佐々木洋監督の妻(嫁)や息子(子供)等の家族!年齢や身長等のwikiプロフィールと経歴!

高校野球を代表する名門校、花巻東高校の監督である佐々木洋(ささきひろし)さんをご存知でしょうか?

20年近くに渡って花巻東高校野球部にて監督を続け、教え子の中には現在メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手や菊池雄星選手といった名選手がいることで、一躍脚光を浴びた佐々木洋監督。

そんな佐々木洋監督とはどんな人物なのか気になるので、調査してみました。

今回の記事では、佐々木洋監督の妻(娘)や息子(子供)などの家族!年齢や身長等のwikiプロフィールと経歴!と題して、佐々木洋監督について詳しくご紹介していきます。

簡単に読めるので、ぜひ読んでみてください。

佐々木洋監督の妻(嫁)

佐々木洋監督の奥さんってどんな人だろう?

そう疑問に思う人も多いと思います。

色々リサーチをしてみましたが、奥さんの名前は佐々木玲香(ささきれいか)さんということがわかりました。

こちらのサイトに、佐々木玲香さんの顔写真が掲載されています。

地元町内の運動会の様子を写したサイトで、体育協会からの特別表彰を佐々木洋監督の代理で受け取る玲香さんの姿がありました。

あまり表に出る人ではありませんが、陰で地域の為に一生懸命頑張っています。

佐々木洋監督の息子(子供)

佐々木洋監督には息子が1人います。

その息子さんこそ、現在父と同じ花巻東高校の野球部で活躍している、佐々木麟太郎(ささきりんたろう)選手です。

2022年の4月で高校2年生になる佐々木麟太郎選手は、2005年4月18日生まれの16歳(2022年3月時点)。

江釣子スポーツ少年団で幼少期から野球を始め、中学生の時にはあの大谷翔平選手のお父さんが監督をしている金ケ崎リトルシニアで腕を磨きました。

偉大な先輩でもある大谷翔平選手に憧れ、高校は父が監督をしている花巻東高校に進学します。

ここで恵まれた才能が一気に爆発し、1年生の秋には3番に定着しホームランを量産。なんとその時点で通算ホームラン56本という信じられない快挙を達成したのです。

あの大谷翔平選手でさえ、高校3年間での通算ホームランが56本というのですから、いかに佐々木麟太郎選手の才能がずば抜けているかがよくわかります。

2年生にして抜群の大物感を見せる佐々木麟太郎選手。今後どのような驚きを与えてくれるか楽しみです。

佐々木洋監督の家族

佐々木洋監督の家族構成は、奥さん、娘、息子(佐々木麟太郎選手)の4人家族です。

佐々木監督の奥さんに関しては、前述したように佐々木玲香さんというお名前の方でした。

そして娘さんの名前は、佐々木秋羽(ささきしゅう)さんといいます。

15歳(2022年3月時点)の彼女は、何と兄の佐々木麟太郎選手と同じ釜ヶ崎リトルシニアで男子に混じって野球をやっています。

釜ヶ崎リトルシニアのHPの選手紹介の部分を調べてみましたが、確かに佐々木秋羽さんの名前が掲載されていました。

2021年の東京オリンピックでは、岩手県内を走る聖火リレーのランナーという大役を任されています。

こちらのサイトで、佐々木秋羽さんのお顔を確認できます。

父だけでなく、兄妹揃って野球をやっているとは、凄い野球一家ですね。

佐々木洋監督の年齢や身長等のwikiプロフィール

佐々木洋監督の年齢や誕生日(生年月日)

こちらのサイトによると、佐々木洋監督の生年月日は、1975年7月27日生まれの46歳(2022年3月時点)であることがわかっています。

佐々木洋監督は、指導者の経験を語る講演会にもよく参加して、自らの指導論を語っていることがわかりました。

野球関係者だけで無く、幅広い人脈があるので生年月日はかなり知られています。

佐々木洋監督の身長

佐々木監督の身長に関しては、公表しているわけではないので詳しいことは不明です。

しかしこちらのNumberの記事にあった写真を見てもわかるように、隣に立っている高身長の教え子と身長がほぼ一緒ということから、身長は180cm近くあると推測できます。

息子の佐々木麟太郎選手もかなり大柄で恵まれた体型ですので、しっかり父のDNAを受け継いだと言えます。

佐々木監督の体重

佐々木監督の体重について色々調べてみましたが、こちらも公表はしておらず不明となっています。

身長が約180cmだとすると、適性体重は71.3kgと言われているので、外見からスラっとしている佐々木監督の体重は70〜80キロ台であると推測ができます。

佐々木洋監督の血液型

佐々木洋監督の血液型についてサイトや雑誌など色々リサーチしてみましたが、残念ながら明かされておらず不明となっていました。

朝日新聞の記事によると、佐々木監督はこれまでの高校野球の常識だった指導法を改めるなどの挑戦をしたり、生徒の気持ちに合わせた指導をするなど、教育者としても素晴らしい監督さんです。

