岩見天獅の出身高校や中学はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!

サーフィン競技のイメージ

スポンサーリンク


サーフィン界、2024年パリ五輪期待の星が高校生プロサーファーの岩見天獅(いわみてんし)さんです。

中学時代にプロ公認資格を取得し2021年度NSAの強化指定選手(ジュニア枠)でもある岩見天獅さん、“波乗りジャパン”入り、そして世界チャンピオンを目指して日々波に挑んでいます。

そんな、岩見天獅とはどんなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

今回の記事では岩見天獅の出身高校や中学はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!と題して、岩見天獅さんについてご紹介していきたいと思います。

ではぜひ最後までお付き合いください。

岩見天獅の出身高校

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

岩見天獅さんは2021年春に高校へと進学。進学先は通信制のN高等学校だそうです。

2021年のGreenfieldのインタビュー記事では、直接の言及はないものの、

千葉市にある通信制の高校
登校するのは週に1回
フィギュアスケートの紀平梨花さんも通っていた高校」(※紀平梨花さんの在学中のインタビュー

と語っており、N高等学校とわかります。

岩見天獅さんと同じくサーフィンの強化指定選手(ジュニア)の松岡亜音さん都築虹帆さんもN高等学校で学ばれています。そうした横のつながりもあったんですね。

ちなみに、岩見天獅さんは特待生として入学されたとのこと。サーフィンの練習や大会に重きを置きつつ、勉強もやるというスタンスだそうです。

岩見天獅の出身中学

岩見天獅さんの出身中学は千葉県のいすみ市立岬(みさき)中学校です。

インスタに投稿された卒業記念の写真がこちら。卒業証書に「いすみ市立岬中学校」と記載があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

岩見天獅さんが拠点としている釣ヶ崎海岸サーフィンビーチにも近い場所にありますね。

小学〜中学時代には岩見天獅さんのサーフィン活動のために休校制度ができたのだそう。前出のインタビューによると「海外の試合の場合は前後3日間、国内の場合は前後2日間休めるようにしてくれました」とのこと。

新制度までつくってしまうとは、もはや伝説の卒業生ですね。

そんな岩見天獅さんがプロ公認資格を得るのは2019年、13歳の頃。学校関係者など周りの方のサポートを得て、“天才サーファー”が順調に育まれていったようです。

岩見天獅の身長や年齢等のwikiプロフィール

岩見天獅の身長

岩見天獅さんの身長は168cmとのことでした。(※2019年時点)

岩見天獅さんをサポートしているJET CHOPのブログに記載がありましたが、記事が掲載されたのは2019年。2021年現在ではもっと成長しているかも知れません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

ショートボードの長さは約2mほどだそう。手に持つととこんな感じになります。

岩見天獅の年齢や誕生日(生年月日)

岩見天獅さんは2005年6月19日生まれで、年齢は16歳です。(2021年11月現在)

こちらはインスタから、2021年のバースデー報告です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

2021年の東京オリンピックで銀メダルを獲得した五十嵐カノアさんは23歳、都筑有夢路さんは20歳。(※オリンピック開催時)

岩見天獅さんがもし2024年パリ五輪に出場すると、その時の年齢は19歳!

先輩たちがなし得なかった金メダル獲得をぜひ目指してほしいですね。

岩見天獅のwikiプロフィール

  • 名前:岩見天獅(いわみてんし)
  • 年齢:16歳(2021年11月現在)
  • 出身:東京都
  • 趣味:釣り
  • スポーツ歴:合気道

岩見天獅の経歴

岩見天獅さんをサポートするSTANCEのインタビューコラムを参考に、岩見天獅さんの経歴を簡単にご紹介していきましょう。

サーフィンを始めたのは5歳の頃。父・公平さんのサーフィンに付いていき“カッコいい”と思ったのがキッカケだそうです。

すっかりサーフィンにハマった岩見天獅少年は「毎日サーフィンができる環境」を確保するため、小学4年生の時に千葉県へと移住。その後、東京五輪のサーフィン会場ともなった釣ケ崎海岸で腕を磨いています。(※写真は銅メダルの都筑有夢路さん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京新聞(TOKYO Web)(@tokyo_web)がシェアした投稿

スポンサーリンク


岩見天獅さんは13歳の頃、中学生でプロ公認資格を取得。また、大会でも数多くの好歴を残し、NSAの強化指定選手に選出されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

今後の目標は

2024年のパリ五輪に出場し、メダルを取ること
3、4年後ぐらいまでにはCT(チャンピオンシップツアー)に入って、最終的にワールドチャンピオンになりたいです

夢は大きく世界一!

これからどんな活躍を見せてくれるのか、すごく楽しみですね。

岩見天獅の成績

岩見天獅さんの主な成績をご紹介します。

  • 2016年:全米サーフィン選手権10歳以下 優勝
  • 2016年:ジュニアオープン(キッズ) 優勝
  • 2017年:全日本サーフィン選手権(キッズ) 2位
  • 2018年:ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE 2位
  • 2018年:西海岸選手権(ボーイズ) 2位
  • 2018年:NSSA SOUTHWEST OPEN 優勝
  • 2019年:西海岸選手権ジュニア 優勝
  • 2020年:ジュニアオープン 優勝
  • 2021年:ジュニアオープン 優勝

2019年には千葉県の優秀スポーツ選手(個人)として表彰されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

岩見天獅のインスタ

岩見天獅さんは個人のインスタアカウント@tenshiiwamiをお持ちで、カッコいい写真をたくさん投稿されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

興味がある方はぜひチェックしてみてください。

岩見天獅のサーフボードのメーカーはどこ?

岩見天獅さんはNGR(Navigator Surfboards)と契約されおり、こちらのサーフボードをお使いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鵜沢清永(@kiyouzawadesign)がシェアした投稿

NAVIGATOR公式サイトによると、岩見天獅さんと同じ2005年に誕生したブランドで、千葉県の釣ケ崎海岸が拠点。

岩見天獅さんが師匠と呼ぶ鵜澤清永さんがシェイパーのお一人です。小学生時代からのお付き合いのようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tenshi iwami(@tenshiiwami)がシェアした投稿

まとめ

今回は岩見天獅の出身高校や中学はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 岩見天獅さんは2021年春、通信制のN高等学校に入学されました。
  • 出身中学は千葉県のいすみ市立岬中学校。在校中にプロ公認資格を取得しています。
  • 身長は168cm以上。2005年6月19日生まれの16歳です。(2021年11月現在)
  • 小学生時代にサーフィンにはまり東京から千葉へと移住。釣ケ崎海岸を拠点に世界一を狙っています。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です