菊地吏玖の出身高校や大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィール!

ドラフト会議の指名選手

東都大学野球2部リーグのエースからプロ球界のエースへ!

今回は2022年ドラフト会議で千葉ロッテから1位指名された専修大学の本格派右腕菊地吏玖(きくちりく)さんをご紹介していきたいと思います。

菊地吏玖さんは北海道出身。甲子園出場経験はありませんが、専修大学進学後にメキメキと頭角を現し、侍ジャパン大学代表にも選出された期待の投手。最速152km/hの速球と多彩な変化球で先発、リリーフをこなし、チームの柱を担ってきました。

今後、プロの世界でどんなピッチングを見せてくれるのか、多くのファンが注目しています。

では、菊地吏玖の出身高校や大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィール!と題し、菊地吏玖さんについて詳しく解説してまいります。

ぜひ最後までお付き合いください。

菊地吏玖の出身高校

菊地吏玖さんの出身高校は北海道の札幌大谷高等学校です。甲子園出場は果たせなかったものの、貴重な経験を積んだ3年間だったようです。

2018年(3年生時)の夏は南北海道大会の1回戦で夢散…

実は前日の試合は、4回まで札幌大谷がリードしていたものの、降雨のため無念のノーゲームに。翌日再試合が行われましたが、連投になった菊地吏玖さんが中盤以降踏ん張りきれませんでした。

敗戦にはもちろん運もあったかと思いますが、プロ入りを夢見ていた菊地吏玖さんが進路を大学進学へと定めたひとつのきっかけにもなりました。

詳しい経緯は専大スポーツの特集記事で知ることができます。興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに、札幌大谷高等学校は北海道札幌市にある中高一貫の私立校。プロ野球選手の田中将大さんの妻でタレントの里田まいさんの母校としてご存じの方が多いかもしれません。

部活動では卓球部やフェンシング部が全国クラスの強豪だそうです。こちらは卓球部のホープ・岡るるさん。

菊地吏玖の出身大学

菊地吏玖さんは2022年10月現在、専修大学経営学部の4年生です。専修大学のスポーツメディア、専大スポーツでも菊地吏玖さんの活躍は大きく取り上げられています。

高校卒業前、明確に「来てほしい」と意志を示してくれたのが専修大学だったそうで、同校への進学を決意。2年生秋のリーグ戦からマウンドに上がるようになります。

東都大学野球ではしばらく2部リーグに甘んじている専修大学ですが、菊地吏玖さんは先発・リリーフと連投も辞さない奮投を続け、チームを支えてきました。

令和2年度秋季リーグ、4年度春季・秋季リーグで最優秀防御率をマーク。2022年には侍ジャパン大学代表にも選出され、計8回を投げ失点0と持ち味を発揮しています。

菊地吏玖の球種

右の本格派と言われる菊地吏玖さん。持ち球は最速152km/hのストレートに、スライダー、フォーク、ツーシーム、カットボール。さらに時折、カーブを投げるという多彩な球種が持ち味です。

前項でご紹介した専大スポーツの記事を参考にすると、菊地吏玖さんがテーマとするのは「点を与えないこと」であり「ランナーを背負ってからどれだけ粘って点を与えないか。その考えはすごく大事にしている」とのこと。

また、尊敬する野球選手はダルビッシュ有さん!

視線の先にはもしかするとメジャーリーグがあるのかも?

菊地吏玖の成績

菊地吏玖さんのこれまでの成績をごく簡単にご紹介します。

  • 2017年夏南北海道大会:準決勝 札幌大谷4-11北海(救援、5回1/3 失点1)
  • 2018年夏南北海道大会:1回戦 札幌光星9-2札幌大谷(先発、9回 失点9)
  • 2020年東都2部リーグ秋:3勝1敗 防御率0.31(1位)
  • 2021年東都2部リーグ春:2勝1敗 防御率1.08(2位)
  • 2022年東都2部リーグ春:3勝2敗 防御率1.20(1位)
  • 2022年ハーレムベースボールウィーク:計8回失点0
  • 2022年東都2部リーグ秋:4勝1敗 防御率0.63(1位)

菊地吏玖の身長や年齢等のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

専大スポーツ(@sensuponow)がシェアした投稿

菊地吏玖の身長

菊地吏玖さんの身長は183cmです。前項でご紹介した専大スポーツの記事などから知ることができます。

2022年のドラフト会議で指名を受けた大学生投手では矢沢宏太さんが173cm、荘司康誠さんが188cm、青山美夏人さんが183cm、曽谷龍平さんが182cmといった感じなので、菊地吏玖さんが特に大柄というわけではなさそうです。

菊地吏玖の年齢や誕生日(生年月日)

菊地吏玖さんは2000年6月13日生まれで、年齢は22歳です。(2022年10月現在)

2021年春のリーグ戦では、1学年上で現プロ野球選手の赤星優志さん(当時日本大学)とライバル関係にありました。

プロでの対戦、そしてリベンジなるかも興味深々です。

菊地吏玖の血液型

菊地吏玖さんの血液型はプロフィールに記載がなく不明です。

菊地吏玖さんはこれまで進路を決める際…

  • 高校:熱心にスカウトをされた
  • 大学:「菊地がほしい」と明確に獲得の意思を示した

というエピソードがあります。頼まれごとは断らない(断れない?)性格といえば、もしかすると血液型はA型かもしれませんね。

菊地吏玖のwikiプロフィール

  • 名前:菊地吏玖(きくちりく)
  • 年齢:22歳(2022年10月現在)
  • 出身:北海道苫小牧市
  • 趣味:ビリヤード
  • 家族構成:両親、妹
  • 所属:専修大学

菊地吏玖の経歴

北海道苫小牧市生まれの菊地吏玖さんは、苫小牧市立拓勇小学校時代に野球を始めます。野球をプレーしていた父親の影響からだったそうです。

拓勇ファイターズに入団し本格的に野球を始めるのは小学校2年生の頃。ピッチャーであり、強肩のキャッチャーでもありました。当時から野球センスは光っていたんですね。

中学時代に苫小牧中央ポニーリーグで硬式野球へとチェンジ。卒業後はスカウトを受けた札幌大谷高等学校に進学します。

甲子園出場、高卒でプロといった夢は果たせませんでしたが、3年生時はエースとしてチームを引っ張りました。

道新スポーツの記事によると、当時すでに直球は最速144km/h。プロのスカウトも注目していたのだとか。

そんな菊地吏玖さんは、熱心に声をかけてくれた専修大学への進学を決意。「プロを目指す4年間」と位置づけ、練習に励みます。

大学時代は東都大学野球2部リーグで大活躍。大学野球界を代表する本格派右腕として瞬く間に評価を上げていきます。侍ジャパン大学代表としても躍動し、2022年秋のドラフト会議では千葉ロッテに1位指名。

千葉ロッテの本拠地・ZOZOマリンスタジアムは、2022年8月に高校日本代表と大学日本代表の壮行試合が行われ、菊地吏玖さんが快投を披露した球場です。すでにお披露目は済んでいた?

プロ入り後にどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみしかありません。

まとめ

今回は菊地吏玖の出身高校や大学はどこ?球種や成績等のwikiプロフィール!と題してお送りしてまいりました。

  • 菊地吏玖さんの出身高校は北海道の札幌大谷高等学校です。
  • 2022年10月現在、専修大学経営学部の4年生です。
  • 最速152km/hの直球のほか、スライダー、フォーク、ツーシーム、カットボール、カーブなどの変化球を操ります。
  • 北海道苫小牧市出身。2000年6月13日生まれの22歳です。(2022年10月現在)

という結果となりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です