清水悠太の出身大学や高校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!

ボールを打つテニスの選手

今回は日本の男子プロテニスプレーヤーの中から、海外ツアーでの活躍が期待されている清水悠太(しみずゆうた)さんをご紹介したいと思います。

ジュニア時代から多くの戦歴を積み上げてきた清水悠太さんは、2021年の全日本選手権チャンピオン。現在は下部ツアー中心に活動されており、シングルス、ダブルスとも今後のステップアップに注目が集まっています。

では、清水悠太の出身大学や高校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!と題し、清水悠太さんについて詳しく解説してまいります。

ぜひ最後までお付き合いください。

清水悠太の出身大学

清水悠太さんとはサウスポーでプレーするこちらの方。現在はフューチャーズ、ATPチャレンジャーツアーで実績を積みつつ、ATPワールドツアーやグランドスラム大会への出場を目指しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuta Shimizu(@yuta9078)がシェアした投稿


(清水悠太インスタ@yuta9078より)

そんな清水悠太さんは高校卒業後、プロテニスプレーヤーとして活動することを選択。大学へは進学されていません

正確には2018年4月にプロ転向ということになるのですが、同年1月にはすでにフューチャーズで初優勝を達成されていました。高校在学中からプロを視野に入れて活動されており、大学に進学するという選択肢は考えていなかったようです。

一方、高校の同級生でダブルスのパートナーでもある羽澤慎治さんは慶應義塾大学へと進学され、大学テニス界でも活躍されました。現在ではともにプロテニスの世界に身を置いていますが、進路については人それぞれ…といった感じですね。

清水悠太の出身高校

清水悠太さんの出身高校は西宮甲英高等学院です。中学卒業時にはすでにプロテニスプレーヤーになることを決意。高校は通信制を選択されています。

ミズノ公式サイトのインタビュー記事『中学生の時に下した決断から、夢への階段を駆け上がる』では、こちらのように語っています。

「(2014年中牟田杯で優勝し)あの優勝で高校3年間をテニスに捧げる気持ちが固まり、通信制高校への進学を決意しました。もし優勝できていなかったら、全日制高校に進学してプロにはなっていないでしょうね

つまり、“プロテニスプレーヤー清水悠太”につながる重要な岐路だったのだそうです。

ちなみに、高校時代には2017年世界スーパージュニア優勝、全日本ジュニア(U18)優勝など、輝かしい成績を収めています。

清水悠太の父

清水悠太さんの父親は渉さんというお名前で、テニスの指導者をやられています。

2019年には滋賀県スポーツ協会表彰の優秀指導者賞を受賞されていました。元栗東高等学校テニス部顧問、現在はパブリックテニスイングランドのコーチです。

また、スキーや柔道の経験があったり、テニスプレーヤーとしても全日本ランキング(40歳以上)最高5位になったこともあるという、とても幅広くスポーツの世界を極めてきた方でした。そんな父親ですから、清水悠太さんがラケットを握るのもごく自然な流れだったんですね。

清水悠太の身長や年齢等のwikiプロフィール

清水悠太の身長

清水悠太さんの身長は163cmです。所属する三菱電機公式サイトの選手プロフィールなどに記載があります。

こちらは2022年11月神戸NOAHチャレンジャー、ダブルスで優勝したときの記念写真。パートナーの羽澤慎治さんの身長は176cmですから、けっこう身長差のあるダブルスペアだったんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuta Shimizu(@yuta9078)がシェアした投稿


(清水悠太インスタ@yuta9078より)

清水悠太の年齢や誕生日(生年月日)

清水悠太さんは1999年6月9日生まれで、年齢は23歳です。(2022年12月現在)

こちらはインスタから、2022年のバースデー報告です。「20歳くらいから時が経つスピードが早すぎて怖いくらいです」??

