渡部暁斗の結婚した嫁(妻)や子供!兄弟や両親(父・母)等の家族!

スポンサーリンク


2022年北京五輪で、スキー・ノルディック複合の代表選手として自身5回目となるオリンピックに挑む渡部暁斗選手。

北京五輪では旗手を務めることも決定しました。

今回の記事では、『渡部暁斗の結婚した嫁(妻)や子供!兄弟や両親(父・母)等の家族!』というテーマで、スキー界のレジェンド・渡部暁斗選手に迫っていきたいと思います。

渡部暁斗の結婚した嫁(妻)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akito Watabe 渡部暁斗(@wtbakt)がシェアした投稿

渡部暁斗選手は2014年に妻・由梨恵(旧姓:山崎)さんと結婚しています。

妻の由梨恵さんも元・女子ハーフパイプの選手で、2018年には夫婦そろって平昌オリンピック代表として五輪出場を果たしています。翌年、2019年に現役引退を表明しました。

また、二人とも早稲田大学出身という共通点もあります。

(参考:北野建設スキー部HP同社選手紹介ページ日本オリンピック委員会HPTHESANKEINEWS

渡部暁斗の子供

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akito Watabe 渡部暁斗(@wtbakt)がシェアした投稿

渡部暁斗選手と妻・由梨恵さんの間には、2020年11月9日に第一子となる男の子が誕生しています。

渡部選手のインスタグラム(@wtbakt)で、その喜びの投稿を見ることができますよ♪

立ち会い出産だったとのことで、出産の瞬間の感動はひとしおだったのではないでしょうか。

渡部暁斗の兄弟

渡部暁斗選手の弟は、同じノルディック複合選手である渡部善斗選手です。

二人を見たことのある人なら、思わず「双子??」と思ってしまうほどそっくりな兄弟!

父・修さんいわく「兄はきちょうめんで、弟はおおざっぱ」だそうです。笑

2014年のソチ五輪、2018年の平昌五輪ではそろって代表として出場している、スーパー兄弟なんですよ。

そして、2022年の北京五輪にもそろって代表内定しました!

渡部兄弟の勇志を見届けましょう!

(参考:中日新聞+北野建設スキー部HP時事.comニュース

渡部暁斗の両親(父・母)

渡部暁斗選手のお父さんは、渡部修さん。

地元ホテルの支配人を経て、2005年に観光客の減少対策を目的とした宿泊施設の組合「白馬・ツーリズム」を結成。会長に就任しました。

現在は、渡部兄弟の父として各誌のインタビューにひっぱりだこのようですよ。

お母さんは特にメディア出てきたことは無く氏名などは非公開のようです。

内助の功で渡部家を支えてきたのだと思われます。

(参考:朝日.com白馬村観光局HP

渡部暁斗の家族

渡部暁斗選手の家族には、父・修さん、母、弟の善斗さん、そして妻の由梨恵さん、息子さんがいます。

現在、本人たちのSNSで見る限り、渡部選手の拠点は欧州にあり、由梨恵さんは日本で生活しているようです。

ノルディック複合の練習場は日本国内では限られているため、本場の欧州を練習拠点としたいという渡部選手の希望に沿った生活スタイルなのでしょう。

(参考:毎日新聞HP、twitter@wtbakt、Instagram@yurie_watabe

渡部暁斗の身長や年齢等のwikiプロフィール

渡部暁斗の身長

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akito Watabe 渡部暁斗(@wtbakt)がシェアした投稿

スポンサーリンク


渡部暁斗選手の身長は173cmです。

所属している北野建設スキー部のプロフィールから確認することができました。

ちなみに、2022年北京五輪のノルディック複合代表選手の中で、一番背が高いのが渡部選手です♪

渡部暁斗の年齢

渡部暁斗選手は、1988年5月26日生まれの33歳です。(2022年1月現在)

余談ですが、ユーチューバーのヒカキンさんは、高校時代までスキー・ノルディック複合をしていたそうで、渡部選手とは小中高と同じ大会にも出ていた同世代(ヒカキンさんが1つ下)になるそうです!

