モハンドラゴンの年齢や身長・体重等のwikiプロフィール!戦績や強さ!

ネパールのイメージ

スポンサーリンク


ネパール人剛腕キックボクサーが朝倉未来さんをノックアウト!?

ABEMAの人気企画「1000万円」シリーズの最新作が2021年11月20日に生配信。企画内容は「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」というもので、喧嘩自慢が次々と名乗りを上げる中、ついにガチのプロファイターの参戦が決定しました。

Bigbangウェルター級王者・モハンドラゴンさんがその人。

これまでK-1のリングなどで数々の名勝負を繰り広げてきたネパール出身の剛腕キックボクサーなのですが、いったいどんな人なのか気になりますよね。

今回の記事ではモハンドラゴンの年齢や身長・体重等のwikiプロフィール!戦績や強さ!と題して、モハンドラゴンさんについて詳しく解説していきたいと思います。

なお、ABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』は2021年11月20日(土)20:00から、ABEMA PPV ONLINE LIVEとして配信されます。視聴にはチケット購入が必要となります。

展開はまさに予測不能!朝倉未来さんがどのようにピンチを切り抜けるのか興味津々です。

チケットの購入方法や視聴方法などはこちらでチェックしてくださいね。

モハンドラゴンの年齢や身長・体重等のwikiプロフィール

モハンドラゴンの年齢や誕生日(生年月日)

モハンドラゴンさんは1977年3月8日生まれで、年齢は44歳です。(2021年11月現在)

所属する士魂村上塾の公式サイトの選手プロフィールに記載があります。

経歴をさかのぼれる限り、リングに上がり始めるのは2006年、モハンドラゴンさんが29歳の頃ですね。他のファイターと比べると、デビューはかなり遅かったようです。

モハンドラゴンの身長

モハンドラゴンさんの身長は170cmです。

この情報も士魂村上塾の公式サイトの選手プロフィールに記載があります。

こちらは村上竜司塾長との2S。塾長の身長は175cmだそうです。

数字以上に身長差が?と思ったらモハンドラゴンさんは裸足でした。

モハンドラゴンの体重

直近の情報はありませんが、2021年4月の海人戦前の計量では66.85kgでした。

2020年9月、細越智己戦前の計量の様子がこちら。結果は66.7kgでした。

ということで、試合前にはきっちり66kg台に合わせてくるようですね。

Bigbangウェルター級(-67.5kg)王者ですが、以前は日本スーパーライト級(-63kg)の王者だったこともあります。現在よりもさらに絞って試合をされていたことがわかります。

モハンドラゴンのwikiプロフィール

  • 名前:モハンドラゴン【本名:モハン・マハラジャン】
  • 年齢:44歳(2021年11月現在)
  • 出身:ラリトプル(ネパール)
  • 好きな食べ物:日本のカレー、POMジュース
  • 所属:士魂村上塾

本名はマハラジャンといいますが、リングネームはドラゴン。村上竜司塾長の“竜”をいただいたのだそうです。

そのため“破壊竜”というニックネームで呼ばれることもあります。

一方、2018年ごろから東京都内にスペインバル「マリスコ」というお店をお持ちだったのですが、2020年ごろに閉店されたそうです。残念…

 

この投稿をInstagramで見る

 

痛みの治療からトレーニング美顔まで行う早川 周作(@hshusaku)がシェアした投稿

スポンサーリンク


モハンドラゴンの戦績

モハンドラゴンさんの戦績は、士魂村上塾の公式プロフィールに36戦19勝(12KO)14敗3分と記載されています。

主なものをご紹介しましょう。

  • 2010年:○KO vs.深澤大輔 ※MA日本スーパーライト級王者へ
  • 2012年:○KO vs.田中秀和 ※MA日本スーパーライト級防衛
  • 2013年:○KO vs.鈴木博昭
  • 2014年:●KO vs.大石駿介 ※MA日本スーパーライト級防衛失敗
  • 2015年:●判定 vs.為房厚志 ※MA日本ウェルター級タイトル戦
  • 2017年:●KO vs.塚越仁志 ※Krush-67kg級タイトル戦
  • 2017年:●判定 vs.久保優太 ※K-1ウェルター級王座トーナメント決勝
  • 2020年:○判定 vs.細越智己
  • 2021年:●判定 vs.イモト

ひたすら泥臭くパンチ、キックを相手にぶつけていくファイトスタイル。その真っ向勝負ぶりに魅了されるファンも多いようです。

モハンドラゴンの強さは弱い?

