張本美和の出身中学校や小学校はどこ?学力や身長等のwikiプロフィール!

卓球のイメージ

今回は女子卓球界の若きホープ張本美和(はりもとみわ)さんをご紹介します。

張本美和さんは、怪物と称される男子卓球選手の張本智和さんの妹で、兄妹そろって卓球の実力が注目されています。

2021年に開催された世界ユース卓球選手権大会では、圧巻の4冠を達成し、兄の2冠を大きく超えた快挙となりました。

そんな、天才少女とも呼ばれている張本美和さんに迫るべく張本美和の出身中学校や小学校はどこ?学力や身長等のwikiプロフィール!と題し、詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

張本美和の出身中学校

張本美和さんは川崎市立川中島中学校に在籍されています。

こちらは中学校に入学した頃のお写真です。

(張本美和さん@harimoto.miwa0616より)

初々しさがありますね。制服がよくお似合いです。

2022年現在、中学2年生となる美和さんはすでに中学卓球界で名を馳せる存在となっています。

2021年に開催された全国中学校卓球大会では、なんと1年生にして初優勝を果たしました。これは兄の張本智和さんにならぶ快挙になります。

美和さんは優勝した際のコメントで、「今まで支えていただいた、たくさんの方に感謝の気持を伝えたいです。自分の中ではサイコーです!!1年生なので向かっていく気持ちで1試合1試合臨んで、最善を尽くせたので良かったです。」と話していました。(※卓球レポート)

中学1年生にしてしっかりとしたコメントをされていて、活躍する選手としての風格を感じます。

張本美和の出身小学校

張本美和さんは仙台市立東宮城野小学校出身です。

袴姿がとても可愛いですね。

そんな美和さんは小学4年生のときに史上最年少10歳でTリーグデビューを果たし、スーパー卓球小学生と呼ばれていました。

また、同じく10歳の時に出場した大会では一般の部で社会人選手を破り、小学生時代から才能が開花していました。

Rallysの記事では、小学6年生の美和さんを「12歳の怪童」と表現していて、幼少期からずば抜けた実力を誇っていたことがわかります。

張本美和の学力

張本美和さんの逸材具合は卓球の実力だけではありません。

なんと、美和さんは小学生のときに全国統一模試で1位をとったこともある学力の持ち主です。

その秘訣はご両親の教育方針にあるのだとか。

張本家はあくまでも学業が優先。学校から帰宅後は、宿題が終わってから卓球を練習する日々だったそうです。

また、美和さんは中国語、英語、日本語が堪能なトリリンガルです。

今後さらなる活躍が期待されている美和さんは、どこの世界へいっても困らないでしょう。

張本美和の身長や年齢等のwikiプロフィール

張本美和の身長

(木下アビエル@kinoshita_abyellより、写真右から3番目が美和さん)

張本美和さんの身長は164.5cmです。木下アビエルの公式ページに記載があります。

女性の平均身長(約158cm)よりも背が高い美和さんは、小学生の頃から高身長だったのだとか。

小学4年生のときに身長146cmで、学年でいちばん背が高かったという情報が見つかりました。

2022年現在は中学2年生なので、まだ身長が伸びる可能性もありますね。

張本美和の年齢や誕生日(生年月日)

張本美和さんは2008年06月16日生まれ14歳(2022年11月現在)です。木下アビエルの公式ページに記載があります。

(木下アビエル@kinoshita_abyellより)

まだ中学生の美和さんは、勉強との両立にも励んでいます。

2022年7月にサニーサイドアップと契約した美和さんは、インタビューの中で

「今回、サニーサイドアップとご縁がありマネジメント契約をすることになりました。両親とも相談し、この契約で競技だけではなく勉強にも専念できると思っています。」と語っています。(※VictorySports『文武両道を体現する張本美和』)

