佐藤駿の父や母等の家族!コーチやスポンサー等のwikiプロフィール!

フィギュアスケートのイメージ

今回は、フィギュアスケート界で躍進を続けている佐藤駿(さとうしゅん)さんをご紹介します。

佐藤駿さんは、2019年に世界歴代最高得点でジュニアグランプリファイナル優勝を果たすなどの歴史を残しており、日本男子フィギュア界の次世代を担うホープとして注目されている選手です。

その活躍は日本のみならず、2021年にはフランス大会で2位を獲得するなど世界でも活躍されています。

では佐藤駿さんに迫るべく、佐藤駿の父や母等の家族!コーチやスポンサー等のwikiプロフィール!と題して詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

佐藤駿の父

佐藤駿さんの父について、お名前や職業などの詳しい情報はありませんでした

習い事の中でもフィギュアスケートはかなりお金がかかると言われており、活躍しているフィギュアスケーターの両親には経営者や医者が多い傾向にあります。

そのため、佐藤駿さんの父は稼ぎの良い仕事に勤めていることが推測されます。

父の転勤で駿さんが中学生のときに宮城県から埼玉県に引っ越されたので、父は全国転勤の会社に務めているのかもしれませんね。

佐藤駿さんは、5歳の誕生日に父に連れられてスケート場に行ったことがきっかけでフィギュアスケートを始めました。

フィギュアスケーターで活躍している現在の駿さんがいるのは、父のきっかけづくりが大きかったことがわかります。

佐藤駿の母

佐藤駿さんの母について、お名前や職業などの詳しい情報はありませんでした

駿さんの練習のために毎日スケート場までお送り迎えしていたのが母だったのだそうです。

おそらく、パートや専業主婦であることが考えられます。

送り迎えだけでも大変ですが、精神面のサポートなど、フィギュアスケーターとして活躍するまでに息子を育てたことは容易ではなかったことでしょう。

ご両親のサポートがあってこそ、駿さんが活躍できているのですね。

佐藤駿の家族

佐藤駿さんの兄弟について調べた結果、駿さんは一人っ子という情報が見つかりました。

そのため、父・母・駿さんの3人家族であることがわかります。

ご両親が駿さんの演技をみるために会場へ来ることもあるでしょうから、今後駿さんの活躍がさらに注目されればご家族がメディアに登場する可能性もありますね。

佐藤駿のコーチ

佐藤駿さんのコーチは、日下匡力さん、浅野敬子さん、無良崇人さんの3名です。日本スケート連盟のバイオグラフィーに記載があります。

こちらは駿さんのコーチであり2014年四大陸選手権覇者の無良崇人さんと対談されたときのお写真です。

無良コーチは駿さんのことを、「素質っていう部分で考えると、彼(佐藤)は、とてつもないものがあるから。」と語っています。(※スポーツ報知)

なんと、駿さんは感覚で4回転を跳んでいるのだそう。世界的に見ても、感覚で跳ぶ選手は少ないようです。

駿さんは、もともとフィギュアスケートの才能をお持ちなのかも?

佐藤駿のスポンサー

佐藤駿さんのスポンサーは「アディダス」です。

駿さんのインスタグラムには、「#adidas」のタグを記載した投稿が多いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shun Sato(@shunsato_official)がシェアした投稿

(佐藤駿さん@shunsato_officialより)

駿さんのファンたちは、アディダスの商品を集めている方も多いのだとか。

SNSには、アディダスの商品とともに「駿活」と称した投稿もありました。

アディダスは馴染み深いという方も多いでしょうから、「駿活」しやすいかもしれないですね。

佐藤駿の身長や年齢等のwikiプロフィール

佐藤駿の身長

佐藤駿さんの身長は162cmです。日本スケート連盟のプロフィールページに記載があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shun Sato(@shunsato_official)がシェアした投稿

(佐藤駿さん@shunsato_officialより)

駿さんに対して、「小柄でかわいらしい」という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

SNSでもファンからの声があがっていました。

容姿のかわいさから、ついつい応援したくなってしまいますね。

佐藤駿の年齢や誕生日(生年月日)

