藤波朱理の父親や母親等の家族!出身大学や高校はどこ?

レスリングのイメージ

今回は女子レスリング界の次世代ホープとして知られる藤波朱理(ふじなみあかり)さんをご紹介します。

藤波朱理さんは霊長類最強と呼ばれた吉田沙保里さんも認める逸材で、「吉田沙保里2世」としても注目を集めています。

大器として将来の活躍が期待されている朱理さんは、なんと中学2年生から約6年負けなしで、100連勝という快挙を達成しました。

そんな驚異的成績を誇る朱理さんの家族や経歴について気になる方も多いのではないでしょうか。

では藤波朱理の父親や母親等の家族!出身大学や高校はどこ?と題し、藤波朱理さんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

藤波朱理の父親

藤波朱理さんの父親は、レスリングでソウル五輪の最終選考まで残った実力者・藤波俊一(としかず)さんです。

朱理さんのコーチを務めており、これまで親子二人三脚で歩んでこられました。

俊一さんは、朱理さんの出身校である三重県立いなべ総合学園高校のレスリング部で監督を務め、朱理さんにも部活動を通じて指導されてきました。

朱理さんが2022年4月に日本体育大学へ進学すると、なんと高校の教員を退職して日体大のコーチへ就任。

親子二人で三重県から上京し、2022年現在は東京で二人暮らしをされています。

二人暮らしの様子はこちらの動画で紹介されています。

二人暮らしでは喧嘩も多いようですが、教員を辞めてまで朱理さんに指導を続けている俊一さんと、その思いにこたえようと努力されている朱理さんは良い親子関係ですね。

2022年7月のサンスポのインタビュー記事では、朱理さんが「パリで金メダルを取るのが目標。面と向かっては言っていないけど、父には本当に感謝しています」と述べています。

藤波朱理の母親

藤波朱理さんの母親は、藤波千夏(ちか)さんです。

こちらは朱理さんと母・千夏さんの2ショット。

(藤波朱理さん@11.akrstagram.11より)

朱理さんは、尊敬している人に母をあげるほどのお母さん子です。

母・千夏さんは、高校レスリング部の寮母さんとしてレスリング部を支えています。

大学入学とともに父と2人で上京した朱理さんは、母と離れることが決まったときはとても不安だったようです。

こちらの動画には、朱理さんが上京する際に母に別れを告げるシーンがあります。

慣れない東京生活は大変なことも多いでしょう。しかし、地元を離れてレスリングと向き合う生活の中でさらに成長されることが期待されますね。

藤波朱理の家族

藤波朱理さんは、両親と兄との4人家族です。

朱理さんの兄・勇飛(ゆうひ)さんもレスリング経験の持ち主で、2017年世界選手権の銅メダリストです。

勇飛さんは2021年にレスリングを引退し、総合格闘技の選手に転向されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

勇飛(@yuhif527)がシェアした投稿

(藤波勇飛さん@yuhif527より)

 

この投稿をInstagramで見る

 

勇飛(@yuhif527)がシェアした投稿

(藤波勇飛さん@yuhif527より)

兄妹それぞれ別の道を歩んでいますが、同じスポーツ選手として今後も応援したいですね。

藤波朱理の出身大学

藤波朱理さんは日本体育大学に在籍し、レスリング部で練習を重ねています。

(藤波朱理さん@11.akrstagram.11より)

朱理さんの夢は、2024年に開催されるパリ五輪出場。その夢がかなえやすい環境にあると考えたのが日体大だったそうです。

父・俊一さんも朱理さんの五輪出場に向けて教員を退職し、日体大のコーチとして朱理さんをサポートしています。

地元の三重を離れるのは大きな決断でしたが、夢に向かって新たな一歩を踏み出した朱理さんは今後さらに強くなるでしょう。

藤波朱理の出身高校

藤波朱理さんは三重県立いなべ総合学園高校出身です。

(藤波朱理さん@11.akrstagram.11より)

高校2年生のときに出場した全日本選手権の女子53キロ級では、なんと初出場にして初優勝という快挙を達成されました。

朱理さんは、「ずっと狙っていたのでうれしい」と喜びを語っていました。(※中日新聞)

藤波朱理の身長や年齢等のwikiプロフィール

(藤波朱理さん@11.akrstagram.11より)

藤波朱理の身長

藤波朱理さんの身長は164cmです。

同じ53kg級の選手の中でも身長が高く、恵まれた体格の持ち主

長身を活かしたリーチの長さも朱理さんの強さの秘訣なのだそうです。

しかし、164cmに対して体重53kgを維持するのは相当な努力も必要なんだとか。

サンスポのインタビュー記事によると、「減量が苦しくならないために、普段から増えすぎないように気をつけている」と語る朱理さんは、プラス3kgまでを上限とし、白米は口にせず、雑穀米が主食。油は使用してもオリーブ油にするというこだわりようです。

上京して寮に入るという選択肢もありましたが、食事制限を徹底するために父・俊一さんとの2人暮らしを選択されました。

藤波朱理の年齢や誕生日(生年月日)

藤波朱理さんは2003年11月11日生まれ19歳(2022年12月現在)です。

(藤波朱理さん@11.akrstagram.11より)

