三度の飯より野球が大好き! 山本祐香です。

毎日熱戦が繰り広げられる東京ドーム。アマチュア最高峰の戦いは、どれも見ごたえのあるものばかりで目が離せません。先日、都市対抗の楽しみ方を記事にしましたが、もうひとつ、都市対抗ならではの楽しみ方があるのを忘れてはなりません。

それは“補強選手”です。都市対抗は、各地区の予選を勝ち抜いた代表チームが出場する大会です。そこには予選で敗れ、涙をのんだ強豪チームがたくさん。そして、素晴らしい選手もたくさんいるのです。都市対抗では、そんな予選で敗退したチームの中から3人まで選手を補強できる、というまるでゲームのような制度があるのです! まさに、1チームの力だけではなくその地区の総力をあげて戦う“都市”対抗。面白いと思いませんか? 私は、この大会を考えた人は天才だと思っています(笑)。

補強選手は6月30日からチームに合流でき、7月14日から始まる都市対抗に向けて一緒に練習をします。今回、JR西日本の補強選手で都市対抗に出場している伯和ビクトリーズ・小原礼史選手のお話では、6月30日からJR西日本のグラウンドの近くに滞在し、毎日練習に参加したとのこと。応援団の方々との食事会もあり、選手だけではなく関わるみんなが温かく迎えてくれてとてもやりやすい、とおっしゃっていました。

画像: 囲み取材を受ける JR西日本・小原礼史内野手(伯和ビクトリーズから補強)

囲み取材を受ける JR西日本・小原礼史内野手(伯和ビクトリーズから補強)

今大会の初戦、JR西日本はNTT西日本と対戦。小原選手は、6番ファーストでスタメン入りしました。試合はNTT西日本がリードし、4-2で最終回に。

NTT西日本は、先発した吉元一彦投手がここまで投げており、完投勝利目前。9回表2アウト1,2塁、ここでバッターは小原選手です。フルカウントとなり、6球目…外角へのストレートをはじき返した打球はライトスタンドに吸い込まれました! まさに、野球は2アウトから! 逆転の3ランホームランです!

5-4でJR西日本が勝利しました。

画像: 勝利に沸くJR西日本の選手たち

勝利に沸くJR西日本の選手たち

画像: 3ランホームランで逆転

3ランホームランで逆転

補強選手である小原選手の起用が当たり、JR西日本は勝利を手にしました。これが都市対抗の面白さのひとつなのです。

小原選手に質問をしてみました。

――他のチームに入ることで学んだことや、チームに持ち帰りたいことはありますか?

「たくさんあります。JR西日本は層が厚いので、ちょっと打てなかったらすぐスタメンを外れてしまいます。常に結果を出すことや、競争意識を持つことが大切です。伯和ビクトリーズでは僕はコーチも兼任しているのですが、ここではスタッフさんが全員に声をかけたりと細かく気配りをしているので、そういうところも真似していきたいなと思います」

普段、他のチームで練習や試合をするという経験はなかなかありませんから、補強選手という制度は視野を広くするいい機会でもあるのですね。

補強選手の起用に成功したもうひとつのチームがあります。三菱重工名古屋です。

画像: JR東海・若林篤志投手、JR東海・中田亮二選手、ヤマハ・佐藤二朗選手の補強選手3人をスタメンに

JR東海・若林篤志投手、JR東海・中田亮二選手、ヤマハ・佐藤二朗選手の補強選手3人をスタメンに

昨年準優勝の日立製作所と対戦する三菱重工名古屋。JR東海の若林投手が先発投手、同じくJR東海の中田亮二選手(元・中日)が5番指名打者、ヤマハの佐藤二朗選手(元・ヤクルト)が4番セカンドで出場。

画像: 若林投手

若林投手

画像: 佐藤選手

佐藤選手

1回表、ノーアウト満塁で打席に立った佐藤選手がさっそくフェンス直撃ツーベースヒットを打ち、2点先制。続いて、中田選手もレフト前にタイムリーヒットを打って1点を加えます。三菱重工名古屋はさらに1点を加え、この回5安打1四球の猛攻。若林投手も6回2/3を97球7安打3失点と好投します。

その結果、5-3で日立製作所をやぶり勝利を手にした三菱重工名古屋。予選はチームのメンバーのみで戦い本戦出場を手にし、本戦は補強選手をうまく使い、さらにパワーアップしたチームで勝ちに行く。これぞ、都市対抗ならではの戦い方です。

画像1: 本気な大人って、カッコ悪いくらいカッコいいと思う③~都市対抗の楽しみ方、補強選手とは~

先制のタイムリーを打った佐藤選手に質問してみました。

――補強選手で4番に抜擢されることをどう思いますか?

「最初は嫌だった。4タコ(4打席凡退)したらどう思われるかわからないし、プレッシャーで。でも今はチームのために頑張ろうと思っています」

ただでさえプレッシャーを感じる4番なのに、チームの元々の4番を差し置いてそこに座るのは相当大変な思いがあるのですね。ちなみに、佐藤選手はツギオという登録名で東京ヤクルトスワローズに所属していたことがあるので、こんなお願いもしてみました。

――今でもツギオ選手を応援しているスワローズファンがたくさんいます。

「ほんと? みんな覚えてる? でも嬉しいですよ」

――覚えていますよ。私も今でも応援しています。スワローズファンにメッセージをいただけたら嬉しいです。

「ヤクルトでは活躍できなかったけど、ヤクルトOBとしてこれからも活躍できればと思いますので、ちょっとだけでも応援してもらえたら嬉しいです」

最初から最後まで、ずっと笑顔でお話してくれたツギオ選手。松坂世代の37歳ですが、まだまだ今後も活躍を期待しています。

と、少し話が脱線してしまいましたが、補強選手がどれだけ試合を面白くしているかおわかりいただけたでしょうか。補強選手を含む選手層から、監督がどのように采配していくのか、起用された補強選手が期待通りの活躍をするのか、ぜひ都市対抗野球大会を楽しみに東京ドームへ!

画像2: 本気な大人って、カッコ悪いくらいカッコいいと思う③~都市対抗の楽しみ方、補強選手とは~

都市対抗の楽しみ方指南↓

開幕戦から好ゲーム↓

※この記事は「ゆるすぽアンバサダー」が作成した記事です。記事内の権利関係等の責任は筆者に属します。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.