倭早希の本名や年齢等のwikiプロフ!出身大学や高校はどこ?

黒ビキニの美女

今回は井岡一翔さんの世界戦のラウンドガールを務めたことで一気に知名度を上げたタレントの倭早希(やまとさき)さんをご紹介したいと思います。

2022年7月、プロボクシングのラウンドガールとして登場し、ファン(男性?)の視線を釘付けに。際どいビキニ姿が強烈なインパクトを残しました。

そんな倭早希さんは抜群のスタイルを生かして主にグラビアなどで活躍されていますが、実は教員免許他、たくさんの資格を持つ才女でもあるんです。

では、倭早希の本名や年齢等のwikiプロフ!出身大学や高校はどこ?と題し、倭早希さんについて詳しく解説してまいります。

ぜひ最後までお付き合いください。

倭早希の本名や年齢等のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

倭 早希 Saki Yamato(@saki_yamato_)がシェアした投稿


(倭早希インスタ@saki_yamato_より)

倭早希の本名

倭早希さんの本名は、活動名と同じく「倭早希」です。

倭早希さんは大学時代にミス日本にエントリー。2015年には「ミス日本ミス着物」に選出された経歴をお持ちですが、当時のお名前も「倭早希」でした。

ミス日本公式サイトのエントリーFAQによると…

3:芸名で応募できますか?
 A:できません。
本名でのエントリーとなります。
」(※ミス日本『自分の夢を実現したい女性、集まれ。』)

とのこと。芸名みたいな素敵なお名前ですが、本名なんですね。

倭早希の年齢や誕生日(生年月日)

倭早希さんは1993年2月22日生まれで、年齢は29歳です。(2022年12月現在)所属事務所アービングの公式プロフィールに記載があります。

こちらはインスタから2022年のバースデー報告です。見事に2並び!

 

この投稿をInstagramで見る

 

倭 早希 Saki Yamato(@saki_yamato_)がシェアした投稿


(倭早希インスタ@saki_yamato_より)

倭早希の身長

倭早希さんの身長は172cmです。チャームポイントは「色白・高身長・Gカップ」?

2017年には準ミスワールド日本代表となった経験をお持ちですから、やっぱり高身長なんです。

倭早希の体重

倭早希さんの体重についてはプロフィールに記載はなく不明です。

ここまでご覧いただけたとおり、抜群のスタイルですよね。

仮にBMIを20くらいとして計算すると、58〜60kg前後という結果になります。実際にはもう少し下の数値かもしれません。

倭早希の血液型

倭早希さんの血液型はA型だそうです。

倭早希さんは大学1年生時の2013年、ミスコンにエントリーされたことがあり、当時のプロフィールに記載がありました。

ちなみに、倭早希さんはツイッターにお仕事関連の報告を比較的高頻度で投稿されています。

もしかすると、こんなところにA型特有の几帳面さが表れている?

倭早希の出身地

倭早希さんの出身地は広島県広島市の中区千田町だそうです。

広島といえば、サンフレッチェ広島!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

倭 早希 Saki Yamato(@saki_yamato_)がシェアした投稿


(倭早希インスタ@saki_yamato_より)

2015年、広島県知事を表敬訪問されたことを伝える産経新聞の記事『「ミス着物」倭さん、広島知事表敬』の中に

中区千田町で生まれ育った倭さんは、広島東洋カープとサンフレッチェ広島の熱烈ファンを公言する広島大好き女子

との紹介がありました。そういえば、旧広島市民球場ともそんなに離れていませんよね。幼少期には何度も足を運んだのでしょうか。

これからもどんどん“広島大好き”をアピールしていただきたいと思います。

倭早希のwikiプロフィール

  • 名前:倭早希(やまとさき)
  • 年齢:29歳(2022年12月現在)
  • 出身:広島県広島市中区千田町
  • 趣味:野球・サッカー観戦
  • 特技:ピアノ
  • 所属:アービング

倭早希の出身大学

倭早希さんの出身大学は神奈川県の横浜国立大学で、学部は教育人間科学部でした。

2013年にはミスYNUコンテストにエントリーされ、ファイナリストになっています。当時から美しかったんですね。

4歳から続けているピアノの才能を生かすため、横浜国立大学でも音楽を専攻されていたのだそうです。ちなみに、在学中に小中高の教員免許を取得。教育実習中にブラウスの胸ボタンが飛んだというエピソードも大学時代のお話でした笑(※ENCOUNT『井岡戦のラウンドガールは横国大卒の秀才だった!』)

倭早希の出身高校

倭早希さんの出身高校は広島県の安田女子中学高等学校だそうです。

こちらは2015年、地元の広島で県知事や母校などの表敬訪問をされたときの様子です。水野善親校長(※当時)のお姿が拝見できます。

安田女子中学高等学校は広島県では比治山女子高等学校と並ぶ私立名門女子校。最新データでは偏差値も驚きの63でした!

ちなみに、倭早希さんは中学高校時代に海外でホームステイされた経験をお持ちだそうです。そんなところにも倭早希さんの勉強好きで強い上昇志向が垣間見える気がします。

美しいだけではないんです!

倭早希の経歴

Fans’の自己紹介によると

趣味はスポーツ観戦(野球とサッカー)とお菓子作り。
特技は20年以上のピアノです🎵

ということで、ピアノのキャリアは幼少期から。医学部を志したこともあるそうですが、大学では音楽をキーワードに児童教育などを勉強されたようです。ギリギリ黒ビキニのビジュアル面ばかりに話題が集中していますが、実は素晴らしくマルチな才能をお持ちなんです。

2013年にはミスYNUコンテストファイナリスト、2015年にはミス日本ミス着物、2017年には準ミスワールド日本代表に。まさに“才色兼備”を体現するような女性なんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

倭 早希 Saki Yamato(@saki_yamato_)がシェアした投稿


(倭早希インスタ@saki_yamato_より)

ミス日本での活動を経て、グラビアでの仕事をスタートさせるのは2021年のこと。現在の事務所、アービングに所属したことがきっかけでした。(※ENCOUNT『カープ好きグラドル・倭早希』)

その後、DVDを発売。

ラウンドガールとして登場するのは2022年7月のこと。ギリギリ黒ビキニの“攻めた”コスチュームが一気に話題をさらいます。

インスタのフォロワーが3倍以上に増えたというエピソードも!

これからもいろんな場面でお姿を拝見することができそうです。

まとめ

今回は倭早希の本名や年齢等のwikiプロフ!出身大学や高校はどこ?と題してお送りしてまいりました。

  • 倭早希さんは本名も同じ「倭早希」です。
  • 広島県広島市中区出身。1993年2月22日生まれの29歳です。(2022年12月現在)
  • 出身大学は横浜国立大学、高校は広島県の安田女子中学高等学校です。
  • 2013年ミスYNUコンテストファイナリスト、15年ミス日本ミス着物、17年準ミスワールド日本代表。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です