モハンドラゴンさんはこれまでの戦績を見る限り、負けたことがない…といった完璧な強さは持っていません。では弱いのか?というとそれも違って、やっぱり強いんです。

こちらは2017年、K-1初代ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦、久保優太さんとの一戦です。

パンチにせよキックにせよ遮二無二攻撃を繰り出すスタイルですから、脇の甘さを突かれたり判定勝負では弱さも同居しています。

大振りのパンチが外れてダウンを取られてしまったり…

ですが、動画には視聴者から

ここまで打たれ強くて最後まで手を出し続けるだけでもモハンにしか出来ない事
モハンドラゴンの魂を見ました
本物のファイター

といった絶賛コメントが寄せられていました。

さらにこちら。「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」の告知動画です。

モハンドラゴンさんはご自身について

モハンの場合は分析のしようがない。モハンは想定外のことを起こす人だから、向こう(朝倉未来)は対応できないでしょう

と解説しています。つまり、モハンドラゴンは朝倉未来に勝つ?

いずれにせよ、モハンドラゴンさんが持つ強さは、弱さと表裏一体ということがいえそうですね。

モハンドラゴンの経歴

モハンドラゴンさんの詳しい経歴についてはよくわかりませんが、K-1公式サイトの紹介には「留学生として来日し、K-1にあこがれて士魂村上塾の門を叩く」とあります。

また、モハンドラゴンさんのブログの過去記事から、ネパール時代に小島先生といわれる方から日本語を教わった様子がわかります。つまり、日本に来る以前から日本語は身につけていたようですね。

何を学ぶための日本留学だったのかは定かではないものの、キックボクシングを学んだことだけは間違いなさそうです笑

師匠の村上竜司塾長によると

体が丈夫
最初は全然下手くそだったんだよ。でもアレ、練習熱心なんだよな
怖いものないんだよ、アイツは。根性だけはありますね

というモハンドラゴン評でした。

そんなモハンドラゴンさん、自慢の攻撃力を磨き上げ2010年にはMA日本スーパーライト級王座決定戦を勝ちネパール人初のチャンピオンになりました。

そして、2017年にはついにK-1のリングに上がり、激闘を繰り広げます。

その後もBigbangやHEAT、シュートボクシングのリングなどで地道に活躍。

そんなモハンドラゴンさんは、2021年11月にはなんと1000万円企画に登場します。

どんな剛腕フルスイングで盛り上げてくれるのか、すごく楽しみですね。

まとめ

今回はモハンドラゴンの年齢や身長・体重等のwikiプロフィール!戦績や強さ!と題してお送りしてまいりました。

  • モハンドラゴンさんはネパール出身、1972年3月8日生まれの44歳です。(2021年11月現在)
  • 身長は170cm、体重はウェルター級の66kg台と推測されます。
  • 士魂村上塾に所属。2021年11月現在、36戦19勝(12KO)14敗3分の成績を残しています。
  • 常に真っ向勝負、遮二無二攻撃を繰り出し前進するスタイルでファンを魅了しています。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

なお、ABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』は2021年11月20日(土)20:00から、ABEMA PPV ONLINE LIVEとして配信されます。視聴にはチケット購入が必要となります。

展開はまさに予測不能!朝倉未来さんがどのようにピンチを切り抜けるのか興味津々です。

チケットの購入方法や視聴方法などはこちらでチェックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です