そうしたことを踏まえて、血液型に関するサイトを読んでみたら、

中途半端は嫌い、コツコツした作業が得意、他人を気遣う為優しい
https://www.ielove.co.jp/column/contents/02484/ より引用

という、A型の性格に一致していることがわかりました。

なので、佐々木監督の血液型はA型ではないかと推測できます。

佐々木洋監督の出身地

こちらのサイトの4ページ目の4月の項目に書いてありますが、佐々木洋監督は、岩手県の北上市の江釣子(えづりこ)の出身です。

岩手県の南西部に位置するこの街に、農家の次男坊として育ちました。

幼い頃から畑の仕事を手伝うことで、野球で使う筋肉を鍛えていたのですね。

佐々木洋監督のwikiプロフィール

  • 名前:佐々木 洋
  • よみ:ささき ひろし
  • 生年月日:1975年7月27日
  • 年齢:46歳(2022年3月25日現在)
  • 出身地:岩手県北上市江釣子
  • 職業:花巻東高校野球部監督

佐々木洋監督の経歴

佐々木洋監督は、幼少期の頃からプロになることを目指して野球に打ち込んできました。

こちらのサイトで佐々木洋監督が中学時代の事を語っていますが、中学時代は何とヤンチャでしかも番長だったのです。

しかし、当時の先生に「生徒会長になれ」と無理矢理導かれて生徒会長になったことで、その先生から、「君は教員に向いている」と言われました。

番長ということで、人を動かす力は当時から凄かったのかもしれません。

その佐々木洋監督の素晴らしさを見抜いた先生も、また素晴らしいですね。

佐々木洋監督は当時のことを振り返って、

当たっていたかどうかはわからないです。うまく持っていくためにそんな話しをしたと思うんですけど。そんなことが頭の中に残っていてですね。ー高校野球ドットコム 【特別企画】高校スポーツのあした(1)より引用

生徒会長に推してくれたこの先生がいなかったら、佐々木洋監督は花巻東の監督になっていなかったかもしれませんね。

高校は、地元北上市の公立高校である黒沢尻北高等学校に進学を果たします。

しかし残念ながら甲子園に行くことはできませんでした。

高校卒業後、国士舘大学に進学します。

大学卒業後は教師になることと、大学の先輩でもあった水谷哲也(みずたにてつや)氏が監督を務める、横浜隼人高校で教育実習の先生として赴任します。

先程紹介したサイトを読むと、横浜隼人高校では野球の指導者になるための修行のために赴任したことがわかります。

その横浜隼人高校でコーチを数年勤めた後、2000年に花巻東高校に教師として赴任。

そして2002年に野球部の監督に就任しました。

「生徒には2つの『目』を大事にしてほしいと思っています。一つは『目的』、もう一つは『目標』。どうしてそれ(その行動)をするのか常に意識してほしい。野球の練習でも普段の生活でも、一つ一つのことを意識しながら取り組んでほしいと思います」

SportsGraphic NumberWeb-より

この指導方針のもと、菊池雄星選手、大谷翔平選手といった2人のメジャーリーガーを輩出する快挙を成し遂げました。

目標を掲げ、その実現に向けてどのようにしていくのかを常に生徒に考えさせることによって、花巻東高校は強豪校となっていったのです。

佐々木洋監督の成績

 

佐々木洋監督が2002年に就任してから、花巻東高校は夏の甲子園岩手県代表になること7回、春の選抜高校野球出場4回、明治神宮高校野球大会ベスト4という素晴らしい実績を残しています。

特に2009年は、エースの菊池雄星選手を擁して春の選抜準優勝、夏には岩手県90年ぶりのベスト4進出という快挙を成し遂げました。

2022年1月にはスポーツ界の発展に貢献した個人を表彰する「日本スポーツ学会大賞」を、教え子の大谷翔平選手、菊池雄星投選手と同時に受賞しました。

こちらのサイトを読めば、簡単ではありますが佐々木洋監督の花巻東高校での成績が載っています。

佐々木監督含め、花巻東高校が今後どの様に発展していくか楽しみですね。

まとめ

今回は、「佐々木洋監督の妻(嫁)や息子(子供)等の家族!年齢や身長等のwikiプロフィールと経歴!」と題してお送りしてまいりました。

  • 佐々木洋監督は2002年の監督就任以降、春の選抜4回、夏の甲子園の岩手県代表に7回、計11回の甲子園出場を果たした
  • 岩手県北上市出身、1975年7月27日生まれの46歳である(2022年3月時点)
  • 出身校は北上市の黒沢尻北高校、大学は国士舘大学、横浜隼人高校で教育実習と野球部コーチの経験あり
  • 大谷翔平選手、菊池雄星選手と2人のメジャーリーガーを教え子から輩出した

という結果となりました。

今後の佐々木洋監督、そして花巻東高校の活躍に期待しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。