安原太陽の弟や両親等の家族!出身高校や中学はどこ?インスタや身長等のwikiプロフィール!

スポンサーリンク


2021年11月の全日本大学駅伝で優勝した駒沢大学の6区を走った安原太陽選手。

三大駅伝デビュー戦にも関わらず、脅威の5人抜きに驚いた人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、『安原太陽の弟や両親等の家族!出身高校や中学はどこ?インスタや身長等のwikiプロフィール!』というテーマで、注目の安原太陽選手に迫っていきたいと思います。

安原太陽の弟

安原太陽選手の弟は安原海晴さんと言い、兄の太陽選手と同じく陸上で活躍している選手です。

現在は滋賀県の滋賀学園高等学校2年生として陸上部で活躍しています。

2021年11月の滋賀県高校駅伝大会では1区を区間賞で好走し、チームを優勝へ導いています。

2020年1月の第25回全国都道府県対抗男子駅伝では、太陽選手と弟の海晴さんが同じ滋賀県代表として選抜されているんです。

兄弟で全国対抗駅伝に代表として選抜されるなんで、胸が熱くなります!

太陽選手と海晴選手は3学年違いなので、もしかしたら大学駅伝の兄弟対決や、同じ駒沢大学に進学すれば兄弟で襷をつなぐ場面などを見ることができるかもしれませんね。

安原太陽の両親

安原太陽選手のご両親は、父・安原雅廣さん、母・かおりさん二人とも陸上を経験していたそうです。

その影響もあって、安原選手も幼いころから自然と走る機会が多い生活を送ってきたとのこと。

家族旅行を兼ねて県外の大会に出場することもあったそうですよ。

お母さんのかおりさんは、二人が所属していたスポーツ少年団のコーチをしていたこともあるそうです。

安原太陽の家族

安原太陽選手の家族は、父・安原雅廣さん、母・かおりさん、弟・海晴さんと安原太陽選手の4人家族です。

お父さんとお母さんはともに陸上経験者、弟は現在高校の駅伝部に所属しているという、陸上一家です。

しかしながら、2015年ごろに父の雅廣さんが急逝してしまいます。

母のかおりさん曰く、「夫も楽しく陸上することを大切にし、二人の活躍を見守ってきました」(広報ひがしおうみ・2019年5月号)とのことですので、安原選手は天国からのお父さんの想いを胸に抱いて走っているのかもしれませんね。

安原太陽の出身高校

安原太陽選手の出身高校は滋賀学園高等学校です。

滋賀学園高等学校は硬式野球部や卓球部、そして陸上部の強豪として有名な高校です。

前述したとおり、弟の海晴さんも現在滋賀学園高等学校に通っているので、兄弟で同じ高校に進学したということですね。

安原太陽の出身中学

安原太陽選手の出身中学は東近江市立船岡中学校です。

東近江市の広報誌のインタビューで明らかにされています。(広報ひがしおうみ・2019年5月号

出身校の滋賀学園高等学校は付属中学もあるのですが、安原選手は地元の公立中学校である船岡中学校に入学後、高校から滋賀学園高等学校に進学したということになりますね。

安原太陽のインスタ

安原太陽選手のインスタグラムは発見することができませんでした。

ツイッターのアカウントも見つからなかったので、もしかするとSNSは利用していないのかもしれませんね。

安原選手の情報を知りたいときは、駒大陸上部のインスタグラムアカウント(@komadays)や、駒大スポーツ陸上班のツイッターアカウント(@KomaspoTaf)をチェックしてみてください。

安原太陽の身長や年齢等のwikiプロフィール

安原太陽の身長

 

この投稿をInstagramで見る

 

駒澤大学陸上部(@komadays)がシェアした投稿

スポンサーリンク


安原太陽選手の身長について、最新の情報は見つかりませんでした。

ただ、2020年1月の第25回全国都道府県対抗男子駅伝選手エントリーで、当時168cmであったことが確認できましたので、現在は170cm前後なのではないかと予想できます

最新情報が入り次第、こちらでご紹介させていただきますね。

安原太陽の年齢や誕生日(生年月日)

安原太陽選手は、2001年4月23日生まれの20歳(2021年11月現在)です。

テレビ朝日の全日本大学駅伝特集ページで確認することができました。

安原太陽のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

駒澤大学陸上部(@komadays)がシェアした投稿

  • 氏名:安原 太陽(やすはら たいよう)
  • 出身:滋賀県
  • 出身小学校:東近江市立布引小学校
  • 5000m自己ベスト:14分22秒03
  • 座右の銘:継続は力なり
  • 目標としている選手:中村匠吾選手

安原太陽の経歴

安原太陽選手は、2001年4月23日に滋賀県で生まれました。両親ともに陸上経験者という環境で育ち、幼少期から陸上の大会に参加するようになります。

2008年に地元の東近江市立布川小学校に入学後、3年生の頃から東近江陸上スポーツ少年団に入団。4年生の頃には1000メートルで滋賀県新記録をマークしました。

2014年、東近江市立船岡中学校に進学。1年生の時から春・夏・秋の中学総体陸上の1500mで当時の大会レコードを全て塗り替え、駅伝大会では1区の区間新記録を塗り替えるなど、爆発的な成長を遂げていきます。

2017年に滋賀学園高等学校に入学し、陸上部のエース選手として、3年連続全国高校駅伝と都道府県駅伝に出場しています。

2020年、「関西よりレベルの高い関東で競技を続けていきたかったのと、箱根で活躍したい」(コマスポ2020年vol.4より)という理由で駒沢大学に入学、念願の陸上部に入部し、2021年には出雲駅伝と全日本大学駅伝に出場し、好走しました。

安原太陽の成績

ここからは、安原太陽選手の成績について紹介していきますね。

  • 2017年都道府県駅伝 2区・8位
  • 2018年全国高校駅伝 1区・26位
  • 2019年都道府県駅伝 1区・38位
  • 2019年全国高校駅伝 1区・18位
  • 2020年都道府県駅伝 1区・11位
  • 2021年出雲駅伝 2区・3位
  • 2021年全日本大学駅伝 6区・2位

重要なスタートである1区や、出雲駅伝では最短区間だからこそスピード勝負となる2区を任されるなど、その速さを評価されてきた安原選手。

次の大会でも、そのスピード感あふれる走りが今から楽しみですね!

まとめ

今回は『安原太陽の弟や両親等の家族!出身高校や中学はどこ?インスタや身長等のwikiプロフィール!』と題してお送りしてまいりました。

  • 安原太陽の弟は安原海晴で、高校陸上部で活躍している
  • 安原太陽の両親は、父・安原雅廣さん、母・かおりさんで、陸上経験者
  • 安原太陽は、父・母・弟との4人家族
  • 安原太陽の出身高校は滋賀学園高等学校
  • 安原太陽の出身中学は東近江市立船岡中学校
  • 安原太陽の身長は170cm前後と予想
  • 安原太陽は2001年4月23日生まれの20歳(2021年11月現在)
  • 安原太陽は2021年全日本大学駅伝で6区を好走、5人抜きした

という結果となりました。

今後の安原太陽選手のご活躍がますます楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です