●7月13日に生まれたアスリート

1955年 達川 光男(タツカワ ミツオ)
プロ野球選手
広島で活躍した捕手。ベストナイン3回受賞。コンタクトレンズを探す珍プレーも有名。

1967年 北斗 晶(ホクト アキラ)
プロレスラー
全日本女子プロレスで活躍。夫はレスラーの佐々木健介。現在は「鬼嫁」の愛称で知られる。

1979年 井川 慶(イガワ ケイ)
プロ野球選手
阪神~NYヤンキース~オリックスで活躍。阪神在籍の2003年に20勝を挙げ、優勝に貢献。

1989年 柏原 竜二(カシワバラ リュウジ)
陸上競技選手(長距離)
東洋大時代、箱根駅伝で5区4年連続区間賞獲得。「2代目・山の神」と呼ばれた。2017年4月に現役引退。

1989年 高木 勇人(タカギ ハヤト)
プロ野球選手
読売ジャイアンツ所属の投手。ルーキーイヤーの2015年にオールスター出場。



<一白水星> ○ 交渉事は相互の信頼関係による。心の安定を第一に考えれば順調。
<二黒土星> × 忍耐のために勇気も必要となる。人は人と割り切って自らを養え。
<三碧木星> ○ 時は金なり。配分を考え有意義に出足よくして勢いの波に乗れ。
<四緑木星> × 手に余る問題発生の暗示。目下の教育に感情的なのは愚の骨頂。
<五黄土星> ▲ 他力本願は自分のためにならぬ。責任事の丸投げは信用を落とす。
<六白金星> ○ わずかな労力を惜しまないこと。勇気ある言動が成長を促す糧に。
<七赤金星> ◎ 思いやりのある言動が人脈育む。無心であれば棚ぼたの暗示あり。
<八白土星> △ 公と私は明確に分けるのが無難。周囲の行動を観察して判断せよ。
<九紫火星> ◎ 頼まれ事は快く引き受け高評価。努力した分だけ大輪の花が咲く。
 ◎大吉運:何事にも積極的に取り組む日
 ○中吉運:予定事はすべて順調に運ぶ日
 △小吉運:平素の努力で無事安全な吉日
 ▲小凶運:ミスや錯覚が生じやすい衰運日
 ×大凶運:何事にも慎重を要する渋滞日
画像2: 7月13日(木) あのアスリートが生まれた日
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.