澤田修志の出身中学校や小学校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!

スマッシュを打つ男子バドミントン選手

今回は“桃田賢斗2世”との呼び声も高い日本バドミントン界の新星澤田修志(さわだしゅうじ)さんをご紹介したいと思います。

澤田修志さんは2022年4月現在、中学3年生。ですが小学生時代から全国大会で大暴れしてきた華々しい実績をお持ちで、中学生ながら全日本総合バドミントン選手権大会に参戦するなど、無限大の伸びしろを感じさせる超大物なんです。

では、澤田修志の出身中学校や小学校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!と題し、澤田修志さんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

澤田修志の出身中学校

澤田修志さんは2022年4月現在、埼玉県さいたま市にある埼玉栄中学校の3年生です。

2021年(2年生時)の全国中学校バドミントン大会決勝では、同じ埼玉栄中学校の1学年上の先輩・三浦大地さんを下して優勝を飾っています。つまり2年生にして、中学生日本一となったわけですね。

バド✕スピの優勝コメントではこちらのように語っていました。

決勝は、お互いに手の内がわかっている三浦先輩が相手でしたが、県大会や地区大会でも勝っていたので、いつも通りやれば勝てると思っていました

なんとも冷静というか、自信満々というか…とにかくビックリしますよね。

ちなみに、埼玉栄中学校は学校法人佐藤栄学園が運営する私立中学校で、サッカーやバドミントン、卓球、ゴルフ、相撲、陸上などの強豪校として知られる埼玉栄高等学校とは中高一貫校。

中学校のバドミントン部ももちろん全国レベルです。2022年ジュニアナショナルチーム(U16)には、埼玉栄中学校から澤田修志さんを含む6人が選出されていました。

また、埼玉栄中学校公式サイトのニュースでは「内閣総理大臣杯・文部科学大臣杯争奪令和3年度第75回全日本総合バドミントン選手権大会に、史上最多のシングルス2人、ダブルス2組の計6名が挑戦します」とありました。

澤田修志さんは同大会、惜しくも予選1回戦で涙を飲みましたが、年齢が一回り以上違う竹内宏気さん(埼玉栄高校のOB)を相手に奮闘されています。

数年後はもしかすると立ち位置が逆転しているかも?

澤田修志の出身小学校

澤田修志さんの出身小学校は帯広市立明星(めいせい)小学校です。小学生時代の新聞報道等に記載がありました。

2019年の十勝毎日新聞には「澤田修志(帯広ジュニア、明星6年)」と紹介されています。

澤田修志さんは小学生時代、帯広ジュニアバドミントンクラブに所属。すでに全国レベルの活躍を見せており、全国小学生ABCバドミントン大会では2015年(1・2年生の部)、2017年(3・4年生の部)、2019年(5・6年生の部)の3回の優勝を記録。全国小学生バドミントン選手権(学年別)では2017〜19年と3連覇を果たしています。

当時からまさに“スター選手確定!”ですよね。

ちなみに、帯広市立明星小学校は北海道の帯広市にある公立小学校。通常であれば卒業後は帯広市立帯広第四中学校へと進学することになりますが、澤田修志さんの場合は私立のバドミントン強豪校へと進学されています。

澤田修志の父

澤田修志さんの父親についての明確な情報は見つけることができませんでした。

実は、2021年の東京五輪でも活躍した永原和可那さんの中学時代の恩師が、澤田初穂さんといわれる方です。(※十勝毎日新聞

また、澤田初穂さんは澤田修志さんが小学校6年生当時、都道府県対抗団体戦で北北海道チームの監督・コーチを務められたこともあります。

バドミントン」「北海道」「澤田姓」とキーワードはつながりますよね…

フェイスブックにはこんな投稿もありました。

こちらで2014年当時の澤田初穂さんの写真がご覧いただけます。澤田修志さんに似てますか?

