをご紹介したいと思います。

竹内智香さんは高校時代の2002年、ソルトレイクシティー大会でオリンピック初出場を果たすと、2014年のソチ大会では銀メダルを獲得。2018年平昌大会後に一時競技を離れたものの、2022年北京大会にはもう一度金メダルに挑戦するチャンスを得ました。

そんな竹内智香さんですが、2022年1月現在38歳。卵子凍結をされたことでも話題となっています。

では、竹内智香の結婚相手や卵子凍結で子供を出産?若い頃の画像やアイヌのハーフ?と題し、竹内智香さんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

竹内智香の結婚相手

竹内智香さんの結婚についての明確な情報は得ることができませんでした。

ですが、2020年には卵子凍結を公表。Number Webのインタビュー記事では、この件についてご説明されています。

本当に欲しいのかどうかも含め、子どもを持つことについても考えました。自分自身がこの先の人生をどのように生きていきたいのかを考える良い機会になりました

と語っています。明確にパートナーがいて、子どもを産む意思があって…ということなのかどうかはよくわかりません。

いずれにせよ、プライベートも割にオープンに情報発信されるタイプの方のようですから、ご結婚されたのであれば何らかの報告があってもよさそうですよね。

ということで、2022年1月の段階では未婚の可能性が高いのではないかと考えられます。もしかすると、現役引退後に結婚発表があるかも?

竹内智香は卵子凍結で子供を出産?

前述の通り、竹内智香さんは2020年に卵子凍結を公表されました。Number Webの記事では

今の私にとって、子どもを産んでカムバックするというのは現実的な選択ではありませんでした

と語っており、現状では子供はおらず、あくまで未来の可能性のための選択だったことを明らかにしています。

ちなみに卵子凍結とは、正確には「卵子凍結保存」のこと。担当医・藤原敏博さんが院長を務めるフェニックスアートクリニック公式サイトによると「現時点では結婚はしていないが、将来の妊娠に備え、未受精卵の状態で保存しておく社会的適応の卵子凍結(※竹内智香さんが行ったもの)を行っております」としています。

チャンスが訪れた時に凍結した卵子を融かし体外受精。その後、母体に戻して妊娠するという手順を踏みます。

竹内智香さんは2022年1月現在、38歳。年齢とともに卵子が老化していくことと競技生活を送ることの2つを考慮した選択だったわけですね。

いつの日か2世誕生の報告がなされることを楽しみにしたいと思います。

竹内智香の若い頃の画像がかわいい

2022年現在でもこんなに素敵な竹内智香さんですから、“若い頃はどうだったの?”と思う方も少なくないようですね。

2002年初五輪となるソルトレークシティー五輪日本選手団のプロフィール写真をご覧いただくとわかりますが、やっぱりかわいい!

さらに、競技中の写真はこちら。(※gettyimages)当時はクラーク記念国際高等学校在学中の女子高生でした。

そして2009年の写真がこちら。青いキャップの女性が竹内智香さんです。

もうひとつ、2012年の写真。一番後ろの列の左端に!

以前から魅力的な女性だったことがわかりますね。

竹内智香はアイヌのハーフ?

竹内智香さんのご実家は旭川旭岳温泉の「湯元 湧駒荘(ゆこまんそう)」という温泉旅館。経営されているのは父親・隆治さんと母親・裕子さんです。ですから「ハーフ」につながるような情報は見つかりません

湧駒荘公式サイトによると、ゆこまんそうとは「アイヌ語で“湯の向こうの沢”を意味する“ユコマンベツ”から湧駒荘と命名」されたのだとか。

土地柄などからアイヌ文化との関わりは想像できますが、それ以上のことについてはよくわかりません。

竹内智香の年齢や身長・体重等のwikiプロフィール

竹内智香の年齢や誕生日(生年月日)

竹内智香さんは1983年12月21日生まれで、年齢は38歳です。(2022年1月現在)

