須江航監督の経歴や評判!読み方や年齢等のwikiプロフィール!

さて、今回は第104回全国高等学校野球大会(夏の甲子園)に出場する宮城県の名門、仙台育英高校野球部、須江航(すえわたる)監督をご紹介します。

須江航監督は中学校の軟式野球部監督を経て2018年に仙台育英高校の監督に就任。2019年夏、21年春、22年夏と同校を甲子園へと導いた手腕が高く評価されており、すでに“名監督”との評価もある人物です。

そんな東北の雄、仙台育英高校を率いる須江航監督はどの様な方なのでしょうか。

では須江航監督の経歴や評判!読み方や年齢等のwikiプロフィール!と題し、徹底解説していきます!

ちょっと変わった経歴と野球への情熱を持つ須江航監督。ぜひ最後までお付き合いください!

須江航監督の経歴

須江航監督とはこちらの方。部員からは“野球哲学者”といった評価も。なるほど…といった風貌でしょうか。

須江航監督の経歴を簡単にまとめるとこちらです。

  • 中学:鳩山町立鳩山中学校(埼玉県)
  • 高校:仙台育英学園高校(宮城県)
  • 大学:八戸学院大学(青森県)
  • 指導歴:秀光中学校(宮城県)→仙台育英学園高校

須江航監督は小学校2年生から野球を始め、埼玉県の鳩山中学から1999年、仙台育英高校へと進学

仙台育英は須江航監督3年生時の2001年春のセンバツで準優勝していますが、当時のメンバーは後にプロ球団との契約を果たす選手がいるなどまさにスター軍団でした。須江航監督は記録員として甲子園の土を踏むことになります。

大学は青森県の八戸学院大学。何人ものプロ野球選手を輩出した名門校ですが、須江航監督はここでも選手とは異なる学生コーチの立場でチームを支えました。

大学卒業後、そんな須江航監督に仙台育英秀光中等教育学校軟式野球部監督の声がかかるのも、指導者資質を誰もが認めていたからかも知れません。

当時のことについては高校野球ドットコムの記事に詳しいので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

何しろ野球部は発足したばかり。ルールも知らず「ほぼ運動をしたことがない選手がほとんど」といった驚きのエピソードが明かされています。

ところが、秀光中はいつの間にかトップチームに。14年全中優勝、15年準優勝、16年3位と怒涛の躍進で中学野球界にその名を轟かせました。(※日刊スポーツ

母校・仙台育英の監督就任の機会は2018年、思わぬ形で訪れました。

元部員の飲酒・喫煙行為が発覚。監督の佐々木順一郎(現学法石川高校監督)さんが引責辞任され、その後任を任されました。もちろん実績を認められてのことではありますが、あまりに突然…選手間には大きな動揺があったのだとか。

それでも長年培った指導力に加え、猿橋善宏部長のサポートを得ることにも成功。その後は名門校らしい成績を残していきました。

2022年夏には須江航監督自身、監督として2度目の夏の甲子園が待っています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

コトね(@__89.510f)がシェアした投稿

どんな戦いぶりを披露してくれるのか、非常に楽しみですね。

須江航監督の評判

須江航監督は2020年に著書『二度消えた甲子園』を出版され、コロナ禍による危機にどう対処したかを綴っています。

須江航監督は選手実績ゼロ、また内部昇格的な形での監督就任劇…ということで快く思わない人がいるのでは?と勘ぐることも可能ですが、実際には圧倒的にいい評判ばかりのようです。

いい評判の一つに、インタビューの発言がきちんと整理されているという声がありました。(※監督インタビューは3分35秒付近から)

キャプテン佐藤悠斗さんによると「理論やデータだけでなく、言葉のひとつひとつに熱いものがあって、データの中にも根性野球が入ってます」とのこと。(※タイムリーウェブ

ふむふむ、なるほど納得です。聡明さと熱さがありつつ、押し付けがましくないといった感じでしょうか。

著書『二度消えた甲子園』では他にもたくさんのエピソードが明かされているので、ぜひ読んでみてくださいね。

選手自身も、選手を預けるご家族も、この様な指導方針の名門校であれば門戸を叩きたくなりますよね!