澤田修志の身長・体重や年齢等のwikiプロフィール

澤田修志の身長

澤田修志さんの身長については情報がなく不明です。

埼玉栄中学校のチームのみなさんとの集合写真がこちら。2021年8月のものです。

ひときわ背が高い写真上段一番右の方は、コーチをされている島田大輝さん。島田大輝さんの身長は185cmだそうですから、澤田修志さんの身長は170cm前後かな?といった感じに推測できそうです。

澤田修志の体重

澤田修志さんの体重も情報がなく不明です。

ちなみに、バドミントンの世界ランキング2位(※2022年4月12日発表)の桃田賢斗さんは身長が175cmで体重は68kgだそうです。

写真などからざっくり推測すると、澤田修志さんは60〜65kg前後かと考えられます。

澤田修志の年齢や誕生日(生年月日)

澤田修志さんの生年月日は報道やナショナルチーム(U16)のプロフィールにも記載がなく不明です。

ただ、澤田修志さんは2022年4月現在中学2年生です。つまり14〜15歳であることは間違いありません。

澤田修志の血液型

澤田修志さんの血液型についても情報がなく不明です。

参考までに日本のバドミントン代表メンバーを見てみると…

  • 桃田賢斗さん、渡邉航貴さん、山口茜さん、高橋沙也加さん:A型
  • 常山幹太さん、奥原希望さん:O型
  • 西本拳太さん:B型

といった感じで、日本人の血液型の割合と大差ない印象でした笑

ということは、澤田修志さんが血液型A型である確率は4割?

澤田修志の出身地

澤田修志さんの出身地は、出身小学校などから北海道の帯広市と考えて良さそうです。

前項でご紹介した通り、出身小学校は帯広市立明星小学校、所属していたクラブは帯広ジュニアバドミントンクラブでしたね。

小学校の学区から、帯広市の割に人口が集中した都市部のご出身ではないかと思われます。(※参考:帯広市通学区域)

澤田修志のwikiプロフィール

  • 名前:澤田修志(さわだしゅうじ)
  • 年齢:14〜15歳(2022年4月現在)
  • 出身:北海道帯広市
  • 所属:埼玉栄中学校

澤田修志の経歴

澤田修志さんがバドミントンを始めた時期やきっかけなどについての情報はなく、今のところよくわかりません。

前項でご紹介した澤田初穂さんが導き役だったのかも知れません。

いずれにせよ、幼少期から北海道の強豪・帯広ジュニアバドミントンクラブに所属。小学2年生で全国小学生ABCバドミントン大会を優勝されていますから、かなり早い段階でラケットを握っていたのではないかと考えられます。

実は2019年、全国小学生バドミントン選手権を優勝された後、こちらのように振り返っています。

振り返ってみると、5年生の全小はプレッシャーに負けていました。その後の夏のABC大会からじぶんをチャレンジャーの気持ちに帰ることができました。
すこしずつレベルアップできたのは、練習はもちろん、動画を見たことです。トップ選手の動画と一番見たのは自分のプレーです。動画を見ながら研究するのが大好きで、今でも毎日見ています

小学生にしてこのコメント…頭が上がりません笑

また、困難に対しては自分で研究して解決策を見つけるという姿勢も驚きですね。

そんな澤田修志さんが小学校卒業後の進路としてバドミントンの強豪校・埼玉栄中学校を選んだのもごく自然な流れでしょう。

今後の目標は「全中、JOC、国際大会で優勝すること」という澤田修志さん。国際大会で大暴れする日も近いのではないでしょうか。

澤田修志の成績

澤田修志さんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。小学校低学年の頃から全国クラスの実力を誇っていたことがわかります。

  • 2017〜19年:全国小学生バドミントン選手権 学年別優勝
  • 2015・17・19年:全国小学生ABCバドミントン大会 学年別優勝
  • 2020年:日本中学生バドミントンフェスティバル 5位
  • 2021年:全国中学校バドミントン大会 優勝
  • 2021年:全日本ジュニアバドミントンフェスティバル U15 2位
  • 2022年:全日本中学生バドミントン選手権 団体優勝(埼玉栄中)

澤田修志のインスタ

澤田修志ご自身のインスタアカウント@shuji.sawashuをお持ちですが、投稿数はわずか。今後に期待ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

澤田修志🏸✨(@shuji.sawashu)がシェアした投稿

一方、こちらはフジテレビ・内田嶺衣奈アナのアカウントから。

活躍すればするほど、インスタへの投稿も増えていくのではないでしょうか。

まとめ

今回は澤田修志の出身中学校や小学校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 澤田修志さんは2022年4月現在、埼玉栄中学校の3年生。出身小学校は帯広市立明星小学校です。
  • 父親についての明確な情報はありません。
  • 生年月日は不明。中学3年生なので14〜15歳と考えられます。
  • 身長、体重も不明ですが、170cm前後かと推測されます。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。