山根視来の結婚した嫁(妻)や子供!父親や母親等の家族!

Jリーグの川崎フロンターレで活躍し、W杯日本代表にも選出されている山根視来(みき)選手をご存じでしょうか?

川崎フロンターレでは右のサイドバックのポジションで2020年、21年のJリーグ連覇に大きく貢献し、サポーターからの信頼も厚い山根視来選手。代表戦では海外組に注目が集まりがちですが、攻守とももはや“世界基準”レベルとの評価もあり、W杯での戦いぶりに期待が寄せられています。

そんな山根視来選手とは一体どんな選手なのでしょうか?

今回は、「山根視来の結婚した嫁(妻)や子供!父親や母親等の家族!」と題して、山根視来選手の家族に関して紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いください!

山根視来の嫁(妻)と子供

まずはW杯壮行イベントの際のワンシーンから。愛する嫁(妻)、そして子供からのお手紙を披露され、ちょっぴり照れくさそうな山根視来選手でした!

家族のためにっていうのはいつも思っているので…」(山根視来選手)

そんな頼もしい父であり夫である山根視来選手は、湘南ベルマーレに在籍していた2018年の12月22日に入籍しました。2018年12月24日の湘南ベルマーレのHPには、山根視来選手の入籍のニュースがこちらのように紹介されています。

この度、山根視来選手(DF/No.13)が12月22日に一般女性と入籍しましたのでお知らせいたします

結婚当初、嫁(妻)は「一般女性」とだけ明かされていますが、冒頭のお手紙では「視来を大学サッカーから今までずっと応援できてとても幸せだよ」と綴っている部分もあり、学生時代からのお付き合いだったことがわかります。

山根視来選手は横浜市の桐蔭横浜大学で4年間過ごされていますから、当時の同級生だったのかもしれません。

一方、2022年9月現在お子さんは2人いらっしゃるようです。川崎フロンターレのHPのプロフィールページにある「家族」の項目に「妻、一男、一女」との記載がありました。

長女についてはお名前は明かされていないものの2019年7月23日に誕生されたという記事(※湘南ベルマーレHP「山根視来選手 第一子誕生のお知らせ」)を発見。また、長男は推測ですが、2021年ごろに誕生されたようです。

W杯出場にあたり、長女からは「パパかっこいいね、パパ頑張ってね」との素敵な言葉を贈られています笑

山根視来選手の現在の大活躍は、まさしくご家族がいるおかげと言ってもよいでしょう。

山根視来の父

山根視来選手の父親について色々と調べてみた結果、山根視来選手の父親は草サッカーでサッカーをやっているサッカー経験者であることがわかりました。

川崎フロンターレ公式サイトの山根視来選手の生い立ちを紹介した『雨のち晴れ』によると、 山根視来選手が幼稚園から小学校4年生までプレイしたあざみ野FCというサッカーチームでは、所属する選手の父兄達で草サッカーチームを結成していたそうです。

そのチームでは、山根視来選手の父親もプレーしていました。

実は山根視来選手の父親は、当時桐蔭横浜大学の監督をしていた風間八宏氏とコーチの八城修氏と面識があったとのこと。

それがきっかけとなり、息子の山根視来選手は高校在学中に桐蔭横浜大学の練習に参加。ここで手応えを得たことで、そのまま桐蔭横浜大学に進学したという経緯があります。

草サッカーをやっていた父親の存在がなければ、山根視来選手の人生もまた違ったものになっていたかもしれませんね。

山根視来の兄弟

山根視来選手の兄弟について調べた結果、2歳上のお兄さん一真さんがいることがわかりました。一真さんは湘南ベルマーレユースでプレーした経験をお持ち。ツイッターにはこんな証言が投稿されていました。

山根視来選手は、お兄さんがサッカーをやっていた影響で幼稚園の年中からサッカーをプレイし始め、やがてあざみ野SCというチームに入団します。そしてたまたまこのチームに所属していたのが、山根視来選手の1歳上で元プロ野球選手の高木豊さんの次男である高木善郎選手でした。

元々お兄さんが長男の高木俊幸選手と仲が良かったことから、山根兄弟は自然に高木兄弟とプレーをするようになり、友人でもありライバルともいえる関係になったおかげで、山根視来選手はだんだんとサッカーにのめり込んでいくようになったのだそうです。

2016年、山根視来選手のJ1湘南ベルマーレ入り決定を伝えるタウンニュース青葉区版では、こんな記述がありました。

共に汗を流し、湘南のユースチームに所属した経験を持つ兄からは「ここで終わりじゃないぞ」との言葉をもらった

まさに経験者からの金言ですね。お兄さんも山根視来選手のサッカー人生には非常に重要な存在と言えますね。

山根視来の家族

山根視来選手のご家族は父、母、兄の4人家族、そしてご家庭では妻と子供2人という4人家族ということがわかりました。

母親についても色々調べてみましたが、残念ながら詳しいことはわかりませんでした。ただ、アスリート一家を支えた女性ですから、かなりアクティブな女性なのかな?と想像しています。

ちなみに前項でもご紹介した川崎フロンターレ公式サイトの自己紹介には…

  • Qこの世で一番大切なもの:A家族
  • Qこの世で一番好きなもの:A家族

とあります。

海外遠征などで一緒に過ごせない時間も多いかと思われますが、パワーの源はまさに家族の存在なんですね。

まとめ

今回は、「山根視来の結婚した嫁(妻)や子供!父親や母親等の家族!」と題してお送りしてきました。

  • 山根視来選手は2018年の12月22日に入籍され、現在では2児のパパです。
  • 父親はサッカー経験者で桐蔭横浜大学との縁を結んだ方。母親についての情報はありませんでした。
  • 2つ上の兄・一真さんがおり、湘南ベルマーレユースでプレーされた経験をお持ちです。

ということがわかりました。

今後も、山根視来選手の活躍に期待したいところですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です