冨田るきの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!

ピンクのスノーボード

スポンサーリンク


今回はスノーボード・ハーフパイプで活躍中の女子スノーボーダー冨田るき(とみたるき)さんをご紹介したいと思います。

冨田るきさんは小学6年生でプロ資格を取得したという驚異の早熟ライダー。姉の冨田せなさんとともに姉妹で2022年北京五輪出場なるかが注目されています。

そんな冨田るきさんとはどんなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

では、冨田るきの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!と題し、冨田るきさんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

冨田るきの出身大学

冨田るきさんは2022年1月現在、全日本ウィンタースポーツ専門学校に在学中。2022年春に卒業される予定です。

全日本スキー連盟の公式プロフィールには所属が「チームJWSC」となっていますが、全日本ウィンタースポーツ専門学校のことを指します。専攻はもちろん「スノーボード専攻」ですね。

USP Japanの記事によると、

新潟は妙高に住んでいる冨田家は、全日本ウィンタースポーツ専門学校(JWSC)の隣にある。スノーボードが大好きな両親が妙高に移住。偶然か、隣にはプロスノーボーダーやオリンピアンを多く輩出しているJWSCがあるのだ。JWSCの講師や生徒、卒業生に妹のように可愛がられていつの間にか大きくなっているという印象だ

とのことでした。ごくごく自然な流れの中でスノーボードに接し、全日本ウィンタースポーツ専門学校に進学したということがわかりますね。

全日本ウィンタースポーツ専門学校は公式サイトを参考にすると、日本で唯一のウィンタースポーツ専門学校で、ウィンタースポーツに関わる人材の育成を行っています。

スノーボードでオリンピック出場経験がある藤森由香さん広野あさみさん、そして姉の冨田せなさんもこちらの卒業生でした。

冨田るきの出身高校

冨田るきさんの出身高校は新潟県胎内市にある開志国際高等学校です。コースはアスリートコース、姉の冨田せなさんや平野歩夢さんもこちらの卒業生でした。

冨田るきさんは高校時代、2020年のワールドカップで4位に入るなど、すでに世界で活躍されていました。冨田るきさんの活躍は、公式のSNSでも紹介されています。

ちなみに開志国際高等学校は新潟県胎内市の私立高校で、2014年設立という比較的新しい学校です。部活動はバスケットボール部が強豪で、インターハイ出場経験を持ちます。

また、著名な卒業生にはプロゴルファーの高橋彩華さんがいらっしゃいました。

冨田るきの姉妹

冨田るきさんの姉は同じくスノーボーダーで平昌五輪にも出場した冨田せなさんです。顔立ちがそっくり!

冨田せなさんは1999年10月5日生まれで、妹・るきさんの2つ上。スノーボードを始めた経緯や出身校などはほぼ一緒です笑

幼い頃から姉妹2人で切磋琢磨してきたんですね。

冨田せなさんは開志国際高等学校在学中の2018年平昌五輪に出場、8位入賞という結果を残しています。2022年北京五輪には姉妹揃っての出場を目指しています。(※2022年1月13日現在)

実は冨田せなさんは平昌五輪後、怪我に見舞われ引退の危機も経験。競技中の転倒による脳震盪〜びまん性軸索損傷という大怪我でした。

それだけに、姉妹揃っての五輪出場が達成されれば喜びもひとしおですね。

冨田せなさんについては別記事で紹介しています!気になる方はコチラもチェック!

スノーボードのイメージ冨田せなの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!

冨田るきの身長や年齢等のwikiプロフィール

冨田るきの身長

冨田るきさんの身長は157cmです。

マネージメント契約を結んでいるCloud9のプロフィールに記載があります。

姉・せなさんの身長は160cm。並んでみると、ほぼ同じくらいの感じですね。

冨田るきの年齢や誕生日(生年月日)

冨田るきさんは2001年12月28日生まれで、年齢は20歳です。(2022年1月現在)

こちらはインスタから、素敵な20歳の誕生日報告です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

冨田るき(@ruki_tomita)がシェアした投稿

スポンサーリンク


和装もよくお似合いです。

冨田るきの出身地

冨田るきさんの出身地は新潟県妙高市です。

地元メディアでは姉・せなさんとともにたびたび紹介されていますし、全日本スキー連盟公式サイトでも確認ができます。

こちらはNST新潟ニュースのインタビューです。

冨田るきのwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

冨田るき(@ruki_tomita)がシェアした投稿

  • 名前:冨田るき(とみたるき)
  • 年齢:20歳(2022年1月現在)
  • 出身:新潟県妙高市
  • 所属:チームJWSC

冨田るきの経歴

冨田るきさんがスノーボードを始めたのは3歳の頃。スノーボード好きのご両親の影響を受けてのことでした。

ちなみにご両親は愛知県のご出身。スノーボード愛が高じ、新潟県妙高市に移住されたのだとか。そんなご夫婦の間に生まれた冨田姉妹ですから、ごく当たり前のようにスノーボードの世界に入っていったのかも知れません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

冨田るき(@ruki_tomita)がシェアした投稿

そんな冨田るきさん、保育園年中のときに初めてハーフパイプの大会に出場。小学6年でプロ資格を取得。素晴らしいスピードでトップライダーへの道を駆け上がっていきます。

全日本選手権出場や国体優勝を経験し、2018年にはジュニア世界選手権で表彰台、そして2022年にはワールドカップ初優勝を果たしました。

日本を代表するライダーとなった冨田るきさんが視野に入れているのは、もちろん2022年北京五輪。

今後の活躍に期待が高まります。

冨田るきの成績

冨田るきさんのこれまでの主な成績を簡単にご紹介します。

最近では姉・せなさんよりも上の順位となることもしばしば。姉妹の間にあるライバル意識がプラスに働いているようです。

  • 2015年:全日本スキー選手権スノーボードHP 8位
  • 2017年:全日本スキー選手権スノーボードHP 3位
  • 2018年:ジュニア世界選手権 5位
  • 2019年:ジュニア世界選手権 6位
  • 2020年:W杯スイス 4位
  • 2020年:Nor-Amカップ 優勝
  • 2021年:全日本スキー選手権スノーボードHP 3位
  • 2022年:W杯アメリカ 優勝

 

この投稿をInstagramで見る

 

冨田るき(@ruki_tomita)がシェアした投稿

まとめ

今回は冨田るきの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 冨田るきさんは2022年1月現在、全日本ウィンタースポーツ専門学校に在学中、2022年春に卒業予定です。
  • 出身高校は新潟県の開志国際高等学校、コースはアスリートコースでした。
  • 姉はスノーボードで平昌五輪に出場した冨田せなさんです。
  • 身長は157cm、新潟県妙高市出身で2001年12月28日生まれの20歳です。(2022年1月現在)

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2022年北京五輪スノーボードの日本代表チームについて紹介しています!気になる方はコチラ!
小野光希の出身高校や中学・小学校はどこ?父親や血液型等のwikiプロフィール!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。