横田俊吾の両親(父・母)や出身中学・高校はどこ?走り方や身長等のwikiプロフィール!

スポンサーリンク


大学駅伝では必ず上位にいる青山学院大学。

実力ある選手の揃う青山学院大学ですが、2021年10月の出雲駅伝を経て注目を集めた選手に横田俊吾(よこたしゅんご) さんがいます。

青山学院大学に入学後の試合出場がなかった選手ですが、3年生で初めての大学駅伝出場、しかもアンカーを務めました。

なんと、4位から2位に順位を上げる走りを見せます。

駅伝の実力はもちろん注目ですが、「よこたっきゅう」と言われる驚きの走行フォームなんだとか。

今回は『横田俊吾の両親(父・母)や出身中学・高校はどこ?走り方や身長等のwikiプロフィール!』と題し、横田俊吾さんについて探っていきましょう。

横田俊吾の両親(父・母)

横田俊吾さんは青山学院教育学部3年生の駅伝選手です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横田俊吾(@syun_gogogo)がシェアした投稿


スポーツ選手といえば、親の影響もあったのかと気になる所です。

調べたところ、横田俊吾さんの両親について名前や職業の情報はありませんでした。

一般の方のようですね!

駅伝では、支えてくれる親への恩返しとして頑張っていると話しています。

「親がここまで自分のやりたいことをやらせてくれてきたので、感謝を伝えるため、恩返しをするためには自分は走ることしかできないので、それがモチベーションというか継続につながったと思います」。どんなに挫折しそうになっても、親への感謝の気持ちから走ることはやめなかった。
引用元:https://4years.asahi.com/article/14469920

一方で、同じ横田という苗字で、同じ青山学院大学に横田知己(よこたともき)さんという選手がいます。

横田知己さんは、プロゴルファーの横田真一さんとタレントの穴井夕子さんの子どもです。

2021年度に青山学院へと進学しました。

横田俊吾の出身中学

横田俊吾さんは新潟県の五泉市立山王中学校(現在は閉校)の出身です。


中学歴代3位と、当時から大きな成績を残していた選手と分かりますね!

青山学院の大学の同級生の岸本大紀(きしもとひろのり)さんも同じ新潟県の出身で、中学時代は新潟県のツートップでした。


中学3年生時には、全国都道府県駅伝にて2人が同じチームで走っています。


都道府県駅伝の中学生区間は現青学の2人だったということですね!

しかも区間2位、3位という驚きの走りです。

横田俊吾の出身高校

横田俊吾さんの出身高校は福島県の学校法人石川高等学校です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横田俊吾(@syun_gogogo)がシェアした投稿


地元の新潟県を少し離れ、高校駅伝の強豪校に進んでいます。

3年生に上がるころには、キャプテンとなっていました。(動画2:33~)

動画0:48~では、4区で5人抜きをしたと紹介されている一方で、優勝できなかったことに「優勝に対する意識が足りなかった」とストイックに考えている様子があります。

しかし、12月の全国駅伝にて学法石川は見事優勝を果たしています。

横田俊吾の走り方

横田俊吾さんは走り方が独特だと話題です。

こちらの動画の0:51~や2:52~を見ると右腕がなんとも不思議な動きをしているとわかります。

こちらは卓球のフォームに似た動きとして「よこたっきゅう」と呼ばれています。

実際、学法石川高校で全国高校駅伝を走っていたころから、駅伝ファンの間では彼のフォームは話題になっていました。「卓球をやっているみたいだ」「寿司を握っているみたいだ」といろいろな意見が出たところで、やっぱり卓球みたいだと一部の陸上好きの間で「よこたっきゅう」と呼ばれはじめました。
引用元:https://bunshun.jp/articles/-/49358?page=4

なんと高校のころから話題になっているとか!

高校時の動画を見てみると確かにすでにそのフォームがあることが分かります。

スポンサーリンク


15番の選手、特にラスト(動画9:57~)の走りに注目です。

横田俊吾の身長や年齢等のwikiプロフィール

横田俊吾の身長

横田俊吾さんの身長は178㎝です。

こちらは箱根駅伝選手名鑑で確認できます。

やや高身長の方と分かりますね!

