中島佑気ジョセフの出身高校や大学はどこ?身長・体重や年齢等のwikiプロフィール!

陸上競技バトンリレーのイメージ

スポンサーリンク


今回は期待の大学生スプリンター中島佑気ジョセフ(なかじまゆうきじょせふ)さんをご紹介したいと思います。

中島佑気ジョセフさんは2022年7月現在、20歳の大学3年生。持ち前のスケールの大きな走りと終盤の加速で2022年日本選手権では400m4位、また世界陸上4✕400mリレーの日本代表メンバーに選ばれるなど、今後の短距離界を担う存在として活躍が期待されています

そんな中島佑気ジョセフさんとはどんなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

では、中島佑気ジョセフの出身高校や大学はどこ?身長・体重や年齢等のwikiプロフィール!と題し、中島佑気ジョセフさんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

中島佑気ジョセフの出身高校

4✕400mリレー、世界の舞台で躍動した中島佑気ジョセフさんとはこちらの方。長身で優しい笑顔の男性です。「圧倒的な後半」がアピールポイント!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

日本陸上競技連盟(JAAF)(@jaaf_official)がシェアした投稿

そんな中島佑気ジョセフさんの出身高校は、東京都の城西(じょうさい)大学附属城西高等学校です。陸上の強豪校ですね。

さすが陸上の強豪校だけあって、指導スタッフも山村貴彦さん(シドニー五輪400m代表)、内藤真人さん(アテネ、北京五輪100mハードル代表)など、ご自身も実績十分の方が揃っていました。

また、中島佑気ジョセフさんは在学中、こちらのような環境でトレーニングされていたようです。街中の学校だけに、たくさんの制約がある中での活動だったんですね。2016年ごろの映像ですから、サニブラウン・アブデル・ハキームさんの姿も!

中島佑気ジョセフさんの高校時代は、2017年日本選手権リレーのU18男女混合4✕400mリレーで東京代表に選出されたり、2019年選抜大会でスプリントトライアスロンにチャレンジされるなど、いろんな経験を積んだ期間だったようです。

ちなみに城西大学附属城西高等学校は東京都豊島区にある中高一貫の私立高校。最新データでは高校の偏差値が55となっていました。

著名な卒業生ではサニブラウン・アブデル・ハキームさんの他、元プロ野球選手の高橋慶彦さん、演歌歌手の水森かおりさんがいらっしゃいます。

中島佑気ジョセフの出身大学

中島佑気ジョセフさんは2022年7月現在、東洋大学総合情報学部総合情報学科の3年生です。

東洋大学の陸上競技部といえば、駅伝で活躍する長距離を思い浮かべますが、短距離では桐生祥秀さん、競歩では池田向希さん、川野将虎さんを輩出するなど、多くのオリンピアンを誕生させた名門校です。

中島佑気ジョセフさんも大学進学後、着実に結果を出しており、2021年日本選手権400m8位、日本インカレ400m3位、2022年日本選手権400m4位といった好成績を残しています。

そして、リレーメンバーとしても大きくクローズアップされる存在となっています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

日本陸上競技連盟(JAAF)(@jaaf_official)がシェアした投稿

中島佑気ジョセフの身長・体重や年齢等のwikiプロフィール!

中島佑気ジョセフの身長

中島佑気ジョセフさんの身長はJAAF公式プロフィールに記載がなく不明です。

ですが、こちらの写真ではウォルシュ・ジュリアンさんよりもだいぶ高いことがわかりますね。ウォルシュ・ジュリアンさんは身長175cmだそうなので、190cmは十分にありそうな気がします。

中島佑気ジョセフの体重

中島佑気ジョセフさんの体重もプロフィールに記載はありません

インスタのこちらの写真ではかな〜り研ぎ澄まされた肉体であることがわかります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Joseph Nakajima / 中島ジョセフ(@joseph_nakajima)がシェアした投稿

仮にBMIを21〜22として計算してみると、体重は推定77〜80kgくらいとなります。

トップアスリートですから、実際にはもう少し上かもしれません。

スポンサーリンク


中島佑気ジョセフの年齢や誕生日(生年月日)

中島佑気ジョセフさんは2002年3月30日生まれで、年齢は20歳です。(2022年7月現在)

