志摩ノ海の結婚した嫁(妻)や子供!両親(父・母)等の家族!

大相撲のイメージ

スポンサーリンク


今回は大相撲木瀬部屋の志摩ノ海(しまのうみ)関をご紹介したいと思います。

1989年7月11日生まれの志摩ノ海関、年齢は中堅クラスですが持ち味の粘りと力強い突き押しで幕内に定着。2021年に婚約を発表するなどプライベートも充実しており、今後の上位進出が期待される力士の一人です。

一方、婚約したお相手のプロフィールや、一風変わった奇抜な化粧まわしが密かに話題となっています。

では、志摩ノ海の結婚した嫁(妻)や子供!両親(父・母)等の家族!と題し、志摩ノ海関の気になる話題について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

志摩ノ海の結婚した嫁(妻)

志摩ノ海関は2021年12月、婚約を発表されました。お相手は先代井筒親方(故人・元関脇逆鉾)の長女・福薗清香さん。なんと元タカラジェンヌという超美人さんでした。

清香さんは1987年6月5日生まれの34歳(2022年3月現在)。宝塚時代は宙組娘役として天咲千華(あまさきちはな)の名で活躍されました。

退団後はヨガのインストラクターをされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

天咲千華/chihana(@chihana.a)がシェアした投稿

美しい写真をもう一枚。

 

この投稿をInstagramで見る

 

天咲千華/chihana(@chihana.a)がシェアした投稿

スポンサーリンク


志摩ノ海関にもヨガの指導をされるのでしょうか?お腹がじゃまそうですが笑

2021年12月の婚約発表記者会見では「(最初の印象は)本当にきれいな方で見とれてしまった」とでれでれ状態で語ったそうです。まあ、仕方がないですよね。

また、志摩ノ海関はしこ名からも分かる通り、真珠養殖発祥の地でもある三重県志摩市のご出身。ということで、婚約指輪もやはり真珠だったのだとか。

以前の化粧まわしは、伊勢海老の目に真珠があしらわれていたものを使用されていました。

ですが、2022年春場所の化粧まわしのデザインはなんと岸辺露伴!しかも「だが断る」の台詞つきなんです。

これも最高の伴侶を得て頑張るぞ!という決意表明なのかも知れませんね。

元ネタの荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』はこちら。第4部に例の台詞が登場するので、興味がある方は探してみてくださいね。

なお、婚約発表会見のタイミングでは挙式・披露宴、婚姻届の提出などは未定。建設中のマンションの完成を待って、春場所後に同居生活をスタートされる予定となってるようです。

志摩ノ海の子供

前項でご紹介したとおり、志摩ノ海関は2022年3月現在、未来の妻と婚約中という状態。ですから、お子さんはまだと考えてよさそうです。

ネットでは早くもこんな声が…

フィアンセ福薗清香さんの父は元関脇の逆鉾、叔父は元十両の鶴嶺山、元関脇の寺尾(現錣山親方)。また、祖父も元関脇の鶴ヶ嶺。そんな遺伝子を持ったお子さんが生まれるとすると、やっぱりアスリート?

ちなみに、志摩ノ海関はお子さんにはすごく優しいようですよ。

志摩ノ海の両親(父・母)

志摩ノ海関の父親は濱口幸康さん、母親は恵子さんと言われる方。父・幸康さんは2009年に他界されています。

2016年、志摩ノ海関のNHK新十両力士インタビューでは「志摩ノ海」のしこ名の理由について

志摩はお父さんが育った場所で、お父さんがつけて欲しいと(言っていた)というのを母親から聞いて、自分もこれしかないなと思ってつけました

と語っています。地元の中学校から明徳義塾高等学校〜近畿大学と進学し学生相撲で名を馳せた志摩ノ海関ですから、父・幸康さんもすごく期待されていたのでしょうね。(※参考:大相撲取組結果一行メモ

また、同年に催された新十両昇進祝賀会の席で母・恵子さんは「とにかく怪我をしないように」と言われたそうです。期待・喜びと心配が同居する複雑な心境がよくわかります。(※伊勢志摩経済新聞

ちなみに、志摩ノ海後援会の会長・山下弘さんは、志摩ノ海関の父・幸康さんと同級生なのだとか。

幸康さんが急逝された時、「代わりに俺が応援していこう」と決めたのだというエピソードもあります。ご両親をはじめ地元の声援を受け、これからもどんどん上の番付を目指していっていただきたいですね。

志摩ノ海の家族

志摩ノ海関は二人兄弟で、6つ違いの兄がいらっしゃるそうです。ただ、詳しいことについては明かされていませんでした。

前出のNHK新十両力士インタビューでは

(子供の頃は兄弟で)とにかく暴れまわってて、よく居なくなったんで、よく親に怒られてましたね

と振り返っています。エネルギーが有り余っていた様子がよくわかるエピソードですね笑

とはいえ、志摩ノ海関が中学生の頃、当時高校生(明徳義塾高等学校)だった年寄・清見潟さん(元関脇・栃煌山)と徳勝龍関が揃ってスカウトしに来たのだそう。

その頃から体が大きく将来性があったことがわかりますが、お兄さんに関してはそのような話はないので、もしかすると体力的には弟の志摩ノ海関のほうが上回っていたのかも知れませんね。

まとめ

今回は志摩ノ海の結婚した嫁(妻)や子供!両親(父・母)等の家族!と題してお送りしてまいりました。

  • 志摩ノ海関の婚約相手は元関脇・逆鉾の長女で元タカラジェンヌの福薗清香さんです。
  • 2021年12月の婚約発表時、挙式・披露宴、婚姻届などの予定については未定とされていました。
  • 父親は幸康さん、母親は恵子さん。幸康さんは2009年に他界されています。
  • 6つ違いの兄がおられるようですが、詳しいことについては明かされていませんでした。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。