親の教育方針があるといえど、ここまで真面目でしっかりとした考えを持っているのは素晴らしいですね。

張本美和の血液型

張本美和さんの血液型はO型です。木下アビエルの公式ページに記載があります。

O型女性の特徴を調べると、「仕事の要領が良く、効率的に進める」という特徴が出てきました。

勉強でも卓球でも素晴らしい成績を残しているのは努力の賜物であることには間違いありませんが、そこまで頑張れるのはO型の特徴があるからなのかもしれませんね。

張本美和の出身地

張本美和さんは宮崎県仙台市出身です。木下アビエルの公式ページに記載があります。

美和さんは2022年11月に、仙台市の郡和子市長を表敬訪問されています。

同じ宮城県出身の男子卓球選手の及川瑞基さんと訪れており、その写真がスポーツ報知『地元出身の及川瑞基と張本美和が仙台市長にPR』に掲載されています。

張本美和のwikiプロフィール

(木下アビエル@kinoshita_abyellより)

  • 名前:張本美和(はりもとみわ)
  • 年齢:14歳(2022年11月現在)
  • 所属:木下アビエル神奈川
  • ニックネーム:みみ
  • 戦型:右シェークドライブ型

張本美和の経歴

張本美和さんは、男子ジュニア日本代表の元コーチの父と、世界選手権の元代表選手の母をもつ卓球一家に生まれました。

卓球をするには申し分のない環境で育った美和さんは、2歳のときに卓球を始めました

小学生に入ると、2015年の小学校1年時に行われた全日本卓球選手権大会バンビの部(小学2年生以下)で優勝を果たします。

その他にも、2018年に1つ上のカテゴリーであるカブの部(小学4年生以下)において見事優勝するなど、小学生時代から卓球界で注目される存在でした。

中学生になってもその勢いは止まらず、中学1年で全中優勝という快挙を果たしています。

さらには日本代表選手も出場する2022年の全農CUPでは、エースの伊藤美誠さんを破り5位に食い込みました。

この結果には中国メディアも驚いたようで、世界から注目される存在となっています。

将来の女子卓球界を牽引することが期待される美和さんから目が離せませんね。

張本美和の成績

張本美和さんのこれまでの成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2014年:平成26年度全日本卓球選手権(バンビの部)女子 3位
  • 2015年:平成27年度全日本選手権大会(バンビの部)女子 優勝
  • 2018年:平成30年度全日本選手権大会(カブの部)女子 優勝
  • 2018年:ジュニアサーキット・中国オープン ミニカデット女子シングルス優勝
  • 2019年:東アジアホープス卓球大会 ジュニア女子シングルス優勝
  • 2020年:ジュニアサーキット・チェコオープン ジュニア女子シングルス優勝、カデット女子シングルス優勝、カデット女子ダブルス優勝
  • 2021年:世界ユース卓球選手権大会 U15女子シングルス優勝、U15女子ダブルス優勝、U15混合ダブルス優勝、U15女子団体優勝
  • 2021年:全日本卓球選手権大会(カデットの部)13歳以下 女子シングルス優勝
  • 2021年:全国中学校卓球大会 女子シングルス優勝
  • 2022年:全日本卓球選手権大会(カデットの部)14歳以下 女子シングルス優勝、女子ダブルス優勝
  • 2022年:WTTユースコンテンダー プラッジャ・ダロ 女子U19シングルス優勝、女子U17シングルス 優勝
  • 2022年:WTTユースコンテンダー ベルリン 女子U19シングルス 優勝、女子U17シングルス 優勝
  • 2022年:WTTユーススターコンテンダー ドーハ 女子U19シングルス優勝、女子U15シングルス優勝、女子U15ダブルス優勝

簡単に紹介しただけでも、14歳にしてこれだけの優勝があるのはさすがです。

今後さらなる活躍が期待できますね。

まとめ

今回は張本美和の出身中学校や小学校はどこ?学力や身長等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 中学校は、川崎市立川中島中学校に在籍
  • 小学校は、仙台市立東宮城野小学校出身
  • 小学生のときに全国統一模試で1位をとったことがある学力の持ち主
  • 身長164.5cm、2008年06月16日の14歳(2022年11月現在)、O型、宮崎県仙台市出身
  • 卓球一家で生まれ育った美和さんは2歳から卓球をはじめ、小学1年で全日本卓球選手権大会バンビの部で優勝、その後も中学では全中優勝、日本代表を制すなど数々の成績を収めている

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です