2022年は成人式でした!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Joseph Nakajima / 中島ジョセフ(@joseph_nakajima)がシェアした投稿

中島佑気ジョセフの血液型

中島佑気ジョセフさんの血液型についての情報はなく不明です。

参考までに、世界陸上4✕400mリレーレース後のコメントがこちら。

ただただ実力不足ではあるのだが、“今できることはやったかな”というのはあるので、“ここから頑張ろう”というのと、まずは“楽しかった”という思いがある」(※JAAF

プレッシャーに強かったり、ひたすらポジティブなところを考慮すると、血液型はO型かB型かな?と勝手に想像しています。(※あくまで私見です笑)

中島佑気ジョセフの出身地

中島佑気ジョセフさんの出身地は東京都立川市です。日刊スポーツの記事などで知ることができます。

中島佑気ジョセフさんの出身中学は立川市立第一中学校ですから、東京生まれ東京育ちなんですね。

中島佑気ジョセフのwikiプロフィール

  • 名前:中島祐気ジョセフ(なかじまゆうきじょせふ)
  • 年齢:20歳(2022年7月現在)
  • 出身:東京都立川市
  • 所属:東洋大学陸上競技部

中島佑気ジョセフの経歴

中島佑気ジョセフさんは日本とナイジェリアのハーフとしてお生まれになったようです。詳しいことは語られていないものの、SNSのプロフィール欄には「🇯🇵🇳🇬」と日本とナイジェリアの国旗があります。

前掲のツイートは2016年8月5日に投稿されたもの。リオ五輪でサッカー日本代表とナイジェリア代表が激突(予選グループB)した日ですね。どっちを応援するか複雑な心境だったことがわかります笑

そんな中島佑気ジョセフさんが東京都調布市のKMC陸上クラブに入会するのは小学生の頃。2013年あたりから、地域の陸上大会でのリザルトにお名前が発見できるようになります。

ただ、当時は100m、80mハードル、4✕100mリレーや、1500m、走り幅跳びなどにもチャレンジされており、オールラウンダーぶりがわかります。そもそもの身体能力が高かったんですね。

立川市立第一中学校に進学すると、100m、200m、400mでレースに出場。都内の大会で上位に食い込むなど、少しずつ頭角を現し、卒業後は強豪の城西大学附属城西高等学校へと進みます。

高校時代もやはり短距離を中心に多くの種目にチャレンジ。リレー適性も見え始めました。

本格的に結果が出だすのは東洋大学に入ってから。日本インカレでも4✕400mリレーメンバーの一人として優勝に貢献しています。

2022年静岡国際400m2位、日本選手権400m4位とすると、世界陸上のリレーメンバーに選出。9大会ぶりの決勝進出を果たし、世界選手権最高の4位、日本新記録・アジア新記録を樹立しています。

あと一歩でメダルに手が届かず、レース後はかなり悔しかった様子でしたが、日本中に感動を与えたレースだったことは間違いありませんよね。

これから中島佑気ジョセフさんがどんな飛躍を遂げていくのか、非常に楽しみです。

中島佑気ジョセフの成績

中島佑気ジョセフさんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。中学〜高校時代はそれほど大きな成績を残していないものの、注目は大学進学後の躍進ですね。自己ベストを一気に縮めています。(48秒05→46秒07)

  • 2021年:日本選手権 400m 8位
  • 2021年:日本インカレ 400m 3位、4✕400mリレー優勝(柴崎悠斗−川上聡太−伊藤羅生−中島佑気ジョセフ)
  • 2022年:日本選手権 400m 4位
  • 2022年:布勢スプリント 300m 3位
  • 2022年:世界陸上 4✕400mリレー 4位(佐藤風雅−川端魁人−ウォルシュ・ジュリアン−中島佑気ジョセフ)

まとめ

今回は中島佑気ジョセフの出身高校や大学はどこ?身長・体重や年齢等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 中島佑気ジョセフさんは東京都の城西大学附属城西高等学校の出身です。
  • 2022年7月現在、東洋大学総合情報学部総合情報学科の3年生です。
  • 身長・体重は不明ですが、大柄で190cm前後はあると思われます。
  • 東京都立川市出身。2002年3月30日生まれの20歳です。(202年7月現在)

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。