石原翔太郎の出身中学や高校はどこ?怪我や身長等のwikiプロフィール!

ゴール後喜ぶ陸上選手

スポンサーリンク


2021年の箱根駅伝では総合5位、王座奪還はならなかった東海大学チームですが、ルーキーとして獅子奮迅の走りを見せてくれたのが石原翔太郎(いしはらしょうたろう)さんです。

3区を走り区間1位の快走劇!2021年大会に出場した1年生ではただ1人の区間賞を獲得し存在感を発揮しました。

そんな石原翔太郎さんとは、どんなプロフィールの持ち主なのでしょうか?

今回の記事では石原翔太郎の出身中学や高校はどこ?怪我や身長等のwikiプロフィール!と題し、石原翔太郎さんについて詳しくご紹介していきたいと思います。

では、ぜひ最後までお付き合いください。

石原翔太郎の出身中学

石原翔太郎さんの出身中学は、兵庫県のたつの市立龍野東中学校です。

2021年の箱根駅伝を走り終えた後、石原翔太郎さんは故郷の兵庫県たつの市から「市民感動賞」を贈られています。

その受賞を伝える神戸新聞の記事に記載がありました。

記事によると中学時代は…

まずバスケットボール部に入ったが球技が上達しなかった。1年の冬に陸上に転向し、中長距離で活躍

とあります。当初から陸上競技がお好きだったわけではないんですね。

また、月陸オンラインの記事では、

中学時代は友達と仲良くやっていた感じです。陸上に詳しくもなく、楽しくやっていました。特に走るのが速かったわけではありません

と語っていました。現在の石原翔太郎さんからは想像がつきませんね笑

ということで、優勝したというような記録は残っていませんが、兵庫県中学校体育連盟のサイトなどで当時の様子を少しだけたどることができます。

  • 2016年:兵庫県郡市区対抗陸上競技大会3000m 総合5位
  • 2016年:兵庫県中学生上競技記録会3000m 6位
  • 2016年:全日本中学校通信陸上競技兵庫県大会1500m 7位

少なくとも龍野東中学校陸上部の中では一番の長距離ランナーだったことがうかがえます。

石原翔太郎の出身高校

石原翔太郎さんの出身高校は、岡山県倉敷市の倉敷高等学校です。

東海大学陸上競技部中長距離ブロックの公式ツイッターからも確認ができます。

石原翔太郎さんは兵庫県の出身ですから、越境進学ということになりますね。

前出の月陸オンラインの記事によると、石原翔太郎さんと同じ龍野東中学校出身で倉敷高等学校へと進学した前田舜平さんの影響なのだそうです。

前田舜平さんは後に明治大学の主将を務め、箱根駅伝にも出場した名ランナーですね。(※2021年春で明治大学を卒業)

高校時代の石原翔太郎さんは、次第に長距離ランナーとして覚醒を始めます。

2018年の全国高校駅伝で倉敷高等学校は日本一に輝いていますが、石原翔太郎さんは6区で区間2位の走りを見せ、優勝に大きく貢献しました。

また、駅伝だけではなく、5000mでも好記録をマークしていたそうです。

石原翔太郎の怪我で故障?

石原翔太郎さんは2021年10月の出雲駅伝にはエントリーしなかったため、怪我・故障の具合が心配されていました。

怪我の程度や故障箇所について、2021年10月現在の詳しい状況はわかりません

ご本人のツイートはこちら。2021年6月のことです。

同年5月には5000m自己ベスト(13:30.98)もマークしていただけに期待が大きかったのですが、その後レースにはまだ復帰していません。

とはいえ以前は、メジャーリーガー・大谷翔平さんのSHOW TIME!になぞらえ、駅伝でのご自身の区間を「石原翔time」とアピール。

つまり、欠場報告のハッシュタグ「#石原故障time」はさらにそれをもじったジョークだったんですね。

ファンからはこんな反応も。

ということで、レース復帰は間近と思ってよいのでは?