佐藤駿さんは2004年2月6日生まれ18歳(2022年12月現在)です。日本スケート連盟のプロフィールページに記載があります。

ちなみに、河辺愛菜さんや松生理乃さんらも同じ2004年生まれのフィギュアスケーターです。

同年代で活躍している方も多いので、お互いに切磋琢磨できる環境になっているのかもしれませんね。

こちらは駿さんのインスタグラムの投稿ですが、みなさん仲が良いのが伝わってきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shun Sato(@shunsato_official)がシェアした投稿

(佐藤駿さん@shunsato_officialより)

佐藤駿の血液型

佐藤駿さんの血液型について調査した結果、O型という情報が見つかりました。

コーチの無良崇人さんによると、駿さんはショーや公式練習などの大きな舞台で跳ぶのが好きなのだそうです。

駿さんは自分の技に自信を持っているとのことで、駿さんの日々の努力がうかがえます。

どっしりかまえた性格は、O型らしいのかもしれませんね。

佐藤駿の出身地

佐藤駿さんは、宮城県仙台市出身です。

5歳のときに父に連れられたスケート場は、「アイスリンク仙台」。荒川静香さんや羽生結弦さんも練習していた場所です。

スケートを始めて間もない頃、駿さんがいつも通りスケート場で練習していると羽生結弦さんに声をかけられたのだとか。

そのときにもらったペンダントは駿さんにとっての宝物で、大切にしているそうです。

憧れの選手にペンダントをもらえるなんて、幸運ですよね。

今後は駿さんが憧れの的になり、後輩選手たちのモチベーションに繋がっていくことでしょう。

佐藤駿のwikiプロフィール

  • 名前:佐藤駿(さとうしゅん)
  • 年齢:18歳(2022年12月現在)
  • 趣味:映画鑑賞、サウナ
  • 憧れの選手:羽生結弦
  • 所属:明治大学

佐藤駿の経歴

佐藤駿さんは、5歳のときに父に連れられてアイスリンク仙台にてスケートを始めました。

中学生のときに父の転勤の関係で練習拠点を埼玉に移します。

その後、全日本ノービス選手権では4連覇を達成。2017年、推薦出場となった全日本選手権で新人賞を獲得しました。

2018年に強化指定選手に初めて選出され、全日本ジュニア選手権では2位に輝きます。

2019年にはジュニア世界歴代最高得点でジュニアグランプリファイナル優勝

2020年からシニアに参戦し、全日本選手権5位。

2021年からは世界でも活躍する選手となり、シニアとなり初めての海外試合となったグランプリシリーズのアメリカ大会で4位、フランス大会では2位を獲得するなど着実に成長を遂げています。

高校3年のときには左肩を手術する怪我に悩まされましたが、リハビリをしながら2022年4月に明治大学へ入学されました。

明治大学に通いながらフィギュアスケーターとしても活躍する、二足のわらじを履く選手となっています。

佐藤駿の成績

佐藤駿さんのこれまでの成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2018年:全日本フィギュアスケート選手権大会 12位
  • 2019年:全日本フィギュアスケート選手権大会 5位
  • 2019年:全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 2位
  • 2019年:ISUジュニアグランプリファイナル 優勝
  • 2019年:ISUジュニアグランプリクロアチア大会 3位
  • 2019年:ISUジュニアグランプリアメリカ大会 優勝
  • 2020年:全日本フィギュアスケート選手権大会 5位
  • 2020年:ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会 6位
  • 2021年:ISUグランプリインターナショナルオブフランス 2位
  • 2022年:全日本フィギュアスケート選手権大会 7位

まとめ

今回は佐藤駿の父や母等の家族!コーチやスポンサー等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 父は駿さんがスケートを始めるきっかけとなった人物
  • 母はスケート場の送り迎えなど、駿さんをサポートしてきた
  • 家族は、両親と駿さんの3人家族
  • コーチは日下匡力さん、浅野敬子さん、無良崇人さん
  • スポンサーはアディダス
  • 身長162cm、2004年2月6日生まれの18歳(2022年12月現在)、O型、宮城県仙台市出身
  • 5歳のときにスケートを始め、全日本ノービス選手権では4連覇、その後もジュニアグランプリファイナル優勝するなどの実力を残し、グランプリシリーズのアメリカ大会で4位、フランス大会では2位を獲得するなど世界で活躍している

という結果となりました。

今後も佐藤駿さんの活躍に注目したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です