荘司康誠の出身高校や中学・大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィール!

球児の写真

今回はプロ野球界から大注目されている六大学リーグ出場選手荘司康誠(しょうじこうせい)さんをご紹介します。

荘司康誠さんは大学時代のリーグ戦で投手として活躍し、2022年に開催されたドラフト会議では楽天とロッテの2球団から1位で指名された注目の選手です。

そんな荘司康誠さんの今までの野球人生はさぞ輝かしいものだったのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

なんと彼が野球界で注目され始めたのは、大学生活後半頃。それまでは繰り返す怪我に悩まされ幾度となく挫折の危機を乗り越えてきた苦労人なんだとか…

では荘司康誠の出身高校や中学・大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィール!と題し、荘司康誠さんについて迫っていきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください。

荘司康誠の出身高校

荘司康誠さんは新潟明訓高等学校出身です。明訓高校は春1回、夏6回の甲子園出場がある強豪校で、荘司さんはエースとして活躍していました。

こちらは高校時代のお写真です。

今よりもスリムな体型に見えますね。背が高いのでモデルさんのようです。

この線の細さも関係してか、高校時代の荘司康誠さんはストレートの最速は130キロ台後半で伸び悩み、高校3年生の夏甲子園では1回戦敗退と悔しい結果となりました。

しかしこの結果は今の荘司康誠さんの原動力となっているようで、当時を振り返るインタビューでは、

「あそこでいいところまで勝って高校野球終わっていたら中途半端な気持ちで大学で野球やっていたかもしれませんし。

1回戦で負けたっていうので、それがあったから悔しい気持ちもありましたし、このままじゃ終われないなっていう思いがあった。

それで本当に大学入った時からその気持ちは忘れないというか、自分の中では刻まれていた」

と話されています。(※FNNプライムオンライン)

エースで出場したこともあり1回戦敗退当時は相当な悔しさがあったようですね。

そこで諦めずに野球を続けた荘司さんは、この頃からプロ選手に通づる精神力をお持ちだったのですね。

荘司康誠の出身中学

荘司康誠さんは新潟市立小針中学校出身で、中学時代は硬式野球チーム「新潟西リトルシニア」でプレーしていました。

甲子園に出場するほどの強豪でエースを務めていた荘司さんは中学時代から華々しい活躍をされていたのでは?と考える方も多いと思いますが、実際は苦悩の日々だったといいます。

テレビ新潟のインタビューでは、「中学時代は、ケガとか色々してしまってなかなか野球できないことの方が多かったので…」と述べており、なんと中学3年間のうち1年半もケガに悩んだそうです。

中学生の若さで怪我を繰り返してしまったら普通は挫折してしまいそうですが、荘司さんは野球への思いが強いことがわかりますね。

荘司康誠の出身大学

荘司康誠さんは2022年10月現在、立教大学社会学部に在籍しています。

高校3年の甲子園で残念な結果となってしまった荘司さんは、大学からの誘いはなかったといいます。

ですが、元々「六大学でプレーしたい」という憧れがあった荘司さんは、新潟明訓高校の先輩が多く進学していた立教大へ指定校推薦で入学されました。この決断が野球人生の転機となるのか…?と期待も入り交じるさなか、ここでまた不運に見舞われます。

大学入学後の1年の冬から2年の秋まで、右肩を故障。全くボールが投げられなかったほどで、立教へ入学した理由でもある「リーグ戦出場」もかなわなかったそうです。

4years.のインタビュー記事では当時について、「思い返すのも嫌なくらい、つらい時期でした。選手は諦めて、裏方に回ろうか。そんなことも考えました」と話しています。

しかしそこでも諦めなかった荘司さんは、必死にリハビリやトレーニングを続けてリーグ戦に出られる状態にまで身体を作り上げました。

そして大学3年生のときの東京大学2回戦のリーグ戦で初登板初先発。抑えを任された慶應義塾大学1回戦では151キロをマークすると…

それまで無名だった荘司康誠さんは、「荘司?誰?」といきなり注目を集める選手になったのだとか!