2021年に開催された東京五輪では、年齢制限の関係で残念ながら出場を果たせませんでした。現在は2024年のパリ五輪で活躍する期待の選手として注目を集めています。

藤波朱理の血液型

藤波朱理さんの血液型はO型です。

朱理さんは普段から「何とかなるさぁ」という考えを持っているのだそうで、その楽観的な考え方はO型らしいと言えますね。

世界で活躍する選手となると大変なことも多いと思われますが、この「何とかなる」精神が朱理さんの強さなのかもしれません。

藤波朱理の出身地

藤波朱理さんは三重県四日市市出身です。

全日本選抜レスリング選手権大会で優勝した際には、三重県競技力向上対策課の公式アカウントでも紹介されていました。

四日市市から五輪優勝選手が誕生するのか、今後も注目していきたいですね。

藤波朱理のwikiプロフィール

  • 名前:藤波朱理(ふじなみあかり)
  • 年齢:19歳(2022年12月現在)
  • 特技:早起き
  • 趣味:美味しいご飯屋・カフェめぐり
  • 好きな季節:夏
  • 好きな色:紫

藤波朱理の経歴

藤波朱理さんは、父と兄がレスリングをしていたことがきっかけで4歳の頃からレスリングを始めました

父・俊一さんが監督を務めるいなべ総合学園高の練習に中学生ながら参加していた朱理さんは、全国少年少女選手権4度優勝全国中学生選手権2度の優勝を果たしました。

2018年にはアジア・カデット選手権、世界カデット選手権、U15アジア選手権で連続優勝。

2019年はクリッパン女子国際大会(スウェーデン)カデット53kg級優勝、インターハイ53kg級で1年生チャンピオンに輝きました。

2020年はクリッパン女子国際大会カデット53kg級で連覇達成。同年12月の全日本選手権に17歳で出場し、初優勝。

2021年はジュニアクイーンズカップ、全日本選抜選手権、インターハイと勝ち続け、世界選手権に初出場で優勝。続く全日本選手権でも2年連続優勝を達成しました。

大学は日本体育大学に進学し、2024年パリ五輪出場を目指し日々練習に励んでいます。

藤波朱理の成績

藤波朱理さんは中学2年生から6年かけて積み上げた100連勝記録が話題となりました。

こちらは日本協会が公認する100連勝の全記録です。

  • 2017年:全日本女子オープン選手権(中学生48キロ級)優勝=4勝
  • 2017年:全国中学選抜選手権(48キロ級)優勝=5勝
  • 2018年:クリッパン女子国際大会(カデット49キロ級)優勝=5勝
  • 2018年:ジュニアクイーンズカップ(カデット49キロ級)優勝=4勝
  • 2018年:JOCジュニアオリンピックカップ(カデット49キロ級)優勝=4勝
  • 2018年:アジア・カデット選手権(49キロ級)優勝=3勝
  • 2018年:全国中学生選手権(52キロ級)優勝=4勝
  • 2018年:世界カデット選手権(49キロ級)優勝=4勝
  • 2018年:全日本女子オープン選手権(中学52キロ級)優勝=4勝
  • 2018年:U15アジア選手権(54キロ級)優勝=3勝
  • 2018年:全国中学選抜選手権(54キロ級)優勝=4勝
  • 2019年:クリッパン女子国際大会(カデット53キロ級)優勝=4勝
  • 2019年:ジュニアクイーンズカップ(カデット53キロ級)優勝=4勝
  • 2019年:東海高校大会(53キロ級)優勝=2勝
  • 2019年:インターハイ(53キロ級)優勝=4勝
  • 2019年:全日本女子オープン選手権(高校生53キロ級)優勝=4勝
  • 2020年:クリッパン女子国際大会(カデット53キロ級)優勝=5勝
  • 2020年:全日本選手権(53キロ級)優勝=3勝
  • 2021年:ジュニアクイーンズカップ(ジュニア53キロ級)優勝=4勝
  • 2021年:明治杯全日本選抜選手権(53キロ級)優勝=3勝
  • 2021年:東海高校大会(53キロ級)優勝=2勝
  • 2021年:インターハイ(53キロ級)優勝=4勝
  • 2021年:世界選手権(53キロ級)優勝=4勝
  • 2021年:全日本選手権(53キロ級)優勝=3勝
  • 2022年:JOC杯ジュニアクイーンズカップ(U20=旧ジュニア53キロ級)優勝=3勝
  • 2022年:アジア選手権(53キロ級)優勝=4勝
  • 2022年:明治杯全日本選抜選手権(53キロ級)優勝=3勝

(藤波朱理さん@11.akrstagram.11より)

驚異の優勝記録ですね。今後の活躍からも目が離せません。

まとめ

今回は藤波朱理の父親や母親等の家族!出身大学や高校はどこ?と題してお送りしてまいりました。

  • 父親は、朱理さんのコーチを務める藤波俊一(としかず)さん
  • 母親は、レスリング部の寮母を務める藤波千夏(ちか)さん
  • 両親と兄(総合格闘技の選手・勇飛さん)との4人家族
  • 大学は、日本体育大学に在籍中
  • 高校は、三重県立いなべ総合学園高校出身
  • 身長164cm、2003年11月11日生まれの19歳(2022年12月現在)、O型、三重県四日市市出身
  • 父の指導のもと4歳の頃からレスリングを始め、全国少年少女選手権4度優勝、全国中学生選手権2度の優勝を果たす、その後も2017年から6年かけ積み上げた100連勝記録が話題となる

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です