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuta Shimizu(@yuta9078)がシェアした投稿


(清水悠太インスタ@yuta9078より)

まだまだお若いですよね笑

清水悠太の血液型

清水悠太さんの血液型はA型だそうです。

清水悠太さんはスマッシュの食に関するインタビュー記事『身長163センチながら今季2勝の20歳!』では、性格が垣間見えるような発言をされていました。

料理は、あんまり凝ったものは作れないので、炒めものが多いです。肉と野菜をたっぷり。あとは、ヨーグルトや納豆などの発酵食品も取るようにしています
海外に行くと、いつもよりバランスが取れなかったりします。外食の値段が高い国も多いですし。でもそこはお金をケチらないで、身体に良いものを食べるようにしています。遠征中は、サラダ以外の生ものは絶対に食べない。ジュニアの時に一度あたったことがあるので、日本でも大会期間中は食べないです。あとは揚げ物も消化が遅いと聞いたので、避けるようにしていま

海外で過ごす時間も多いプロアスリートですから、食事の面でもご自身でいろいろと考えてらっしゃるようです。

こんなところももしかするとA型の几帳面さなのかもしれませんね。

清水悠太の出身地

清水悠太さんの出身地は滋賀県湖南市です。

みんなで滋賀県を盛り上げましょう!

ちなみに、清水悠太さんは湖南市立三雲小学校〜甲西中学校を経て西宮甲英高等学院へと進学されています。

清水悠太のwikiプロフィール

  • 名前:清水悠太(しみずゆうた)
  • 年齢:23歳(2022年12月現在)
  • 出身:滋賀県湖南市
  • 家族:両親、姉
  • 所属:三菱電機

清水悠太の経歴

清水悠太さんはテニス指導者の父・渉さんの影響でテニスを始めています。前項でご紹介したとおり、渉さんは幅広くスポーツを経験されてきた方。幼い清水悠太さんの身の周りにはボール、バット、ラケットなどがいつもあり、それをおもちゃにして遊んでいたのだそうです。

ラケットを握るのは4歳の頃、そして試合にデビューするのは6歳の頃。トレーニングを重ねたのは父親がコーチを務めるパブリックテニスイングランドです。父からアスリートDNAを受け継いだ清水悠太さんは、小学生時代から全国大会に出場するなど注目選手でした。

ちなみに、こちらの鈴木理子(りこ)さんとは同学年で、小学生時代からの幼馴染だそうです。


(スタテニインスタ@sutateni_officialより)

鈴木理子さんは高校時代に京都チャンピオンになったり、大学時代にはインカレでも活躍された方。現在はYouTubeチャンネル『スターテニスアカデミー』にご出演中ですが、清水悠太さんもたびたびゲストとして出演されています。

意外に長いお付き合いだったんですね。

順調に腕を伸ばした清水悠太さんは、中学時代に中牟田杯で全国チャンピオンとなったことが後押しとなり、プロになることを決意。通信制の高校へと進学するとともに、竹内映二さんが運営するテニスラボでトレーニングを重ねます。

こんな面白い練習もやっていたんでしょうか笑

その後、高校3年時には全日本ジュニアや世界スーパージュニアのシングルスを制し、USオープンジュニアのダブルスで準優勝。卒業後は晴れてプロの道へと入っていきます。

現在はATPワールドツアーの下部、フューチャーズやチャレンジャーで実績を積み上げ中。いずれグランドスラムを含めた大きな大会で躍動する清水悠太さんを見ることができるようになるかもしれません。

是非注目していきたいですね。

清水悠太の成績

清水悠太さんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。この他、2022年12月現在、チャレンジャーではシングルスで通算10勝を挙げています。

  • 2017年:全日本ジュニア 単優勝、複優勝
  • 2017年:世界スーパージュニア 単優勝
  • 2018年:中国フューチャーズ 単優勝(※初優勝)
  • 2019年:全日本選手権 単2位、複2位、混合優勝
  • 2021年:全日本選手権 単優勝
  • 2022年:SBCドリームテニス 単優勝

まとめ

今回は清水悠太の出身大学や高校はどこ?父や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 清水悠太さんは大学へは進学せず、テニスプレーヤーとしてプロデビューされました。
  • 出身高校は西宮甲英高等学院の通信制です。
  • 父親はパブリックテニスイングランドでコーチをやられている清水渉さんです。
  • 滋賀県湖南市出身。1999年6月9日生まれの23歳です。(2022年12月現在)

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です