吉田陽菜の出身高校や中学はどこ?姉や両親(父・母)等の家族!

フィギュアスケートのイメージ

今回は女子フィギュアスケート界期待の吉田陽菜(よしだはな)さんをご紹介します。

吉田陽菜さんは高校生ながらにして世界で活躍するフィギュアスケーターで、12歳のときにトリプルアクセルを成功させるという世界最年少記録の持ち主!天才少女としてメディアからも取り上げられました。

2022年に開催されたイタリア大会のインタビューでは、通訳なしのリスニングと流暢な英語を話す姿が話題となり、まさに才色兼備の選手です。

では吉田陽菜の出身高校や中学はどこ?姉や両親(父・母)等の家族!と題し、詳しく迫っていきたいと思います。

吉田陽菜の出身高校

吉田陽菜さんはフィギュアスケートの名門、中京大附属中京高校に在籍されています。

こちらは入学式のお写真。(写真真ん中)

中京大中京高校は浅田真央さん、村上佳菜子さん、安藤美姫さん、小塚崇さん、宇野昌磨さんら多数のフィギュアスケーターを輩出した強豪校として知られています。

なんと練習は中京大学内にあるリンクを使用できるそうで、世界で競い合う選手を育成する環境が整っているのだとか。

そんな中京大中京高校は文武両道の高校としても名高く、2022年10月に開催されたジュニアグランプリイタリア大会で優勝した吉田陽菜さんは、インタビュー時の流暢な英語力にも称賛が集まりました。

通訳なしで受け答えできていて素晴らしいですよね。スケートだけでなく、語学にも励んでいることがわかります。

吉田陽菜の出身中学

名古屋市出身の吉田陽菜さんは2018年に名古屋市立猪高中へ入学し、「名東FSC」に所属していました。

その後、京都府宇治市を拠点に国際的な選手の育成を目指す「木下アカデミー」へ移るため、2020年に京都府の宇治市立宇治中へ転校されました。

中学生の頃から世界を見据えて転校とは、フィギュアスケートへの注力具合がうかがえますね。

そんな吉田陽菜さんは中学3年生のときに全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会で2位に輝きました。

こちらは中学生のときのお写真です。

13歳とは思えない大人っぽがありますよね。

吉田陽菜の姉

吉田陽菜さんの姉は3歳年上の吉田莉菜さんです。2022年現在は名古屋大学の医学部医学科に在籍されています。

顔写真は梅村学園創立100周年記念サイトのインタビュー記事に掲載されています。

陽菜さんと同じくフィギュアスケートをプレーしていた莉菜さんは中京大中京高校に入学されましたが、1年生のときに怪我をしてしまいフィギュアの夢を断念。

怪我でお医者さんにお世話になっていたことから、「私も心身ともに支えられるお医者さんに」という思いで現在は医者を目指して奮闘されているようです。

新たな夢に向かって勉強に励んでいる莉菜さんを、今後も応援したいですね。

吉田陽菜の両親(父・母)

吉田陽菜さんの両親についての情報は見つかりませんでした

世界の舞台でも活躍されている陽菜さんは、今までフィギュアスケートにかかってきた費用を考えても裕福な家庭で育ったことが考えられます。

調べた情報によると、世界選手権上位に入るフィギュアの選手は年間2000万円の費用がかかるとの話もあるようです。

ご両親が陽菜さんのフィギュアスケートの活躍を応援されていることはもちろんだと思いますが、金銭面についてもかなりのサポートをされていることがわかります。

吉田陽菜の家族

吉田陽菜さんの家族は、両親と姉・莉菜さんとの4人家族です。

姉の莉菜さんは8歳の頃からフィギュアスケートをされていて、陽菜さんとともにフィギュアスケーター姉妹でした。

2022年現在、姉は医学部で医者を目指し、妹はフィギュアスケーターとして姉妹で別の道を歩んでおられますが、どちらも相当な努力が必要な職業ですよね。

高い目標をもって頑張っているお二人はかっこいい姉妹ですし、ご両親からしても誇りに違いないですね。

吉田陽菜の身長や年齢等のwikiプロフィール

吉田陽菜の身長

吉田陽菜さんの身長は155 cmです。木下アカデミー公式サイトに記載があります。

女性の平均身長は約158cmなので、平均よりもやや低い身長になります。

こちらは中京大中京高校スケート部のみなさんとのお写真。(陽菜さんは右から2番目)

他の選手と比べても背が低い方であることがわかりますね。

フィギュアは身長が低い方がジャンプしやすいという話もあるようです。すでに美しいトリプルアクセルを成功させている陽菜さんですが、今後のジャンプにも期待できますね!

