戸塚優斗の出身大学や高校・中学はどこ?兄弟や身長等のwikiプロフィール!

スポンサーリンク


スノーボード男子ハーフパイプ選手の戸塚優斗(とつかゆうと)さんを知っていますか?

ハーフパイプはドラム缶を半分にカットしたような形のコースを、スノーボードに乗って往復し、ジャンプ中の技などで競い合う種目です。

戸塚優斗さんはそのハーフパイプで、2021年3月に世界選手権で優勝しています。

なんと、日本人がハーフパイプで優勝するのは2009年青野令さん以来、2人目の快挙でした。

今回は『戸塚優斗の出身大学や高校・中学はどこ?兄弟や身長等のwikiプロフィール!』と題し、戸塚優斗さんについて詳しく探っていきましょう!

戸塚優斗の出身大学

戸塚優斗さんはハープハイプの成績だけでなく、イケメンで注目されることもあります。

 

View this post on Instagram

 

yuto_totsuka(@yuto_totsuka)がシェアした投稿


そんな戸塚優斗さんですが、現在大学2年生(2021年10月時)で、日本体育大学に進学されています。

投稿にオリンピックへの打ち合わせとあるように、大学の部活でスノーボードをされているということですね!

スノーボードは冬季スポーツのため、選手はオフの時期にフィジカルトレーニングなど体で作ることが重要となります。

日本体育大学での学びが、競技の成績にいい影響を与えているのかもしれません。

一方、選手としてはヨネックスがスポンサーとなっています。

戸塚優斗の出身高校

戸塚優斗選手は光明(こうみょう)学園相模原高等学校の出身です。

 

View this post on Instagram

 

yuto_totsuka(@yuto_totsuka)がシェアした投稿


戸塚優斗さんは同級生と仲のいい人気者のようです!

高校の光明学園相模原高校は、神奈川県相模原市にある仏教系の私立高等学校です。

卒業生には俳優の鈴木伸之さん、欅坂46のアイドル土生瑞穂さんなどがいらっしゃいます。

戸塚優斗の出身中学

戸塚優斗さん神奈川県にある横浜市立西谷(にしや)中学校の出身です。

神奈川県のメディアにて紹介されていました。

市沢小学校、西谷中学校(保土ケ谷区)出身の戸塚選手。
引用https://www.townnews.co.jp/0105/2018/03/29/425556.html

当時から全日本ジュニア選手権で2連覇という実力を見せていました。

戸塚優斗の出身小学校

戸塚優斗さんの出身小学校は神奈川県にある横浜市立市沢(いちさわ)小学校です。

中学校と同様に神奈川県メディアにて紹介されていました。

ヨネックスとは当時からのお付き合いのようですね。

戸塚優斗の兄弟

戸塚優斗さんは一人っ子で兄弟はいません。

一方、戸塚優斗さんがお兄さんとして慕っていた柳原真央さんという選手がいます。


柳原真央さんは、戸塚優斗さんと同じくヨネックスのライダーでした。

残念なことに、柳原真央選手は2011年12月3日に、17歳の若さで亡くなってしまいます。(※原因は交通事故)

柳原真央さんはスノーボードの実力が非常に高く、戸塚優斗さんにとっての目標でした。

こちらは元スノーボード選手のチョコボール新井さんがお墓参りをされている動画です。

動画2:00~では、柳原真央さんが戸塚優斗さんをスノーボードプロショップHEAVEN STOREに初めて連れてきたというエピソードをお話されています。

戸塚優斗の身長や年齢等のwikiプロフィール

戸塚優斗の身長

戸塚優斗さんの身長は169㎝です。

全日本スキー連盟のプロフィールに記載があります。

身長 169cm
体重 63kg
引用http://www.ski-japan.or.jp/player/0962052/?season=2019

スポンサーリンク


ちなみに体重は63㎏で、少し小柄ながらも筋肉質でがっちりした体格と想像できますね。

パーソナルトレーニングジムpmlのサポートを得ているとのことでした。

戸塚優斗の年齢

戸塚優斗さんは2001年9月27日生まれで、2021年10月現在20歳です。

生年月日も全日本スキー連盟のプロフィールに記載されています。

生年月日 2001年9月27日
引用http://www.ski-japan.or.jp/player/0962052/?season=2019

戸塚優斗のwikiプロフィール

  • 名前:戸塚優斗(とつかゆうと)
  • 年齢:20歳(2021年10月時)
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 血液型:A型
  • 競技:スノーボード
  • 種目:ハーフパイプ
  • 所属:ヨネックス