こちらはインスタから、2021年のバースデー報告です。

スノージャパンのスノーボードアルペンチームでも最年長でした。

竹内智香の身長

竹内智香さんの身長は165cmです。

公式サイトの竹内智香プロフィールに記載があります。

女子マラソン金メダリスト高橋尚子さんとの豪華な2S!高橋尚子さんの身長は163cm。ということで並ぶとこんな感じですね。

竹内智香の体重

竹内智香さんの体重は62kgだそうです。こちらも公式プロフィールに記載がありました。

アスリートヨガの公式YouTubeチャンネルからこちら。かな〜り鍛え上げられた体なんです。

竹内智香の出身地

竹内智香さんの出身地は北海道旭川市です。

ただ、前述したご実家の湧駒荘は上川郡にありますから、現在はこちらの出身と言っても良いのかも知れませんね。

竹内智香のwikiプロフィール

  • 名前:竹内智香(たけうちともか)
  • 年齢:38歳(2022年1月現在)
  • 出身:北海道旭川市
  • 血液型:A型
  • 趣味:旅行、ヨガ、ゴルフ
  • 座右の銘:locker bleiben(ドイツ語:ありのまま、気軽に楽しんで!)
  • 所属:広島ガス

竹内智香の経歴

竹内智香さんは「覚悟の瞬間」というサイトで、スノーボードを志すきっかけなどについて語っていました。

小学校の頃からスキーは上級者クラスだったそうですが、スノーボード転向のきっかけは1998年の長野オリンピック。目にしたスノーボード競技に衝撃を受け、五輪出場を決意されたのだとか。当初はスノーボード部がある北海道上川高等学校に入学されたものの、その後クラーク記念国際高等学校に転校。スノーボードの道を突き進みます。

そんな竹内智香さんはソルトレイクシティー大会で五輪初出場。さらにトリノ〜バンクーバー〜ソチ〜平昌と連続で五輪出場を果たしています。そして2014年、ソチ大会で銀メダル!

ただ、競技生活は決して順調だったわけではなく、2016年には左膝の前十字靭帯断裂の大怪我を負っています。

また、2018年平昌五輪後は一旦、競技生活を退きます。

引退撤回の後押しとなったのは、元スピードスケートの金メダリスト清水宏保さんの「やれるならやったほうがいい」との言葉だったそうです。

そして2022年には自身6度目のオリンピック、北京五輪への出場が決まりました。

大ベテランの真骨頂をぜひ大舞台で披露していただきたいと思います。

竹内智香の成績

竹内智香さんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2000年:南アメリカカップ パラレルGS優勝
  • 2001年:全日本選手権 大回転2位
  • 2002年:ソルトレイクシティー五輪 パラレルGS22位
  • 2002年:全日本選手権 大回転3位
  • 2003年:全日本選手権 パラレル回転、パラレルGS優勝
  • 2006年:トリノ五輪 パラレルGS9位
  • 2006年:全日本選手権 パラレルGS優勝
  • 2006年:全日本選手権 パラレルGS優勝
  • 2009年:世界選手権 パラレルGS4位
  • 2010年:バンクーバー五輪 パラレルGS13位
  • 2012年:全日本選手権 パラレルGS優勝
  • 2012年:W杯イタリア パラレルGS優勝
  • 2014年:ソチ五輪 パラレルGS2位
  • 2015年:世界選手権 パラレルGS3位
  • 2015年:全日本選手権 大回転優勝
  • 2018年:平昌五輪 パラレルGS5位

まとめ

今回は竹内智香の結婚相手や卵子凍結で子供を出産?若い頃の画像やアイヌのハーフ?と題してお送りしてまいりました。

  • 竹内智香さんが結婚されたという情報は見つけることができませんでした。
  • 2020年に「社会的適応の卵子凍結」を行ったことを公表しましたが、実際の妊娠・出産は現在のところありません。
  • 若い頃の画像は少ないものの、すごくかわいらしい女性でした。
  • 2018年平昌五輪後一時引退するも復帰、2022年には北京五輪へと出場されます。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。