仲井慎の出身中学や小学校はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!

速球を投げ込むピッチャー

2022年夏の甲子園、ノーマークの存在からの快進撃で旋風を巻き起こしたのが下関国際高等学校(山口県)です。今回はその中心選手として大暴れした背番号6のエース仲井慎(なかいしん)さんをご紹介したいと思います。

仲井慎さんは兵庫県出身ながら「この学校から甲子園に出たい」との思いで山口県へと進学したちょっと変わり種。ピッチャーとショートを自在にこなしつつ上位の打順で攻撃の起点にもなるという、スゴい能力を備えたプレーヤーです。

そんな仲井慎さんとはどんなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

では、仲井慎の出身中学や小学校はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!と題し、仲井慎さんについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

仲井慎の出身中学

仲井慎さんは2022年夏の甲子園準々決勝、気迫に溢れた完璧なリリーフぶりを披露し一気に名を上げた投手&内野手です。

そんな仲井慎さんの出身中学は兵庫県の加西(かさい)市立加西中学校です。各メディアの報道などから知ることができます。

特に関西の高校野球ファンから応援の声が上がっていますね。

やっぱりタテ縞がお似合い?

仲井慎さんは中学時代、兵庫北播リトルシニアに所属。元プロ野球選手・藤本貴久監督のもとで地道にトレーニングを積んでいきました。3年生時の2019年にはリトルシニア日本選手権関西大会で3位となり、全国大会へと出場。加西市から「文化・スポーツ振興賞賜金」を贈られています。(※広報かさい

ちなみに幼馴染で現在の女房役・橋爪成さんは当時、捕手であり外野手でもあったそうです。仲井慎さんも投手であり内野手でもありますから、お互いゲームの中でいろんなポジションをこなしつつあうんの呼吸を養っていったんですね。

仲井慎の出身小学校

仲井慎さんの出身小学校は兵庫県の加西市立九会(くえ)小学校と考えて良さそうです。

仲井慎さんと橋爪成さんは九会野球スポーツ少年団で野球を始めています。また、出身中学の加西中学校は九会小学校の校区ですから、お2人とも九会小学校で学ばれたと考えて間違いなさそうです。

仲井慎さんが野球を始めるのは小学2年生の頃。当時どんな活躍をされていたかまでは残念ながら記録をたどれませんでしたが、初めて橋爪成さんとバッテリーを組むのは小学校時代だったそう。

2人の成長を見守ってきた地元の方は、やはり感慨深いでしょうね。

仲井慎の身長や年齢等のwikiプロフィール

仲井慎の身長

仲井慎さんの身長は177cmだそうです。各報道などから知ることができます。

2022年下関国際のチームの中では赤瀬健心さんが182cmと一番の長身。仲井慎さんは真ん中あたりのようです。

仲井慎の年齢や誕生日(生年月日)

仲井慎さんは2004年4月22日生まれで、年齢は18歳です。(2022年8月現在)過去に甲子園関連の雑誌記事で紹介されていたようです。

息の合ったバッテリーぶりを見せているキャッチャーの橋爪成さんは7月10日生まれなので、仲井慎さんがちょっとだけお兄さんですね。

仲井慎の出身地

仲井慎さんの出身地は兵庫県の加西市です。

前項でご紹介したとおり、加西市立九会小学校〜加西中学校を経て山口県の下関国際へと進学されています。2022年の下関国際のチームでは橋爪成さんをはじめ、関西地区ご出身の方が多数おられます。

ということはチーム内での会話は関西弁?

仲井慎の血液型

仲井慎さんの血液型についての情報はなく不明です。

仲井慎さんといえば、2022年夏の甲子園、大阪桐蔭戦で見せた見事なリリーフぶり。ピンチにも一切動じないタイプと言えば…

仲井慎さんはもしかするとB型かも?(勝手なイメージです笑)

仲井慎のwikiプロフィール

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

大上 翔平(しょーへい)(@shouhei_1988)がシェアした投稿

  • 名前:仲井慎(なかいしん)
  • 年齢:18歳(2022年8月現在)
  • 出身:兵庫県加西市
  • 所属:下関国際高等学校

仲井慎の経歴

仲井慎さんの野球人生に欠かせない人物がこちら。元巨人、兵庫北播リトルシニア監督の藤本貴久さんです。

指導法や思い出話はブログ『hokuban Little seniorのブログ』に記事がありますので、興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

