三度の飯より野球が大好き! 山本祐香です。

今年の6月に行われた第66回全日本大学野球選手権大会。札幌代表の東海大学北海道キャンパスは、この大会で初のベスト4という快挙を成し遂げました。ここ数年、確実に強さを増している東海大北海道がどのような環境で日々の練習を行っているのか、札幌市南区にある同大学グラウンドに行ってきました。

前編はこちら↓

まずはブルペンの様子をのぞき見。

画像1: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】
画像2: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

真剣に投げ込んでいる選手、サインの確認をしている選手がいます。では、バッティング練習はどちらで行われているのでしょうか。グラウンドから校舎の方に向かって少し歩いていきます。

画像3: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

このような、室内練習場で行われていました。休憩中は和気あいあいと、バットを握れば真剣な眼差しで練習をしています。さらに少し歩くと、近代的でキレイな建物が見えてきました。2015年に完成した新体育館、その名も「TOKAI ARENA」です。

画像4: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

広報の岩原さんに中を案内していただきました。専門的な部屋が次々と現れ、スポーツをするのに素晴らしい環境であることがよくわかります。

画像5: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】
画像6: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

そして、一番気になっていたトレーニングルームに到着。そこには広い空間が。わー! 踊りたくなる広さ(笑)。

画像7: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

さらにこのようなマシンもありました。

画像8: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

宇宙飛行士が無重力空間で落ちてしまう筋力をつけるためにも使われているという、とても高価なものです。大学に行けばこんなマシンを使えるなんて、うらやましい! 「TOKAI ARENA」素晴らしい環境ですね。

画像9: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】
画像10: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

キレイで整った環境に感動しながら、またグラウンドに戻ります。ここでずっと気になっていたことを質問。大学自体は「東海大学札幌キャンパス」と言われているのに、なぜ野球部だけ「東海大学北海道キャンパス」なのか。それは、元々野球部が今は閉鎖された旭川キャンパスのほうにあり、そのときの名称を今でも使っているからだそうです。当時は今の札幌学生野球連盟ではなく、北海道学生野球連盟に所属していたため、2011年に札幌のリーグに参加するようになったときは、3部からスタートだったとか。そこから1部昇格、5年目には優勝して全国大会へ!

そんな話をしていたらグラウンドに到着。さっきは座っていた高橋監督が立っています。

画像11: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】
画像12: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

おお、威圧感。この紅白戦のチャンスをものにできた選手はいるでしょうか。

それにしても、ここ数年リーグ優勝し、全日本大学野球選手権大会や明治神宮野球大会への出場も多い東海大北海道。その強さの秘密はどこにあるのか。

野球を細かく見るという視点を大切にしていて、全国大会で強豪校に負けないためにも、“ピッチャーの特徴を分析”、“走塁面からプレッシャーをかける”というような細かいことを徹底してやっているそうです。選手それぞれが細かいつなぐ野球を意識しながらも、バッティングは振り切る感覚を意識している。そのような野球が、他の強豪校を追い越し追い詰め、今年の全国ベスト4にもつながったのでしょう。また、どこかが細かい野球をするとそれに対応していかなければいけないわけで、札幌のリーグ自体も相乗効果でレベルが上がってきているようです。

東海大北海道の新キャプテンは4番に座る大河内航外野手(3年)、常に気持ちを切らさないキャプテンにふさわしい選手だそうです。また、松永遼介内野手(2年)はハキハキしていて常に前向き、チームが練習で疲れているときも気持ちをつないでくれる選手。練習の合間には笑顔が溢れ、チームの雰囲気もとてもよく感じます。

全日本大学野球選手権大会では、ちょっとした守備のミスで立教大に惜敗した東海大北海道。ディフェンスをより強化した彼らが、秋にはどんな戦いを見せてくれるのか。今から楽しみでなりません。

画像13: ここを見て!大学野球観戦のススメ⑤ 後編【札幌六大学野球・東海大学北海道キャンパス】

広報の岩原さん、お忙しい中ご案内いただきありがとうございました。そして、一道民、札幌市民として、みなさんの神宮球場での活躍を待っています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.