三原舞依の病気(持病)は難病で現在は?父や母等の家族!

演技をする女子フィギュアスケーター

今回は世界クラスのフィギュアスケーターに成長した三原舞依(みはらまい)さんの人物像に迫りたいと思います。

三原舞依さんは坂本花織さんとともに早くから非凡な才能が注目されてきた女子フィギュアスケーター。度重なる病気、体調不良などで休養を余儀なくされつつ、困難を乗り越えるごとにパワーアップし輝かしい実績を残してきました。

そんな強さと美しさを併せ持つ三原舞依さんを支えたご家族は、実は神戸の美容師一家なのだとか。

では、三原舞依の病気(持病)は難病で現在は?父や母等の家族!と題し、三原舞依さんについて詳しく解説してまいります。

ぜひ最後までお付き合いください。

三原舞依の病気(持病)は難病で現在は?

三原舞依さんは2015年頃と2019-20年シーズン、全身の関節が痛む難病で競技をお休みしていた期間があります。病名は「若年性特発性関節炎」でした。

若年性特発性関節炎はいわゆる指定難病の一つで、16歳未満の子供が発症する原因不明の関節炎。患者は1万人に1人と言われており、進行すると関節破壊につながるケースもあるのだとか。また、ステロイド治療による副作用も懸念されます。

(※参考:難病情報センター若年性特発性関節炎

2015年には入院治療〜退院後の車椅子生活を経て復帰されたものの、直後は月に1度、点滴治療などを受けておられたとか。また、2019-20年シーズンでは、治療のため1シーズン休養されています。

原因がわからない病気でもあり、完治したかどうかについてはなんとも言えません。ですが、2022-23年シーズンは元気いっぱいの滑りを披露し、たくさんのファンを魅了しています。

2022年11月のスポニチの記事『GP2連勝でファイナル進出』では…

(転戦は)私も未知の領域です。でも、海外に行くことも、旅として、自分の中でも好きなことなので。一回一回の機会が、かけがえないこと。休養していた時は、そういうことも考えられなかった。コンディションの部分で辛いときもあるかもしれないけど、頂けたチャンスがうれしいです

と“フル参戦”できる喜びを語っています。つまり、経過は順調と考えてよさそうですね。

これからどんどん華麗な演技を披露してくれるのではないでしょうか。

三原舞依の父

三原舞依さんのご実家は実は美容師一家父親も美容師をされているとの情報がありました。finoのインタビューなどで明かされています。(※『フィギュアスケーター・三原舞依が自身の髪を寄付し続ける理由』)

三原舞依さんはヘアドネーション(医療用ウィッグのために髪の毛を寄付)を何度も行った経験をお持ち。やはりご家族の影響を強く受けていらっしゃるようですね。


(シスメックスインスタ@sysmex_figureskatingteamより)

フィギュアスケートという競技の特性から、三原舞依さんのご実家はお金持ちの資産家では?と考える方も少なくないようですが、どうやら少し違うようです。

残念ながら父親のお名前やお店など詳しいことは特定できなかったのですが、神戸市内に超老舗(開業80年!)の美容室「みはら美容室」というお店があるようなので、参考までにご紹介。

ヘアドネーションも可能だそうです。単なる「三原」つながりかも知れませんけど笑

三原舞依の母

三原舞依さんの母親についても詳しい情報はありません。ただ、ご主人と一緒に美容室を経営されているそうなので、母も美容師さんなのですね。

ちなみに、こちらは2022年春、三原舞依さんの甲南大学卒業式の様子です。素敵な和装ですが、ご実家で着付けをやられたのかな?と想像できそうですよ。

三原舞依の家族

三原舞依さんにはご両親の他、これまた美容室を経営されている兄・武さんがいらっしゃいます。

神戸市須磨区のヘアデザインメリー(hair design Merry)というお店を経営されており、独立してお店を持たれていることがわかりました。

ということで、三原家は数世代にわたって美容室をやられているんですね。スゴすぎる。

ちなみに、フェイスブックの基本データを参考にすると、兄・武さんはご結婚されており、奥さまも美容師。ならば、お子さんもひょっとすると?

