●7月24日に生まれたアスリート

1945年 高田 繁(タカダ シゲル)
プロ野球選手
巨人で13年活躍。1968年新人王、1971年盗塁王獲得。引退後は2球団で監督を務める。

1964年 バリー・ボンズ(バリー・ボンズ)
プロ野球選手
サンフランシスコ・ジャイアンツ(MLB)などで活躍。MLB歴代1位の通算762本塁打を記録。

1968年 内藤 尚行(ナイトウ ナオユキ)
プロ野球選手
ヤクルト、千葉ロッテ、中日で活躍した投手。通算36勝。愛称は「ギャオス」。

1972年 魁皇 博之(カイオウ ヒロユキ)
大相撲力士
元大関。幕内優勝5回。通算1047勝。大関在位65場所は千代大海と並んで歴代1位タイ。

1973年 中村 紀洋(ナカムラ ノリヒロ)
プロ野球選手
近鉄など2ヶ国5球団で活躍。近鉄所属時に本塁打王1回、打点王2回獲得。

1974年 三浦 淳宏(ミウラ アツヒロ)
サッカー選手
横浜FなどJリーグ5クラブで活躍。元日本代表。FKのブレ球の日本人先駆者。



<一白水星> △ 筋道が正しければ何も恐れるな。評判を過信していては誤算あり。
<二黒土星> × 先を考えてもどうにもならない。今日はひたすら耐え勝機を待て。
<三碧木星> △ 場当たりのごまかしより、情理を尽くした態度が後に利を生む。
<四緑木星> ○ 新しい目標を掲げて心機一転す。着眼を鋭くして思惑通りに展開。
<五黄土星> ◎ 奉仕の心で尽力して人望高まる。心のつながり重んじて一陽来復。
<六白金星> △ 仕事や対人面では仕分けが必要。要領得ぬことに口出しをするな。
<七赤金星> ○ 経験生かせば要領よく進むとき。責任感ある言動なら信頼も増す。
<八白土星> ○ 座の盛り上げ役受け人気運上昇。不慣れな事でも試す価値がある。
<九紫火星> ▲ 横やりや支障が多く渋滞しがち。親しい相手でも金銭貸借は厳禁。
 ◎大吉運:何事にも積極的に取り組む日
 ○中吉運:予定事はすべて順調に運ぶ日
 △小吉運:平素の努力で無事安全な吉日
 ▲小凶運:ミスや錯覚が生じやすい衰運日
 ×大凶運:何事にも慎重を要する渋滞日
画像2: 7月24日(月) あのアスリートが生まれた日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.