渡辺倫果の出身大学の学部や高校はどこ?コーチや身長等のwikiプロフィール!

フィギュアスケートのイメージ

今回は、大躍進を続けているフィギュアスケート選手渡辺倫果(わたなべりんか)さんをご紹介したいと思います。

倫果さんは2021年の全日本選手権フリーで、人生初となるトリプルアクセルを成功させ6位。フィギュアスケートファンを感動の嵐に巻き込みました。世界の舞台での飛躍を予感させる素晴らしい逸材です!

2022年9月現在大学2年生の彼女、実は中学時代にはフィギュアのため単身カナダへ留学するなど、驚きの行動力を備えた女性。どのような経歴を持っているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

では、渡辺倫果の出身大学の学部や高校はどこ?コーチや身長等のwikiプロフィール!と題し、渡辺倫果さんについて詳しく解説していきます。

渡辺倫果の出身大学の学部

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺倫果(@rinkaaaa_0719)がシェアした投稿

渡辺倫果さんは2021年4月に法政大学通信制の経済学部に入学、2022年9月現在は大学2年生になります。

自身のインスタグラムでは「経済学部で4年間勉強も頑張っていきたいと思います!」とフィギュアスケートとの両立について意気込みをつづっています。

2021年6月の4years.のインタビュー記事では、法政大学通信制を選んだ理由について「他の大学の候補があったのですが、法政大学は学部が選べたので。経済学に興味があり、経済学部を選びました。一つの答えを導き出すという点で数学が好きです。」と話されていました。

この数学的思考は、フィギュアスケートのジャンプや構成の研究にも活かされているのだとか。

倫果さんの研究熱心な姿勢は、今後もフィギュアスケートと大学生活ともに大いに発揮されそうですね。

渡辺倫果の出身高校

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺倫果(@rinkaaaa_0719)がシェアした投稿

渡辺倫果さんは2021年3月に青森県にある青森山田高等学校を卒業されています。

出身は千葉県ですが、中学2年生のときに倫果さんのコーチである関武徳さんがカナダへ移ったことにより、海外留学できる青森山田中学校へ転校。

中学3年生のときに練習拠点をカナダへ移しました。

そして青森山田高校へ入学後もカナダで練習していたそうですが、高校3年生のときに国内試合のために日本に帰国、その後は新型コロナの影響でカナダには戻らずに2022年9月現在も国内を拠点に活動されています。

渡辺倫果のコーチ

渡辺倫果さんのコーチは、中庭健介(なかにわけんすけ)さんです。

中庭コーチは2007年冬季アジア大会3位、2008~2009年シーズンにオンドレイネペラトロフィーで優勝を果たした実力者。

2022年9月現在は千葉県船橋市の「MFフィギュアスケートアカデミー」でヘッドコーチを務めています。

こちらの動画にはコーチをしている様子が映っています。

倫果さんはコロナ禍でカナダの拠点に戻れなかったため、このMFフィギュアスケートアカデミーに移籍して練習に励んでいます。

カナダで関徳武コーチの指導を受けていた倫果さんは、4years.のインタビュー記事

「ずっと悩んでいて、中途半端なままで、この先どうなるかわからないので、日本でちゃんと取り組んでいきたいと思いました。関先生から中庭先生に頼んでもらいました」と拠点を変更することになった経緯を語っています。

環境が変わって苦労もされたようですが、2022年6月のスポーツ法政のインタビュー記事では「中庭先生との信頼関係を築けてうまくいくようになりました」と話されていました。

逆境の中でも前を向いて進み続け、新たな環境を構築した倫果さんは、精神面においてもさらに強くなったのではないでしょうか。

渡辺倫果の身長や年齢等のwikiプロフィール

渡辺倫果の身長

渡辺倫果さんの身長は153㎝です。

日本スケート連盟のプロフィールページのバイオグラフィーに記載があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺倫果(@rinkaaaa_0719)がシェアした投稿

こちらは法政夏季合宿の様子です。女子メンバーの中でも少し小柄なほうですね。

渡辺倫果の年齢や誕生日(生年月日)

渡辺倫果さんは2002年07月19日生まれ20歳(2022年9月現在)です。

日本スケート連盟のプロフィールページに記載があります。

女子フィギュアスケート選手では、山下真瑚さん、紀平梨花さんらが同じ2002年生まれです。

渡辺倫果の出身地

渡辺倫果さんは千葉県出身です。日本スケート連盟のプロフィールページに記載があります。

東京都にある文華女子中学校に通っていましたが、中学3年生のときにバンクーバーへと移動し青森山田中学校へ転校。高校時代は青森県代表として国体にも出場されています。

そして帰国後、高校を卒業し現在は東京在住で練習拠点は千葉。ゆかりの地はいくつもあるんですね。

渡辺倫果の血液型

渡辺倫果さんの血液型について、残念ながら情報は見つかりませんでした

フィギュアスケートで活躍されている方にはB型が多いのだとか。

倫果さんは負けん気が強いという情報もあるので、もしかするとB型なのでは…と勝手に予想しています。

渡辺倫果のwikiプロフィール

  • 名前:渡辺倫果(わたなべりんか)
  • 年齢:20歳(2022年9月現在)
  • 出身:千葉県
  • 趣味:アニメ鑑賞、フィギュア集め、ダイオウグソクムシのグッズ集め
  • 所属:MFフィギュアスケートアカデミー

渡辺倫果の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺倫果(@rinkaaaa_0719)がシェアした投稿

倫果さんがフィギュアスケートを始めたのは3歳の頃。2006年トリノオリンピックの荒川静香さんが金メダルの輝いたところを見たのがきっかけなんだとか。

西武東伏見FSCでトレーニングを積むと、中学3年のときに単身でカナダのバンクーバーへ留学。ホームステイをしながら8 rinksでスケートの練習に励んでいたそうです。

その後コロナ禍の影響で日本に拠点を移すと、トレーニングの成果が少しずつ結果として表れ始めます。2021年全日本選手権では自己最高の6位となりました。

演技力、ジャンプの精度も上がり、ファンの注目を浴びる存在となっていきます。

中学生での単身留学、そしてコロナ禍での環境の変化を乗り越えてパワーアップしている倫果さん。

今後の活躍から目が離せませんね!

渡辺倫果の成績

渡辺倫果さんのこれまでの成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2017 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 5位
  • 2017 全日本フィギュアスケート選手権大会 19位
  • 2018 バヴァリアンオープン(ジュニア) 2位
  • 2018 全国中学校スケート大会 2位
  • 2018 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 4位
  • 2018 全日本フィギュアスケート選手権大会 18位
  • 2019 クープドプランタン(ジュニア) 優勝
  • 2021 全日本フィギュアスケート選手権大会 6位
  • 2022 クープドプランタン 優勝
  • 2022 ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会 10位

まとめ

  • 法政大学の通信制の経済学部に在籍
  • 青森山田高等学校出身
  • コーチは、フィギュアスケートで数々の成績を残した中庭健介さん
  • 身長は153㎝。2002年07月19日生まれの20歳(2022年9月現在)。千葉県出身。
  • 中学3年でカナダへ留学、現在は千葉のMFフィギュアスケートアカデミーに所属

という結果となりました。

今後も渡辺倫果さんの活躍に注目したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。