小野光希の出身高校や中学・小学校はどこ?父親や血液型等のwikiプロフィール!

スポンサーリンク


日本女子スノーボード・ハーフパイプ選手として活躍する小野光希(おのみつき)選手。

ユースオリンピックでも金メダルを獲得しており、現在17歳ながらも北京オリンピックでメダル獲得が期待される選手の1人です!

今回は、「小野光希の出身高校や中学・小学校はどこ?父親や血液型等のwikiプロフィール!」と題して、近藤心音選手の魅力をお届けしてまいります。

小野光希の出身高校

小野光希選手は東京都の成立学園高校在学中です。

時事ドットコムニュースのサイトで確認することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mitsuki Ono 小野光希(@mitsukiono)がシェアした投稿

まだ高校在学中ながら、すでにユースオリンピックで金メダルを獲得するなど、高校生離れした活躍を見せています!

2021年の全日本選手権でも2位にランクインしており、高校生とは思えない技を披露してくれています。

17歳までにこれだけの成績を残していると、将来どれだけの成績を残していくのか非常に気になりますね。

小野光希の出身中学

小野光希選手は埼玉県の川市立中央中学校出身です。

朝日新聞のサイトで確認することができます。

中学生時代から世界を舞台に活躍していました。

2017年、2018年にUSオープン・ジュニアjamを2連覇。

さらに2018年、2019年には世界ジュニア選手権を2連覇するなど、同年代相手に圧倒的な成績を残しています。

この時には、小野光希選手にとっては同年代には敵なしと言っても過言ではないのかもしれません。

小野光希の出身小学校

小野光希選手は吉川市立関小学校出身です。

関小学校の公式サイトで確認することができます。

小野光希選手は小学生からハーフパイプにチャレンジすると、小学校5年生の時にプロ資格を取得しました。

ハーフパイプを始めて数年ほどでプロ資格を獲得するなんて、やはり才能があったのでしょう。

そして小野光希選手はすでにオリンピック出場を目指していたのでした。

卒業アルバムにも「私の将来の夢は、スノーボードでオリンピックに出ることだ」と書いていました。

小学生の頃の夢を高校生で叶えてしまうなんて素晴らしいです。

小野光希の父親

小野光希選手の父親に関しての詳しい情報はありませんでした。

小野光希選手は両親についてインタビューなどで語っています。

オリンピックの公式サイトで確認することができます。

小野光希選手がスノーボードを始めたきっかけが、両親が新潟のゲレンデに連れて行ってもらったことで3歳からスノーボードを始めたのでした。

さらに2020年のユースオリンピック後のインタビューで「特に両親には改めて感謝を伝えたいです」と語っています。

これを見ると、小野光希選手の父親が子供の夢に対して情熱を注いで、小野光希選手を選手としてしっかりサポートしている、優しい父親であるということが想像できますね。

北京オリンピックでメダルを取った暁には小野光希選手の父親の姿も見てみたいですね。

小野光希の血液型や誕生日のwikiプロフィール

小野光希の血液型

小野光希選手の血液型については公式に発表はありませんでした。

しかし、学生時代から世界的に活躍しながらも、精神的に折れない強さを持っているのを見ると、B型であるかなと思います。

小野光希の年齢とや誕生日(生年月日)

小野光希選手は2004年3月5日生まれで、現在17歳です。(2022年1月現在)

時事ドットコムニュースのサイトで確認することができます。

小野光希の身長

小野光希選手は154cmです。

時事ドットコムニュースのサイトで確認することができます。

小野光希の出身地

小野光希選手は埼玉県出身です。

時事ドットコムニュースのサイトで確認することができます。

小野光希のwikiプロフィール

  • 名前:小野光希
  • 読み:おのみつき
  • 生年月日:2004年3月5日
  • 年齢:17歳(2022年1月現在)
  • 出身地:埼玉県吉川市
  • 所属:バートン

小野光希の経歴

小野光希選手は両親と姉の影響で5歳からスノーボードを始めます。

2010年、小野光希選手が8歳の頃にバンクーバーオリンピックでハーフパイプを見たことで、心奪われハーフパイプを始めます。

そしてハーフパイプを始めてすぐに将来の夢としてハーフパイプでオリンピックに出場を掲げます。

8歳の小野光希選手にとってハーフパイプ競技は衝撃的だったのでしょう。

その後、ハーフパイプの才能が開花すると小学校5年生でプロ資格を取得します。

やはり、スノーボードは若いうちにプロになるのが定石のようですね。しかし、ハーフパイプを始めて数年でプロになれるのはすごいことだと思います。

その後、中学生になり、世界で行われる大会に出場するようになると、2017年にUSオープンJunior Jamで優勝を果たします。

さらに翌年も優勝し2連覇を果たします。

同年には世界ジュニア選手権でも優勝を果たします。2019年にも世界ジュニア選手権でも2連覇を達成。

中学生から何度も世界女王に輝くなんて、凄すぎる経歴です。

そして、2020年にはユースオリンピックに出場すると、見事金メダルを獲得します。

その後、シニアレベルの大会に出場するようになっても、FISワールドカップで2位に入るなど、ステージが1つ上がった舞台でもしっかりと成績を残しています。

2022年にはFISワールドカップで総合3位と安定した成績を残しました。

そして北京オリンピック出場を果たしました。

スポンサーリンク


小野光希の成績

小野光希選手の今までの成績を簡単に紹介します。

  • 2017年 USオープン Junior Jam 優勝
  • 2018年 USオープン Junior Jam 優勝
  • 2018年 世界ジュニア選手権 優勝
  • 2019年 世界ジュニア選手権 優勝
  • 2020年 ユースオリンピック 金メダル
  • 2020年 FIS ワールドカップ 2位
  • 2021年 FIS ワールドカップ 2位
  • 2021年 世界選手権 6位
  • 2021年 全日本選手権 2位
  • 2022年 FIS ワールドカップ 総合3位
  • 2022年 北京オリンピック出場

17歳で、これだけ世界で活躍している選手は中々いないでしょう。すごいです。

小野光希のインスタがかわいい

小野光希選手はインスタでは高校生らしい、可愛らしい姿を見せてくれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mitsuki Ono 小野光希(@mitsukiono)がシェアした投稿

若さあふれる笑みを浮かべる この選手が、あんな大技を繰り出しているとは考えられないです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mitsuki Ono 小野光希(@mitsukiono)がシェアした投稿

このような写真を見ると、笑顔が可愛く、スノーボード中とは違う魅力を感じられますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mitsuki Ono 小野光希(@mitsukiono)がシェアした投稿

学生に戻ったオフショット を見ると、やはりまだ高校生だなと感じさせられるような写真ですね。

まとめ

今回は「小野光希の出身高校や中学・小学校はどこ?父親や血液型等のwikiプロフィール!」と題してお送りしてきました。

  • 小野光希選手は東京都の成立学園高校在学中
  • 小野光希選手の出身中学は吉川市立中央中学校。出身小学校は吉川市立関小学校
  • 小野光希選手は8歳からハーフパイプを始めた
  • 小野光希選手は小学5年生でプロ資格取得
  • 小野光希選手は2020年にユースオリンピック金メダルに輝く
  • 小野光希選手は2022年の北京オリンピックに出場する

という結果となりました。

若き実力者・小野光希選手の今後の活躍を見守っていきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2022年北京五輪スノーボード女子日本代表チームについて紹介しています!気になる方はコチラ!
スノーボードのイメージ冨田せなの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!ピンクのスノーボード冨田るきの出身大学や高校はどこ?姉妹や身長等のwikiプロフィール!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。