戸塚優斗の経歴

戸塚優斗さんは神奈川県の生まれですが、母の影響で2歳からスノーボードに乗っていました。(動画0:20~)

2歳からスノーボードに乗っていて怪我しないのかなと心配ですが、それだけ戸塚優斗さんに染み付いているものということですね!

小学校3年生からハーフハイプを始め、ヨネックスのジュニア育成プログラムに参加します。

以降中学生時の全日本ジュニア選手権から、2021年の世界選手権まで多くの大会で優勝してきました。

スノーボード一筋な戸塚優斗ですが、元トップライダーの三井真紀さんがその成長を支えていたそうです。


多くの人に支えられ、成長できたということですね!

動画の8:40~では「怪我をしたくない」と意識している戸塚優斗さんですが、2018年の平壌オリンピックでは決勝にて怪我をされてしまいました。


しかし、怪我は捻挫の軽傷で、その後も問題なく活躍を続けています。

なんと米最高のスポーツ賞と言われるESPYアワード男子アクションスポーツ部門にノミネートほどです。

 

View this post on Instagram

 

X Games(@xgames)がシェアした投稿


結果ESPYアワード受賞にはなりませんでしたが、世界的に大きく注目されている選手と分かりますね!

現在は2022年の北京冬季オリンピックに向け頑張っています。

戸塚優斗さんにとってライバルとなるのが、スケートボードとの「二刀流」にチャレンジしている平野歩夢選手です。

 

View this post on Instagram

 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿


戸塚優斗さんは二刀流ではなく、スケートボードはできないと語っていますが、それだけに負けたくない相手なのかもしれません。

戸塚優斗の成績や戦績

戸塚優斗さんのこれまでの成績や戦績は、戸塚優斗さんのオフィシャルサイトに記載されています。

引用すると…

  • 2020-2021(大学1年次)
    FIS ワールドカップ ラークス 1位
    X ゲームス アスペン 1位
    FIS 世界選手権 1位
    FIS ワールドカップ アスペン 1位
    全日本選手権大会 札幌 1位
  • 2019-2020(高校3年次)
    FIS ワールドカップ ラークス 2位
    X ゲームス アスペン 2位
    FIS ワールドカップ マンモスマウンテン 1位
    Dew ツアー 2位
    U.S オープン 1位
    FIS ワールドカップ 中国 2位
  • 2018-2019(高校2年次)
    X ゲームス アスペン 2位
    FIS 世界選手権 2位
    FIS ワールドカップ カルガリー 1位
    U.S オープン 3位
    FIS ワールドカップ マンモスマウンテン 1位
    FIS ワールドカップ カッパーマウンテン 2位
    FIS ワールドカップ シークレットガーデン 2位
  • 2017-2018(高校1年次)
    平昌オリンピック 中国 出場

引用 https://yuto-totsuka.win-agent.jp/result/index.html

高校生のころから優勝や準優勝だらけのすごすぎる人と分かりますね(笑)

まとめ

今回は『戸塚優斗の出身大学や高校・中学はどこ?兄弟や身長等のwikiプロフィール!』と題し、戸塚優斗さんについて見てきました。

  • 戸塚優斗さんは日本大学に在籍中。
  • 出身高校は光明学園相模原高校、中学は横浜市立西谷中学校、小学校は横浜市立市沢小学校です。
  • 兄弟はいません。
  • 身長は169㎝。2001年9月27日生まれの20歳です。(2021年10月時)

と分かりました。

今後も戸塚優斗さんの活躍が楽しみですね!

読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です