高安の結婚した嫁(妻)や子供!母や父(両親)の家族!

力士の力強い立合い

今回は強烈な押し相撲で土俵を沸かせている田子ノ浦部屋高安(たかやす)関をご紹介したいと思います。

2005年に初土俵を踏み2017年には大関まで駆け上がりましたが、その後怪我などによる不振のため陥落。ですが、プライベートの充実とともにパワーが復活。再浮上を虎視眈々と狙っています。

そんな高安関のパワーの源となったのは嫁(妻)や子供の存在でしょう。

では、高安の結婚した嫁(妻)や子供!母や父(両親)の家族!と題し、高安関のプライベートについて掘り下げていきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

高安の結婚した嫁(妻)

高安関の結婚した嫁(妻)は、杜(もり)このみさんというお名前で演歌歌手をやられています。

こちらは杜このみさんのインスタから、すっごく綺麗な方ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

杜このみ(@mori_konomi)がシェアした投稿

簡単にプロフィールをご紹介しておくと…

  • 名前:杜このみ【本名:高安このみ】
  • 生年月日:1989年7月2日(2022年9月現在33歳)
  • 出身:北海道札幌市
  • 趣味・特技:津軽三味線、ピアノ
  • 所属:細川たかし音楽事務所

高安関とは2020年にご結婚。馴れ初めは2017年のNHK福祉大相撲で共演されたことだそう。何度かの食事を経て「自然と、お付き合いしましょうか、という流れになりました」(杜このみさん)と婚約会見で明かされていました。(※ABEMA TIMES

これに対し高安関は「本人の歌ってる姿が、とても励みにもなる」と言われており、杜このみさんの素敵な歌声に惚れたのかな?と想像するとちょっとほっこりしますね。

杜このみさんは民謡をルーツに持つ美声の持ち主。デビューされた2013年には「日本レコード大賞新人賞」を受賞されています。

歌声を聴きたい!という方はこちらをポチッとしてみてくださいね。

ちなみに、高安関も歌はすごくお上手なんです。奥様にも負けていませんよね。

小林旭さんに似てる!なんて声も。(高安関の本名が「高安晃(あきら)」なだけに…)

高安の子供

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

杜このみ(@mori_konomi)がシェアした投稿

高安関と杜このみさんの間には、2021年2月に長女、2022年8月に長男がお生まれになっています。高安関は2人のお子さんを持つパパなんですね。

杜このみさんのオフィシャルブログ『杜このみ enjoy life』には出産・子育ての話題も投稿されているので、興味がある方はチェックしてみてください。

インスタからはこちら。高安関のスニーカーと長女の靴!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

杜このみ(@mori_konomi)がシェアした投稿

パパの靴に5足くらい入ってしまいそうですよね。ちなみに高安関は靴のサイズはなんと36cm!

高安関は中学時代、当時の鳴戸親方(先代、元横綱隆の里)から「いい体だ。筋肉がゴムのように伸びる。手足も大きい」と褒められたというエピソードもあります。(※日刊スポーツ

お子さんたちはどこまで追いつけるでしょうか?

足の大きさよりむしろ、素敵な歌声の方を受け継いでほしいかもしれませんね。

高安の母親

高安関の母親は高安ビビリタさんと言われ、フィリピンの方です。ということで、高安関は日本とフィリピンのハーフなんですね。

前掲の写真では右から2番目の方。顔の輪郭や目元が似ていますよね。

高安関の大きく太く強靭な肉体は、母親のフィリピン料理によって育まれたのだそう。日刊大衆の記事では、母・ビビリタさんがこちらのように語っています。

夫婦でフィリピンレストランを経営していたんです。彼(高安関)は学校から直接、店に寄って、満腹になるまでたっぷりご飯を食べて、大きくなったのよ

ちなみに、高安関がお好きなフィリピン料理のカルデレータとはこんな料理です。おいしそうですよ!

一方、高安関は母の日をいつも忘れず、お花を贈ってくれるのだとか。いい親子関係なんですね。

高安の父親

高安関の父親は高安栄二さんといわれ、ご夫婦でエスニック料理店を経営されていました。ただ、2006年頃の病気を機に閉店されたそうです。

前掲の家族写真の一番右の方ですね。

高安関が角界入りするきっかけをつくったのは、中学時代の恩師と父・栄二さんでした。産経新聞の記事によると、ネットで稀勢の里(元横綱、現荒磯親方)の活躍を見た栄二さんが、相撲経験ゼロの高安関を連れアポ無しで鳴戸部屋(旧)を訪問したのだとか。

その場で鳴戸親方に体格を褒められ、中卒での角界入りを決めました。

もし栄二さんの導きによる先代鳴戸親方との出会いがなければ、高安関は定時制高校で野球を続けるつもりだったといいます。

また、2006年頃に栄二さんは肝臓がんを患い片方の腎臓を摘出。経営していた店を閉めました。“それなら”と奮起したのは高安関。稽古に本腰を入れ、番付も急上昇します。懸賞金を袋ごと両親のもとに送ったこともあるのだそうです。(※サンスポ

高安関のスピード出世や大復活の裏には家族とのいろんなエピソードがあったんですね。

高安の家族

高安関にはご両親の他、兄・洋幸さんがいらっしゃいます。前掲の家族写真では一番左側の方ですね。高安関に負けないくらいの体格をされています。

元関脇の豊ノ島さんよりも数段デカい!

現在お仕事は何をやられているかなど詳しいことについては情報がありませんが、ひょっとすると相撲の道に進んでも活躍されたのでは?

まとめ

今回は高安の結婚した嫁(妻)や子供!母や父(両親)の家族!と題してお送りしてまいりました。

  • 高安関の嫁(妻)は演歌歌手の杜このみさん。NHK福祉大相撲での共演がきっかけでした。
  • 2021年に長女、2022年に長男が誕生。2児のパパとなっています。
  • 母はフィリピン出身のビビリタさん、父は栄二さん。高安関は日本とフィリピンのハーフです。
  • 非常に体格のいい兄・洋幸さんがおり、両親含め4人家族です。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。