三原舞依の身長や年齢等のwikiプロフィール

三原舞依の身長

三原舞依さんの身長は157cmです。ISUの選手データから知ることができます。シスメックスのプロフィールでは「154cm」となっていましたが、伸びたのでしょうか?

こちらはシスメックス所属のフィギュアスケーターのみなさん。坂本花織さん(左)は158cm、壷井達也さん(中)は165cmだそうです。


(シスメックスインスタ@sysmex_figureskatingteamより)

三原舞依の年齢や誕生日(生年月日)

三原舞依さんは1999年8月22日生まれで、年齢は23歳です。(2022年12月現在)

こちらは2022年のバースデー報告です。「自分の歳にびっくり」?


(シスメックスインスタ@sysmex_figureskatingteamより)

三原舞依の血液型

三原舞依さんの血液型はA型だそうです。

NumberWebの記事『それでも心を折らなかった三原舞依の4年間』にスゴいコメントを発見。

たぶん心は折れないです。折れたときはご臨終している、死んでいると思います。私からスケートをとってしまったら何も残らないと思うんです

A型だから…というわけではないかもしれませんが、こんな一途なところが三原舞依さんらしさなんですね。

三原舞依の出身地

三原舞依さんの出身地は兵庫県の神戸市です。こちらは転戦の合間に立ち寄った地元のマッサージサロン、ANESIS DAY SPAさんの投稿です。

地元の方からすごく応援されているんですね。

ちなみに、三原舞依さんは神戸市立東須磨小学校〜飛松中学校を経て、県立芦屋高等学校、甲南大学へと進学されています。

三原舞依のwikiプロフィール

  • 名前:三原舞依(みはらまい)
  • 年齢:23歳(2022年12月現在)
  • 出身:兵庫県神戸市
  • 趣味:音楽鑑賞、写真
  • 所属:シスメックス、甲南大学大学院

三原舞依の経歴

三原舞依さんがフィギュアスケートを始めるきっかけは、テレビで見た浅田真央さんの演技に魅了されたことでした。小学2年生のときのことです。

テレビで彼女(浅田真央さん)が滑っているのを見て、私もスケートがしたいと思い、レッスンに参加しました」(※The Answer『浅田真央への憧れをISUに明かす』)

そんな憧れからフィギュアスケートの魅力にハマっていった三原舞依さんは、滑ることの楽しさが大きなモチベーションとなり、少しずつ頭角を現していきます。

2012年全日本ジュニアで8位となると、翌シーズンには海外遠征も経験。そのまま一気にスターへの道を駆け上がるかに見えましたが…

前項でご紹介したとおり、15年には難病を発症し、以降は苦難の道を歩むことになります。

ところが、ここで立ち止まらないのが三原舞依さんのスゴいところ。

  • 2015年入院〜16年日本選手権3位、17年四大陸選手権優勝
  • 2019年休養〜20年日本選手権4位、22年四大陸選手権優勝

必ず第一線に戻ってくるんです。いつしか“氷上のシンデレラ”と呼ばれるようになりました。

絶対に折れない心をお持ちの三原舞依さん、これからもファンを大いに感動させてくれそうですね。

三原舞依の成績

三原舞依さんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2016年:日本選手権 3位
  • 2017年:四大陸選手権 優勝
  • 2017年:世界選手権 5位
  • 2018年:四大陸選手権 2位
  • 2019年:四大陸選手権 3位
  • 2019年:冬季ユニバシアード 優勝
  • 2020年:日本選手権 5位
  • 2021年:日本選手権 4位
  • 2022年:四大陸選手権 優勝
  • 2022年:ISU GPMKジョン・ウィルソン杯 優勝
  • 2022年:ISU GPグランプリ 優勝

まとめ

今回は三原舞依の病気(持病)は難病で現在は?父や母等の家族!と題してお送りしてまいりました。

  • 三原舞依さんは2015年頃から原因不明の難病、若年性特発性関節炎に苦しめられてきましたが、現在の経過は順調なようです。
  • ご両親、兄ともに兵庫県神戸市で美容室を営んでおられます。
  • 兵庫県神戸市出身。1999年8月22日生まれの23歳です。(2022年12月現在)
  • 素晴らしい精神力で2度、病気から復帰。第一線で活躍されています。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です