石原翔太郎の身長や年齢等のwikiプロフィール

石原翔太郎の身長

石原翔太郎さんの身長は174cmです。

スポーツ報知の箱根駅伝選手名鑑に記載があります。

レース中の写真がこちら。

2021年東海大学駅伝チームの中では真ん中あたりの身長でした。

石原翔太郎の年齢

石原翔太郎さんは2002年1月4日生まれで、年齢は19歳です。(2021年10月現在)

こちらも箱根駅伝選手名鑑で確認ができます。

毎年、箱根駅伝は1月2日−3日の日程で行われます。どんな気分で誕生日を迎えるかは、駅伝の結果次第?

石原翔太郎のwikiプロフィール

  • 名前:石原翔太郎(いしはらしょうたろう)
  • 年齢:19歳(2021年10月現在)
  • 出身:兵庫県たつの市
  • スポーツ歴:バスケットボール
  • 所属:東海大学陸上競技部

石原翔太郎の経歴

石原翔太郎さんが陸上の世界に足を踏み入れるのは中学時代のこと。

中学時代は決して全国レベルの長距離ランナーではなかった石原翔太郎さんですが、高校は駅伝の強豪、倉敷高校を選択します。陸上で活躍したいという意志の表れですね。

倉敷高校で長距離・駅伝ランナーとしての自信を得た石原翔太郎さんが夢見た舞台は箱根駅伝!

夢実現のため、東海大学へと進学されます。

そして、2021年ルーキーイヤーで迎えた箱根駅伝では3区を走り区間賞を獲得する走りを披露。

区間2位の小林歩(駒澤大学)さんとは17秒差という圧倒的な走りでした。

実は朝日新聞の記事によると、レース前に青山学院大学の原晋監督、國學院大學の前田康弘監督が期待の1年生として名を挙げていたのだとか。

全日本大学駅伝で序盤劣勢だった東海大の中で、塩尻和也(当時順天堂大学)の記録を破る好走だった。“駅伝力”のある選手だと思う」(前田康弘監督)

2020年11月に行われた全日本大学駅伝対校選手権大会、4区を走った石原翔太郎さんは区間新記録(33:16)をマークしています。東海大学は2位という結果でしたが、名将も一目置く走りだったんですね。

故障のため実戦から遠ざかっている石原翔太郎さんですが、レース復帰は2021年の全日本大学駅伝ではないかとも言われています。

どんな華麗な復活劇を見せてくれるのか、すごく楽しみですね。

石原翔太郎の成績

中学時代は無名に近かった石原翔太郎さん、全国レベルで名前が知られ始めた高校時代からの成績を少しご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


  • 2018年全国高等学校駅伝競走大会 倉敷高校優勝(6区、区間2位)
  • 2019年全国高等学校駅伝競走大会 倉敷高校準優勝(1区、区間5位)
  • 2019年全国高校陸上中国地区予選5000m 4位
  • 2019年岡山県長距離記録会5000m 優勝(岡山県高校記録)
  • 2019年全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 岡山県20位(4区)
  • 2020年全日本大学駅伝 東海大学総合2位(4区、区間1位)
  • 2021年箱根駅伝 東海大学総合5位(3区、区間1位)
  • 2021年関東学生陸上10000m 2位

石原翔太郎のインスタ

石原翔太郎さんはご自身のインスタアカウント@syoutarou0104をお持ちです。投稿数はあまり多くなく、更新頻度も低めなので、気長にチェックしておくとよいかと思います笑

また、東海大学陸上競技部中長距離ブロック公式インスタ@tokailongにも、石原翔太郎さんの画像が投稿されています。大会の結果などは、こちらに投稿されるかもしれません。

そしてこちらは、東海大学公式インスタのアカウント(@tokai_univ_)から。もはや東海大学の看板スターですね。

まとめ

今回は石原翔太郎の出身中学や高校はどこ?怪我や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 石原翔太郎さんの出身中学は兵庫県たつの市立龍野東中学校、出身高校は岡山県の倉敷高等学校です。
  • 2021年10月現在、故障のため実戦から離れています。復帰時期は明かされていません。
  • 2002年1月4日生まれの19歳。(2021年10月現在)身長は174cmです。
  • 高校時代から駅伝で活躍。東海大学進学後の2021年箱根駅伝では区間賞を獲得しました。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です