吉村貢司郎の出身高校や大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィール

今回は、2022年のプロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから一位指名を受けた吉村貢司郎(よしむらこうじろう)さんについて紹介したいと思います。

左脚を振り子のように揺らす「振り子投法」が特徴的。最速153km/hの速球と鋭いフォークで三振が取れる投手で、社会人No.1とも評された実力に早くも大きな期待が寄せられています。

そんな吉村貢司郎さんですが、一体どんな経歴を歩んでこられたのでしょうか。

本稿は吉村貢司郎の終身高校や大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィールと題し、吉村貢司郎さんについて詳しく紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください。

吉村貢司郎の出身高校

吉村貢司郎さんの出身高校は東京都にある日本大学豊山(ぶざん)高等学校です。

吉村貢司郎さんは高校一年の秋から背番号1を背負い、エースとして活躍。3年秋の東東京大会では決勝まで進出しますが、オコエ瑠偉選手のいた関東第一に敗れ甲子園出場を逃しました。

ということで残念ながら高校時代に甲子園出場経験はなく、また高校卒業時点ではプロ野球にドラフト指名されるレベルにはなかったようです。

それでも一部メディアや高校野球ファンの間では注目の右腕。また、病気で亡くなったチームメイトの分まで…といいうエピソードも注目される一因となりました。(※サンスポ

ちなみに、日本大学豊山高等学校は東京都文京区にある私立の中高一貫校で男子校。最新のデータでは偏差値が58となっていました。

同高は様々な分野に人材を輩出していますが、野球界に一番縁が深いのは明治大学で「御大」と呼ばれ、長い間野球部の監督を務めた島岡吉郎氏でしょう。(※前身の旧制豊山中学、2年生時に退学)

吉村貢司郎の出身大学

吉村貢司郎さんの出身大学は、國學院大學です。

ただ、吉村貢司郎さんは大学時代、怪我の影響で思ったような活躍はできませんでした。特に4年生の秋シーズンでは1試合しか登板できませんでした。

2019年秋にはプロ志望を表明したものの、残念ながらドラフト会議で指名する球団は現れませんでした。吉村貢司郎さんは大学卒業後、社会人の東芝でプレーし再びプロを目指しました。

ちなみに、國學院大学出身のプロ野球選手では、下手投げの投手・渡辺俊介さん(現新日鐵住金かずさマジック監督)、楽天〜ヤクルトで活躍した嶋基宏さん、現役では小川龍成さんなどがいらっしゃいます。

吉村貢司郎の球種

吉村貢司郎の持ち球は、ストレート、フォーク、スライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップ、ツーシームの7種類です。

左足をゆっくりめに振り上げるフォームが特徴的ですね。

一番の武器は何といっても常時150㎞/h前後の球速を出すストレートです。最高球速は153㎞/h。いわゆる「手元で伸びる」タイプのストレートで、打者にとっては球速表示以上に速く感じる球です。

フォークは130㎞/h台後半とやや速く、スライダーは130㎞/h台。いずれの球も変化が大きく、打者を空振りさせるのに十分な威力を持っています。

カットボールは140㎞/h前後で鋭く横滑りし、こちらも打者を幻惑するのに十分な変化を見せます。またカーブは110㎞/h台で、打者の打ち気をそらしたり、タイミングを外すのに効果的です。

スポーツライターの安倍昌彦氏によれば、吉村貢司郎さんの「勝負球」はフォークとツーシームだそうですので、ツーシームもプロの打者を悩ます変化をみせるものと思われます。

吉村貢司郎の成績

吉村貢司郎さんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。前項でもご紹介した通り、社会人となるまで全国大会レベルでの優勝は経験されていません。

<日本大学豊山>

  • 2015年:東東京大会準決勝 日大豊山3-0篠崎(先発9回、3安打完封)
  • 2015年:東東京大会決勝 関東第一14-2日大豊山(先発3回1/3、8失点)

<國學院大学>

  • 2019年:東都大学野球春季 3勝1敗、防御率0.93

<東芝>

  • 2021年:日本選手権 2回戦 東海理化1-3東芝(先発4回1/3、被安打3失点1)
  • 2021年:都市対抗西関東 ENEOS0-1東芝(先発9回、4安打完封)
  • 2022年:JABA東京スポニチ JR九州0-6東芝(先発9回、6安打完封)※大会MVP

2021、22年セリーグチャンピオンのヤクルトスワローズでどんな存在感を発揮してくれるのかが注目されます。

吉村貢司郎の身長や年齢等のwikiプロフィール

吉村貢司郎の身長

吉村貢司郎さんの身長は183㎝です。2022年11月現在、吉村貢司郎さんは東芝野球部のメンバーなので、その選手紹介のページで確認ができました。(※東芝

さほど大柄ではありませんが、特にストレートを放る際は、打者を見下ろすような迫力があります。

吉村貢司郎の年齢や誕生日(生年月日)

吉村貢司郎さんの生年月日は1998年1月19日で、2022年11月現在の年齢は24歳です。こちらも東芝の選手紹介ページで知ることができます。

プロ野球選手では三森大貴さん、梅野雄吾さん、山本由伸さんなどが同じ1998年生まれでした。

吉村貢司郎の血液型

東芝野球部の公式プロフィールを拝見すると、血液型に関しては「不明」となっており、今回の調査では残念ながら探り当てることができませんでした。

吉村貢司郎のwikiプロフィール

  • 名前:吉村貢司郎(よしむらこうじろう)
  • 生年月日:1998年1月19日(2022年11月現在24歳)
  • 出身:東京都足立区
  • 趣味:温泉
  • 目標としている選手:大谷翔平

吉村貢司郎の経歴

東京都足立区出身の吉村貢司郎さんは、足立区立興本小2年の時に父親の影響で野球を始めました。

最初に所属した扇ターキーズでは外野手。5年生の時に足立フェニックスボーイズに移り硬式野球へと転向。投手兼外野手となり、東日本大会、関東大会で優勝を経験されました。

足立第八中時代は足立ベルモントボーイズに所属し、やはり投手兼外野手として東京大会準優勝。

日本大学豊山高校に進学後は1年秋からエースナンバーを背負うも、3年夏の東東京大会準優勝が最高位で、甲子園出場はならず。

高校卒業後の進路は國學院大學。2年春に初登板初勝利を挙げるも、怪我に泣かされ、通算20試合登板で5勝4敗と伸び悩み、大学卒業時はプロ志望届を提出するも、指名漏れ。

大学卒業後は東芝に入社。

1年目は救援投手、2年目から先発投手として活躍。大卒2年目の2021年のドラフトでも指名漏れ。社会人3年目となる2022年にドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けました。

まとめ

今回は吉村貢司郎の出身高校や大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィールと題してお送りしてきました。

  • 吉村貢司郎さんの出身高校は日本大学豊山高等学校。大学は國學院大學です。
  • 持ち球は、ストレート、フォーク、スライダー、ツーシーム、カットボール、カーブ、チェンジアップの7種類。
  • 身長は183㎝。1998年1月19日生まれ(2022年11月現在24歳)。
  • 大学卒業時、社会人2年目と2度のドラフト指名漏れを経て、2022年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けました。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です