ちなみに体重は57㎏で、178㎝にしては細すぎる体型です。

横田俊吾の年齢

横田俊吾さんは21歳です。(2021年11月時)

こちらも箱根駅伝選手名鑑に記載があります。

誕生日にはチームメイトからも祝福されている様子がありました。

横田俊吾のwikiプロフィール

  • 名前:横田俊吾(よこたしゅんご)
  • 年齢:21歳(2021年11月)
  • 生年月日:2000年4月22日
  • 身長:178㎝
  • 体重:57㎏
  • 大学:青山学院大学教育科学部

横田俊吾の経歴

横田俊吾さんは小学校のころは野球少年でしたが、市内陸上で1500mを走ったことをきっかけに中学からは陸上競技部に所属します。

元々野球少年だった横田が陸上に出会ったのは、小学6年生の市内の陸上大会。そこで1500mを走り、自身の可能性を感じ中学から本格的に陸上に転身した。
引用元:https://4years.asahi.com/article/14469920

中学は地元新潟県の山王中学校で、高校は福島県の強豪校である学校法人石川高校にて活躍します。

大学は青山学院という強豪に入ったためか、駅伝に出場することはありませんでしたが、2021年10月の出雲駅伝にてついに大学駅伝デビューを果たします。


なんと、たすきをもらった時点で4位だった青山学院大学を2位まであげてゴール!

1~2年生で試合に出たことがないとは思えませんね。

素晴らしい走りを見せた横田俊吾さんですが、大会後にはこんなコメントを残しています。

6区 横田 俊吾(3年)
この大会で部内の中という視点ではなく、他大学と戦うという意識づけをすることができました。 次からは「初駅伝だから」という言い訳は通用しなくなります。 更にレベルアップした走りを日頃から応援して頂いている方達に魅せることができたらなと思います。 本当に応援ありがとうございました。

引用元:http://aogaku-tf.com/result/2021/result_10.php

やはりとてもストイックに努力をされている方と分かります!

横田俊吾の成績

横田俊吾さんの成績は駅伝ドットコムにこう記載されています。

都道府県駅伝2015年 (2区・10位)
都道府県駅伝2016年 (2区・2位)
全国高校駅伝2016年 (4区・17位)
都道府県駅伝2017年 (5区・30位)
全国高校駅伝2017年 (4区・4位)
全国高校駅伝2018年 (4区・2位)
都道府県駅伝2019年 (4区・1位)
日本学生陸上競技個人選手権5000m2019年 (2組・20位)
日本学生陸上競技個人選手権5000m2021年 (2組・10位)
出雲駅伝2021年 (6区・3位)
都道府県駅伝2019年 (4区・1位)
日本学生陸上競技個人選手権5000m2019年 (2組・20位)
日本学生陸上競技個人選手権5000m2019年()

引用元:https://ekidenreki.com/player/2608/

横田俊吾さんは2000年生まれで、こちらは都道府県駅伝に出場した15歳からの成績です。

大学入学後は1~2年生まで駅伝への出場はありませんでしたが、3年生となり10月の出雲駅伝にて大学駅伝デビューを果たしています。

タイムは「10.2Km 30分13秒」です。

横田俊吾のインスタ

横田俊吾さんは@syun_gogogogでインスタをされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横田俊吾(@syun_gogogo)がシェアした投稿


横田俊吾さんは元野球少年なこともあり、投稿やストーリーでは野球観戦の様子もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

横田俊吾(@syun_gogogo)がシェアした投稿


一方プロフィールには「食べて寝て太るの繰り返し」と書いており、怠け者な性格なようですね(笑)

ツイッターもされており、アカウントは@Shun_00inakamonです。

まとめ

今回は『横田俊吾の両親(父・母)や出身中学・高校はどこ?走り方や身長等のwikiプロフィール!』と題し、横田俊吾さんについて見てきました。

  • 両親は一般の方
  • 出身中学は新潟県の五泉市立山王中学校(現在は閉校)
  • 出身高校は福島県の学校法人石川高校
  • 右手の動き方が特徴的な「よこたっきゅう」という走り方をしている
  • 身長は178㎝
  • 年齢は21歳(2021年11月時)
  • 中学高校と陸上競技部にて活躍し、大学では強豪の青山学院大学へ
  • 1~2年生まで駅伝出場はなかったが、3年生時の出雲駅伝デビュー
  • インスタは@syun_gogogo

と分かりました。

読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です