(参考:北野建設スキー部twitter@hikakin

渡部暁斗の出身地

渡部暁斗選手の出身地は長野県白馬村です。

長野県白馬村と言えば、日本国内でスキーを始めとしたウィンタースポーツが盛んな地域として有名ですよね。

1998年の長野五輪では、まさにこの白馬村にスキーのジャンプ台が作られました。

当時小学3年生だった渡部選手は、ジャンプ団体で日本代表選手たちが金メダルに輝いた瞬間を見ていました。

このことは、渡部選手の原点になったということです。

(参考:北野建設スキー部日刊スポーツ.com

渡部暁斗のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akito Watabe 渡部暁斗(@wtbakt)がシェアした投稿

  • 氏名:渡部 暁斗(わたべ あきと)
  • 出身大学:早稲田大学
  • 体重:61㎏
  • 血液型:O型

渡部暁斗の出身高校

渡部暁斗選手の出身高校は、長野県立白馬高等学校です。

白馬高校といえば、スキー部が全国的な強豪校として有名ですよね。

ちなみに、元・スキーモーグル選手の上村愛子選手の出身高校でもあります。

渡部暁斗の経歴

渡部暁斗選手は1988年5月26日に長野県白馬村で生まれました。

渡部選手がスキーを始めたのは、小学校4年生の時。長野五輪のジャンプ団体で、日本代表が金メダルを獲得した瞬間を目の前で見たことが大きなきっかけとなりました。

中学生の時にノルディック複合選手としてやっていくことを決めます。

2004年4月に長野県立白馬高等学校に入学。スキー部に所属し、その頭角を現していきます。

高校1年生の時にワールドカップに、高校2年生のときには2006年トリノ五輪の代表選手として、それぞれ出場を果たします。

2007年に早稲田大学に進学。大学3年生の時に世界選手権に出場し、団体で金メダルを獲得しました。

2010年バンクーバー五輪、2014年ソチ五輪、2018年平昌五輪と、四大会連続で五輪出場を果たしています。

私生活では、2011年に大学を卒業し、現在の所属先である北野建設スキー部に所属。

2014年に妻の由梨恵さんと結婚し、2020年に第一子長男が誕生しました。

現在は欧州に拠点を置き、5回目のオリンピックとなる北京五輪で悲願の金メダル獲得すべく、厳しい環境の中にあえて自分の身を置いて選手生活を送る渡部選手です。

(参考:NHK北京五輪特集ページ北野建設スキー部HP日本オリンピック委員会HP

渡部暁斗の成績

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akito Watabe 渡部暁斗(@wtbakt)がシェアした投稿

ここでは、渡部暁斗選手の主な成績についてお伝えします。

  • 2009年 世界選手権大会 団体 優勝
  • 2010年 バンクーバー五輪 個人LH9位
  • 2011-12年 ワールドカップ 個人総合2位
  • 2012-13年 ワールドカップ 個人総合3位
  • 2013-14年 ワールドカップ 個人総合3位
  • 2014年 ソチ五輪 個人NH準優勝
  • 2014-15年 ワールドカップ 個人総合2位
  • 2015-16年 ワールドカップ 個人総合2位
  • 2016-17年 ワールドカップ 個人総合3位
  • 2017-18年 ワールドカップ 個人総合優勝
  • 2018年 平昌五輪 個人NH準優勝
  • 2018-19年 ワールドカップ 個人総合2位
  • 2020-21年 ワールドカップ 個人総合3位

24年間の選手生活で数々の経験と成績を残してきた渡部選手。

5大会目となる北京五輪で、ぜひ渡部選手が悲願の金メダル獲得を獲得する瞬間を見届けたいです!

(参考:NHK北京五輪特集ページ北野建設スキー部HP

まとめ

今回は『渡部暁斗の結婚した嫁(妻)や子供!兄弟や両親(父・母)等の家族!』と題してお送りしてまいりました。

  • 渡部暁斗の妻は、元女子ハーフパイプ選手の由梨恵さん
  • 渡部暁斗は2020年第一子長男が誕生している
  • 渡部暁斗の弟は同じくノルディック複合日本代表の渡部善斗選手
  • 渡部暁斗の父は修さんで、長野県白馬村の観光業に関わってきた
  • 渡部暁斗の身長は173cm
  • 渡部暁斗は1988年5月26日生まれの33歳(2022年1月現在)
  • 渡部暁斗の出身高校は長野県立白馬高等学校で、出身大学は早稲田大学
  • 渡部暁斗は2010年のトリノ五輪から5大会連続でオリンピック代表に選出されている

という結果となりました。

2022年、自身5回目となる北京五輪にむけて「いちばん金メダルを獲得したい気持ちが強い」(NHK北京五輪特集ページ)と話す渡部選手。

今後の渡部暁斗選手のご活躍がますます楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。