吉田陽菜の年齢や誕生日(生年月日)

吉田陽菜さんは2005年08月21日生まれ17歳(2022年10月現在)です。木下アカデミー公式サイトに記載があります。

同じ中京大高校に一緒に入学した中村俊介さん、手嶋里佳さんも同い年になります。

なんと吉田陽菜さんと手嶋里佳さんは誕生日が1日違いでした。

そして中村俊介さんも同じ8月生まれ。フィギュアスケーターは夏生まれが多いのでしょうか…?

吉田陽菜の血液型

吉田陽菜さんの血液型に関する情報はありませんでした

フィギュアスケーターはA型とB型が多いと言われています。

ちなみに陽菜さんと同じ中京大中京高校出身の安藤美姫さん、村上佳菜子さんはA型で、浅場真央さん、小塚崇さん、宇野昌磨さんはB型でした。陽菜さんもA型かB型の可能性が考えられますね。

吉田陽菜の出身地

吉田陽菜さんは愛知県名古屋市出身です。日本スケート連盟公式サイトのバイオグラフィーに記載があります。

中学で京都の学校へ転校しましたが、高校で再び地元の名古屋市に戻られたようですね。

木下アカデミーには引き続き在籍されているため、名古屋と京都を行き来していることが推測されます。

大会でも全国を飛び回っている陽菜さんは、移動は慣れっこなのかもしれませんね。

吉田陽菜のwikiプロフィール

  • 名前:吉田陽菜(よしだはな)
  • 年齢:17歳(2022年10月現在)
  • 出身:愛知県名古屋市
  • 趣味:お城巡り
  • 所属:木下スケートアカデミー

吉田陽菜の経歴

吉田陽菜さんは愛知県名古屋市にお生まれになり、名東FSCでフィギュアスケートを始めます。

小学6年生のときにげんさんサマーカップで優勝し、練習では6年生の3月からトリプルアクセルの練習を始めました。

そのわずか3ヶ月後の中学1年生6月に初めて成功させ、8月に開催された公式大会で見事トリプルアクセル成功。

世界最年少記録を打ち出しました。

その後は木下アカデミーで練習を重ね、中学3年生のときに全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会で2位に輝きます。

名門・中京大学高校へ入学後も躍進を続け、2022年には「エーニャスプリングトロフィー」「バヴァリアンオープン(ジュニア)」「JGP第1戦 フランス大会/クールシュヴェル」で優勝するなど世界から注目される選手となっています。

吉田陽菜の成績

吉田陽菜さんのこれまでの成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2017年:全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ノービスA 優勝
  • 2019年:全日本フィギュアスケート選手権大会 19位
  • 2019年:全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 3位
  • 2020年:全日本フィギュアスケート選手権大会 16位
  • 2020年:全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 2位
  • 2020年:全国中学校スケート大会 4位
  • 2020年:西日本ジュニア選手権大会 2位
  • 2021年:全日本フィギュアスケート選手権大会 9位
  • 2021年:全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 4位
  • 2021年:近畿フィギュアスケート選手権大会 ジュニア 3位
  • 2021年:西日本ジュニア選手権大会 6位
  • 2022年:エーニャスプリングトロフィー 優勝
  • 2022年:バヴァリアンオープン(ジュニア) 優勝
  • 2022年:JGP第1戦 フランス大会/クールシュヴェル2022 優勝

まとめ

今回は吉田陽菜の出身高校や中学はどこ?姉や両親(父・母)等の家族!と題してお送りしてまいりました。

  • 高校は中京大附属中京高校に在籍
  • 中学は名古屋市立猪高中へ入学し、「木下アカデミー」へ移るため京都府にある宇治中へ転校
  • 姉は医学部に所属している3歳年上の吉田莉菜さん
  • 両親についての情報は見つかりませんでした
  • 家族は、両親と姉・莉菜さんとの4人家族
  • 身長は155cm、2005年08月21日生まれの17歳(2022年10月現在)、愛知県名古屋市出身
  • 世界最年少記録となる12歳でトリプルアクセルを成功させた天才少女、世界を見据えて木下アカデミーへ所属し、高校では世界大会で数々の優勝を遂げている

という結果となりました。

今後も吉田陽菜さんの活躍に注目したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です