突如現れた無名投手のイキのいいストレートにスタンドからはどよめきが起こった瞬間は、まさにドラマのような展開ですよね。

荘司康誠の球種

荘司康誠さんの決め球はなんといっても、その長身から投じられるストレートです。最速157キロを叩き出しています。

その他にもカットボール、スライダー、スプリット、カーブなどを多彩な変化球も持ち味でポテンシャルの高さが魅力、変化球は落差もあり非常に打ちづらいそうです。

こちらは荘司康誠さんのピッチング集!みているだけで気持ちがいいです。

荘司康誠の成績

荘司康誠さんの六大学リーグ投手成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2021春季リーグ戦:3試合   6三振 防御率14.54
  • 2021秋季リーグ戦:6試合 24三振 防御率2.22
  • 2022春季リーグ戦:8試合 43三振 防御率1.72
  • 2022秋季リーグ戦:6試合 31三振 防御率3.62

荘司康誠の身長や年齢等のwikiプロフィール

荘司康誠の身長

荘司康誠さんの身長は188cmの長身です。立教大学野球部の公式ページに記載があります。

立教野球部のインスタグラムの投稿では、荘司さんが自分のアピールポイントについて「脚の長さ」と回答していました。

こちらは脚の長さがわかる動画です。

メディアからもスタイルがいいといわれるくらい、抜群のスタイルの持ち主ということがわかりますね。

荘司康誠の年齢や誕生日(生年月日)

荘司康誠さんは2000年10月13日生まれ22歳(2022年10月現在)です。立教大学野球部の公式ページに記載があります。

同じ新潟出身のヤクルトスワローズの鈴木裕太投手とは、新潟市立東青山小学校、新潟市立小針中学校では同級生でした。

荘司康誠の血液型

荘司康誠さんの血液型はB型です。立教大学野球部の公式ページに記載があります。

怪我を繰り返してきた荘司さんですが、それでも心が折れることなく野球を続けられた切り替え力はB型の特徴といえるのかもしれませんね。

荘司康誠のwikiプロフィール

  • 名前:荘司康誠(しょうじこうせい)
  • 年齢:22歳(2022年10月現在)
  • 出身:新潟県新潟市西区
  • 好きな食べ物:千里眼の冷やし中華
  • 所属:立教大学

荘司康誠の経歴

荘司康誠さんは、高校球児だった父・聡さんと兄・一樹さんの影響で、小学2年から青山あらなみに所属し、野球を始めました

中学では新潟西リトルシニアで主に外野手を務め、新潟明訓高入学後から本格的に投手に転向しました。

中学時代は怪我に悩むも、中学3年の夏にはリトルシニア日本選手権大会に出場しベスト8進出に貢献します。

その後明訓高校では3年のときにエースで甲子園に出場するも、1回戦敗退という悔しい結果に。

指定校推薦で立教大学へ入るも再度怪我に苦しみましたが、苦悩を乗り越え大学3年生でその頭角をあらわしました。

そして大学4年生でドラフトイヤーを迎えると、楽天とロッテの2球団から1位で指名され、楽天が交渉権を獲得する結果となりました。

学生時代は苦悩も多かった荘司さんですが、プロ人生は怪我なく順当に活躍していただきたいですね。

まとめ

今回は荘司康誠の出身高校や中学・大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 高校は新潟明訓高等学校出身
  • 中学は新潟市立小針中学校出身
  • 大学は立教大学に在籍
  • 188cmの長身から投じるストレートが最大の武器
  • 2000年10月13日生まれの22歳(2022年10月現在)、B型
  • 小学2年生の頃から野球を始め、中学と大学では怪我に見舞われなかなか存在を見せられず、大学3年のときにようやく注目される選手に

という結果となりました。

今後も荘司康誠さんの活躍から目が離せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です