須江航監督の読み方や年齢等のwikiプロフィール

須江航監督の読み方

須江航監督のお名前は「すえわたる」とお読みします。日刊スポーツなどの報道で確認ができます。

こちらは同じ「須江」姓、作家であり助産師の須江孝子さん。

須江孝子さんは宮城県ご出身の方だそう。須江航監督はさいたま市出身ですが、現在は宮城県にお住まいです。実は東北とは深い縁があったのかも知れませんね。(想像…)

須江航監督の年齢や誕生日(生年月日)

須江航監督は1983年4月9日生まれで、年齢は39歳です。(2022年8月時点)ご自身の著書『二度消えた甲子園』の著者紹介に記載があります。

前項でもご紹介したタイムリーウェブの記事では…

(部長の)猿渡先生と一緒にいて感じることは、生徒目線に下りて、いろいろな話をしてくれるので、非常に助かっています。正直、ぼくはそこが苦手なので…

と語っていました。

選手と比較的年が近いといっても、思春期の高校生相手はなかなか難しいようですね。

須江航監督の血液型

須江航監督の血液型についての情報はプロフィールに記載はなく不明です。

ここまでご覧いただけた通り、須江航監督は“智将”といったイメージですよね。

勝手な想像ですが、もしかするとA型かも?

須江航監督の出身地

須江航監督は埼玉県さいたま市のお生まれだそうです。こちらも各種報道などから知ることができます。

ただ、出身中学は比企郡鳩山町立鳩山中学校。いずれかの時期にお引越しされたのかも知れません。

ちなみに、2019年には母校の鳩山中学校で講演会を行ったそうです。広報誌の『広報はとやま』に当時の様子が掲載されていました。

講演のタイトルは「人生を“いちど”カエル、とても簡単な方法」だったのだとか。さまざまな経験をされた須江航監督ならではの内容だったのではないでしょうか。

埼玉県須江航監督のwikiプロフィール

  • 名前:須江航(すえわたる)
  • 生年月日:1983年4月9日(2022年8月現在39歳)
  • 出身:埼玉県さいたま市
  • 家族:妻(絵菜さん)、長男(明日真さん)、長女(恵玲奈さん)
  • 所属:学校法人仙台育英学園 仙台育英高校
  • 職業:教師、高校野球指導者

須江航監督の成績

須江航監督の甲子園での主な成績をごく簡単にご紹介します。ちなみに、高校時代には記録員として2001年春のセンバツ準優勝、大学時代には学生コーチとして2004年全日本大学野球選手権ベスト4を経験しています。

  • 2019年夏:1回戦 仙台育英20-1飯山
  • 2019年夏:2回戦 仙台育英8-5鳴門
  • 2019年夏:3回戦 仙台育英4-3敦賀気比
  • 2019年夏:準々決勝 仙台育英1-17星稜
  • 2021年春:1回戦 仙台育英1-0明徳義塾
  • 2021年春:2回戦 仙台育英13-5神戸国際大付
  • 2021年春:準々決勝 仙台育英3-10天理

まとめ

須江航監督の経歴や評判!読み方や年齢等のwikiプロフィール!いかがでしたか?

  • 須江航監督は仙台育英〜八戸学院大を経て秀光中軟式野球部監督に。現役時代は主に学生コーチでした。
  • 秀光中監督時代から非常に評判はよく、立派な指導者だといえそうです。
  • お名前は「すえわたる」。1983年4月9日生まれでさいたま市出身の39歳です。(2022年8月現在)
  • 19年夏、21年春と甲子園出場。22年夏では監督として初の全国制覇を狙います。

となりました!

須江航監督および、仙台育英高校の更なる躍進に期待せずにはいられません!

最後までお読み頂きありがとうございました。

2022年仙台育英の注目選手・遠藤太胡さんについて紹介しています!気になる方はコチラ!

高校野球のイメージ遠藤太胡の読み方や身長等のwikiプロフィール!出身中学や小学校はどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。