小学2年生の頃に九会野球スポーツ少年団で野球を始めた仲井慎さんは、中学進学後に兵庫北播リトルシニアへと入団し硬式野球へとスイッチします。

兵庫北播リトルシニアにはかつて現プロ野球選手の吉田凌さんが所属されていました。その吉田凌さんが中学時代に行っていたトレーニングが遠投でした。

吉田凌投手が中学生の時に一塁側の塁線からそのテニスコートの前のネットに向かって遠投していた。そして三年生の時にはそのテニスコートの前のネットの中段にまであたるほどの遠投ができた。おそらく100メートル以上になる

それを監督から聞いた仲井慎さんはすぐに取り入れ、黙々と遠投練習。吉田凌さんと同距離を投げられるようになり、球速も140km/h台にアップしたといいます。(※写真5枚目の集合写真に仲井慎さんの姿があります)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Himeji chuoh(@m.kouhei0009)がシェアした投稿

そんな仲井慎さんが中学卒業後に目指したのは、山口県の下関国際でした。兵庫北播リトルシニア公式サイトの卒団生進路を見てみると、やはり近畿圏が圧倒的に多く、山口県への進学はもしかすると仲井慎さん、橋爪成さんが初めてだったかも知れません。

朝日新聞の記事によると、きっかけは中2の夏、下関国際が甲子園でベスト8入りする活躍を見せたことでした。

感動したのは地元下関の方だけではなかったんですね。仲井慎さんは「ここで甲子園を目指したい」と思ったのだそうです。

2年生以降背番号は6→1→6と変化。また、「1番投手」であったり「2番・6番遊撃手」であったりと、打順やポジションも変幻自在。こんなところは独自の考え方を持つ坂原秀尚監督らしい采配なのかも知れません。

ですが、どんな立ち位置であっても監督の期待に応え、しっかりチームの重要なピースとして機能しているところに驚かされます。

仲井慎さんの次のステージがどうなるのか、まだ明かされてはいません。ただ、ファンからはこんな声も…

ぜひプロのマウンドで躍動する仲井慎さんを見せてほしいなと思います。

仲井慎の成績

仲井慎さんのこれまでの主な成績をごく簡単にご紹介します。投げていないときはショートを守っており、ほぼゲームには出ずっぱりという感じなんですね。

  • 2020年秋季中国:決勝 広島新庄3−2下関国際(4打数0安打、中継1回被安打1)
  • 2021年春甲子園:1回戦 健大高崎6−2下関国際(4打数0安打、遊撃)
  • 2021年秋季中国:1回戦 創志学園0−8下関国際(3打数1安打、遊撃)
  • 2021年秋季中国:準々決勝 広陵3−0下関国際(4打数1安打、中継1回被安打0)
  • 2022年県大会:3回戦 宇部鴻城3−5下関国際(4打数1安打、遊撃)
  • 2022年県大会:準々決勝 岩国商0−10下関国際(4打数0安打、先発7回被安打3)
  • 2022年県大会:準決勝 南陽工3−4下関国際(4打数1安打、先発9回被安打8)
  • 2022年県大会:決勝 宇部工4−10下関国際(4打数2安打、先発9回被安打6)
  • 2022年夏甲子園:2回戦 富島0−5下関国際(5打数1安打、中継3回1/3被安打0)
  • 2022年夏甲子園:3回戦 浜田3−9下関国際(5打数2安打、中継3回被安打2)
  • 2022年夏甲子園:準々決勝 大阪桐蔭4−5下関国際(4打数1安打、中継3回1/3被安打3)

まとめ

今回は仲井慎の出身中学や小学校はどこ?身長や年齢等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 仲井慎さんの出身中学は兵庫県の加西市立加西中学校、小学校は加西市立九会小学校です。
  • 身長は177cmです。
  • 兵庫県加西市出身。2004年4月22日生まれの18歳です。
  • 九会野球スポーツ少年団〜兵庫北播リトルシニアで腕を磨き下関国際へ。捕手・橋爪成さんとは小学生時代からの仲です。

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

2022年下関国際の注目選手を紹介しています!気になる方はコチラ!

高校野球のイメージ坂原秀尚監督の結婚した嫁(妻)や子供!経歴やかき氷事件!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。