稲森佑貴の結婚した嫁(妻)や子供!実家の父・母や姉等の家族!

ゴルフのイメージ

今回は「日本一曲げない男」という異名をもつ男子プロゴルファーの稲森佑貴(いなもりゆうき)さんをご紹介します。

稲森佑貴さんは高校2年生のときに、史上最年少(当時)でプロテストに合格するという快挙を成し遂げた天才ゴルファーです。

曲がらないティショットを放つ稲森さんは、2021年に歴代最高のフェアウェイキープ率77.63%を記録した実力者。

そんな稲森さんの育った環境や練習場所について気になる方も多いのではないでしょうか。

それでは稲森佑貴の結婚した嫁(妻)や子供!実家の父・母や姉等の家族!と題し、詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

稲森佑貴の結婚した嫁(妻)

 

この投稿をInstagramで見る

 

慎弥 渡辺(@shinnosuke3636)がシェアした投稿


稲森佑貴さんは2020年2月22日に、1歳年下の美穂さん(旧姓:石神)さんとご結婚されました。

おふたりは鹿児島市立松元中学校の先輩、後輩関係でしたが、在学中の交流はなかったようです。

そんな2人が再会したのは、稲森さんがプロ6年目となる2016年に美穂さんから届いたSNSがきっかけだったのだとか。

交際スタート後は、たびたび試合に訪れる美穂さんの姿が目撃されていました。

結婚後はコロナ禍で無観客試合が続きましたが、2022年は妻の前で優勝を飾ることを目標としていた稲森さん。

2022年5月に開催された「第62回 中日クラウンズ」では見事優勝を果たしました。

稲森夫婦が入籍した「令和2年2月22日」という2づくしの日付にはこだわりがあったようで、稲森佑貴さんの地元・鹿児島弁「ふがいい(幸せの意)」と、「ひ、ふ、みの”ふ=2”」の語呂合わせから吉日に選んだとのことです。

こちらは結婚式のお写真です。

大勢のゴルファーからも祝福されています。

妻・美穂さんは料理が上手なようで、稲森佑貴さんは「バランスも考えてくれて、ご飯が進む」とほぼ毎日、軽く2杯はおかわりするというエピソードを話されています。(※Sportsnavi)

美しくて家事も完璧にこなす妻のことを大事に思っているようです。幸せエピソードですね!

稲森佑貴の子供

稲森佑貴さんの子供についての情報はなく、2022年11月現在はお子さんがいらっしゃらない可能性が高いです。

前項で解説した「ふがいい」という言葉には「授かる」という意味もあるそうで、結婚後の稲森さんへのインタビューでは、「僕は一人っ子だったので、子どもは2人は欲しい。きょうだいは絶対に作ってあげたい」と語っています。(※Sportsnavi)

稲森夫婦が子供を授かる日も遠くないかもしれませんね。

稲森佑貴の実家

稲森佑貴さんのご実家は鹿児島県鹿児島市にある「グリーンゴルフ練習場」です。

ご両親がゴルフ場を経営しており、稲森さんは幼少期からゴルフ環境に囲まれて生活していました。

プロゴルファーの道に進んだのも納得ですね。

こちらは稲森さんがグリーンゴルフ練習場を紹介している動画です。

グリーンゴルフ公式アカウントでは稲森さんの活躍を応援されている投稿も多いので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

稲森佑貴の父


稲森佑貴さんの父は実家のゴルフ練習場を経営する兼隆さんです。

兼隆さんは日本シニアオープンの出場歴があるアマチュアゴルファーで、稲森佑貴さんがゴルフを始めたきっかけとなった人物です。

稲森さんが初めてクラブを握ったのは、まだ物心もつかない2歳のときでした。

自然とゴルフに触れる環境が整っていたことは、稲森さんのゴルフ人生の原点となっているようです。

小学生になり父から本格的に指導を受けるようになると、今の稲森さんの代名詞である「曲がらないゴルフ」を徹底的に教え込まれたんだとか。

現在の稲森さんの活躍は、間違いなく父・兼隆さんのおかげですね。

稲森佑貴の母

稲森佑貴さんの母は、友加里さんという方です。稲森さんの父・兼隆さんとともに実家のゴルフ練習場を経営されています。

稲森さんはプロ入り前から父と2人でキャンピングカーで全国を転戦していましたが、母親思いの一面もあるのだとか。

父・兼隆さんのインタビューでは「お母さんを家に残して、さみしい思いをさせたから。母親思いなんです」と話されています。(※スポーツ報知)

そんな稲森さんは、2018年の母の日に開催された大会では「初優勝をプレゼントしたい」と意気込む場面もありました。

この言葉は母・友加里さんも嬉しかったに違いないですね。

稲森さんは母に約50万円のマッサージチェアをサプライズで贈ったこともあるそうで、親孝行する素敵な息子であることがわかります。

稲森佑貴の姉

稲森佑貴さんは一人っ子のため、姉はいません

同じ鹿児島県鹿児島市出身の女優・稲森いずみさんが姉では?という情報があるようですが・・・

稲森佑貴さんがインタビュー時に「一人っ子」と話されていることと、稲森いずみさんの実家は化粧品専門店の経営をされているという情報が見つかったので、おふたりは兄弟関係ではないことがわかります。

ちなみに稲森佑貴さんは子供が2人欲しいと述べているほどなので、自身も兄弟が欲しかったのだと推測されます。

実家の広大な練習場でひとりで練習するのは寂しかったのかもしれませんね。

もし兄弟がいれば幼少期から一緒にゴルフをしていたでしょうから、きょうだいプロゴルファーが誕生していたかも…?

ただ父とのマンツーマンの練習期間があったからこそ、現在の稲森さんの強さがあるともいえそうです。

稲森佑貴の家族

稲森佑貴さんは、父・兼隆さんと母・友加里さんとの3人家族です。

ゴルフ練習場を経営している両親と、プロゴルファーの息子というまさにゴルフ一家!

ご両親も稲森佑貴さんの大会に駆けつけることもあるようで、息子の活躍を応援されています。

2022年11月現在は妻・美穂さんとの2人家族ですが、今後は家族が増えるかもしれませんね。

まとめ

今回は稲森佑貴の結婚した嫁(妻)や子供!実家の父・母や姉等の家族!と題してお送りしてまいりました。

  • 2020年(令和2年)2月22日に結婚した妻は、1歳年下の美穂さん
  • 2022年11月現在、子供はいない
  • 実家は鹿児島県鹿児島市にある「グリーンゴルフ練習場」
  • 父は日本シニアオープンの出場歴があるアマチュアゴルファーの兼隆さん
  • 母は兼隆さんとともにゴルフ練習場を経営する友加里さん
  • 姉はおらず一人っ子で、女優の稲森いずみとは姉弟関係ではない
  • 家族は、父・兼隆さんと母・友加里さんとの3人家族

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です